エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

継続は力なり!筋トレの継続方法やコツについて語る!

継続は力なりっていうし、筋トレは毎日やったほうがいい!けど、わかっていても続けられない…」

そういう方も多いのではないでしょうか?

今回は、この永遠のテーマともいえる継続の仕方についてお話しします。

実際に、少しですが毎日筋トレを続けている私が過去に行った失敗例や成功例を交えお伝えしますね!

筋トレの継続の方法やコツ!

「継続は力なり。筋肉は嘘つかない。」私の部活での先生がいつもおっしゃっていた言葉です。

実際、筋トレにおいて一番効果を生み出すのは継続して毎日欠かさないことですが、これが一番難しいことでもあるように感じます。

今回は、私を含め、皆さんを悩ませる筋トレの継続方法をいくつかご紹介します。

それぞれに合う方法が違うため、どれが自分に合うか試してみて、一番筋トレを継続できる方法を見つけてくださいね!

筋トレ継続方法①朝起きた直後にする

これは私の先輩の話なのですが、朝起きて眠気を覚ますために筋トレをする!という人もいます。

その先輩は、高校・大学とこの方法で継続しているようです。

高校の時の朝練の習慣を大学でも維持しているようです。

実際、眠気も覚めるし一石二鳥だとオススメしてくれました!

私は、筋トレ継続法としてはこの方法は合わなかったのですが、ストレッチをこの方法で毎朝継続しています。

部活動などで朝練があった人は取り組みやすいのではないでしょうか?

筋トレ継続方法②お風呂に入る前に行う

お風呂に入る前に行うのは王道の継続方法ではないでしょうか?!

寝る前に行うことを推奨している人もいますが、私は寝る前よりもお風呂に入る前をオススメします。

理由は二つあります。まずわかりやすいのは、筋トレでもじんわりは汗をかくからです。

お風呂に入り体が温まったているところで筋トレをすると、夏場は特にどうしても汗をかくことは避けられません。

そんな状態で寝るは嫌ですよね(笑)

そうなるともう一度シャワーを浴びなければいけなくなり非効率です。

次に、筋トレをすることによって交感神経が高まってしまうからです。

少し難しい話になってしまいますが、人間は副交感神経が優位になるとリラックスをし、眠たくなってきます。

つまりはオフモードになるのです。

しかし、筋トレを含む運動を行うと交感神経が優位になり、眠気は覚め活発に活動するようになります。

そのため、寝る前に筋トレを行うと眠気が吹っ飛んでしまうのです!

これらの理由から、私は寝る前よりもお風呂に入る前に行うことをオススメします。

といっても早くお風呂に入りたい!という人もいるでしょうから、この方法も合うかどうかはそれぞれで違うことは忘れないでくださいね。

筋トレ継続方法③ながらで筋トレを行う

私は、このながらで筋トレを行うことを一番オススメしています!

ながらということは、テレビを見ながら・スマホを触りながら・おしゃべりしながら・仕事をしながらといつでもできるのです!

実は筋トレを継続させるコツは、筋トレをもっと気軽に行うことです。

筋トレのハードルを下げることによって、意気込んでやる必要がなくなります。

実際に、私は勉強をしながら太ももを細くする筋トレを行ったり、スマホを触りながら背筋や腹筋を鍛えています。

私のクラシックバレエの先生も、テレビを見ながら筋トレを行っているようです。

過去にも、ながらで行う筋トレについて書いていますので、是非その記事もチェックしてくださいね!

【女性必見】女性が筋トレを長続きさせるコツは何?目的意識と習慣化がポイント?

筋トレ継続方法④SNS を利用して仲間を集う

SNSを利用するのも、私のおすすめの方法の一つです。

写真に記録し世間の目にさらすことによって、自分がどれだけ努力したかを認めてもらうことができます!

誰も気づいてくれなかったら、やる気が減るのも当然のことです。

陰ながらの努力というのは非常に難しいことですから、筋トレ仲間を作り励ましあうことをオススメします!

