エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

バーピージャンプをマンションの上の階でやったらうるさい?静かにやる画期的な方法とは?

「バーピージャンプ」をご存じですか?

運動部に所属していた人はわかるかもしれませんが、知らない人のほうが多いかと思います。

一見バービー人形のような、ビーバーのようなややこしい名前のついている「バーピージャンプ」ですが、実は脂肪の燃焼も可能なすごい筋トレ方法なのです!!

今回は、「バーピージャンプ」についてそもそも知らない人にもわかりやすくご紹介します!

更に今回はマンションの上の階でバーピージャンプをした時に下の階へ音が響かない画期的な方法についても解説していきます!

ですので、

バーピージャンプしたいけど、下の階の人に迷惑じゃないかな~…。

そう思って、バーピージャンプにチャレンジできない人は必見です!

バーピージャンプとは?やり方の確認!

まず、「バーピージャンプ」とはどのようなものか説明しますね。

バーピージャンプは、1930年代にアメリカ人のバーピーさんによって作られた筋トレ方法で、下半身だけでなく上半身も使う全身運動です。

上記の動画を見ていただければわかりますが、一連の動きの中に3つの動作が組み込まれています。

その3つの動作というのが、

  • 屈伸(スクワット)
  • 腕立て伏せ
  • ジャンプ

の3つ動作です。

最後のジャンプは週刊少年ジャンプじゃないですよ…。飛び跳ねることです。

たろー

さちこ

お前は少し黙ってろ。
はい!すみません!笑

たろー

下半身の筋肉を中心に使うトレーニングではありますが、全身をうごかすことになるので、他の筋トレよりも体力がつきやすいです。

また、全身を動かすことにより、呼吸器系や持久性も鍛えることや脂肪を燃焼するなど有酸素運動の効果もあります。

これはほかの筋トレにはない効果なので嬉しいですね!

バーピージャンプをやれば痩せられる!

バーピージャンプをやれば健康的な体になれる!
そうです!楽しみながら頑張りましょう!

さちこ

それではバーピージャンプの詳細については一旦以上になります!

バーピージャンプの効果的なやり方については後ほど解説することにして…。

本記事のメインテーマである

  • 「マンションの上の階でバーピージャンプをした時に下の階の人は気になるのか?」
  • 「下の階の人が気にならないようにする画期的な方法」

を解説していきます!

バーピージャンプをやると下の階に響いてうるさい?

バーピージャンプのやり方を見てもらえばわかるように、この筋トレにはジャンプや、足をトンとおく内容が含まれています。

そのため、

私の家はマンションだし下の階に響くだろうな…

と思った方も少なくないと思います。

実を言うとその通りで、「ドスンッ!」とすると下に響いてしまいます。

しかし、音が鳴らないようにドンッ!ではなく、トンと降りると音はなりません。

上級者になると体力もついてきて、このように気を付けて降りることは可能です。

とはいえ、このブログを読んでくださっている方の大半である初心