仲間がいると継続もしやすくなりますし、写真を撮って成果を可視化するとやる気も維持しやすくなりますよ!

ぜひSNSも活用していきましょう!

先ほど紹介した記事に、私の実例や、気を付けるポイントなど詳しく書いてあるのでチェックしてくださいね。

筆者の筋トレ継続失敗例

この記事を読んでくださっている方は、

「継続は力なり」だと理解しつつも毎回挫折してきた方ではないでしょうか?

私もそうでした。

そのため、この方法は合わなかったなどの失敗例をお恥ずかしながら紹介します。

私に合わない方法でも、読者の皆様の中には合う方もいると思います。

そのため、一概にこの方法は良くないとは決めつけず、何回か試していただきたいです。

時間管理ができずに挫折

私は過去に、この時間は筋トレをしよう!と時間を決めて取り組んでみたことが5回以上あります。

ですが、基本の性格がルーズなため、時間が過ぎてもやる気になかなかなりませんでした。

部活動や学校の時間割、バイトとは違って強制してくれる人がいないため、意志が強い人でないと続かないと思います。

多少なりとも継続には意志は必要ですが、疲れてたりするとなあなあになってしまうのが現実でした。

筋トレで毎日することを多く決めすぎて挫折

皆さんの中にも、この原因で失敗した人も多いのではないでしょうか?

筋トレを始めよう!というときはやる気に満ち溢れていて、やることを多く決めがちですよね。

最初の二日間は持つのですが、三日目から怪しくなり三日坊主になってしまった経験が、私も数多くあります。

そのため、最初こそやることを少なく設定し、ハードルを低くすることが大事だと思います。

どうしてもやる気がある分、多く筋トレをしたくなるのですが、それはその日のオプションと考えて絶対やるノルマは少なくすることが継続のコツですね。

失敗しているのは自分だけではない!と少し安心してもらえれば幸いです。

習慣を変えることが筋トレ継続のポイント

今まで、継続法やコツ、失敗例も交えて紹介してきましたが、どれも日々の生活の中に筋トレをどのように組み込むかということですね。

つまり、習慣化しなければ継続はできないとも言えます。

では、習慣にするためのポイントをお伝えしますね。

それぞれに合う継続方法を見つける

まず、習慣化のためには、それぞれの生活リズムにあったタイミングや方法を取らなければなりません。

今までもお伝えしてきたように、これはそれぞれに適している方法が違います。

そのため、一つずつ試して方法を見つけていただきたいです。

筋トレを楽しんで行う!

次に、楽しく行うということです!

案外忘れがちですが、これは非常に重要なポイントです

。筋トレはしんどいものだと思っていませんか

?確かにしんどい一面もありますが、終わった後の達成感や体つきの変化など楽しめる要素はたくさんあります。

実際続いている人は、楽しんでいるからこそ継続ができていると思います。

「しんどいしつらいけど、やらないとダメだから」

という理由で続く人はすごくまれですよね。

先ほど説明したSNSも、楽しむ方法の一つです。

また、受験生が、何とか勉強のやる気を出すために「合格がゴールの人生ゲーム」になぞらえるように、ゲーム感覚で楽しむのも一つの手ですね。

 

【まとめ】筋トレは継続してこそ意味がある!

これまで筋トレの継続方法や失敗例、習慣化についてお伝えしてきました。

簡単にまとめると、

  • 筋トレ継続方法には朝イチ眠気覚ましに行う・お風呂に入る前に行う・ながらで行う、などがある
  • 絶対の継続方法はないが、それぞれに合う方法が必ずあるため一つずつ試すこと
  • SNS活用も筋トレ継続方法の一つ
  • 筋トレを継続するには習慣化が大切
  • 習慣化するには楽しく筋トレをすることも大事

ということですね!

お伝えしてきたように、全員が必ず継続する方法というのはありません。ですが、その人それぞれに継続する方法は必ずあります!ぜひ今回の記事を参考にしながら、自分に合う継続法を見つけてくださいね!「継続は力なり。筋肉は嘘つかない」この言葉は本当なので、筋トレを継続して頑張りましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です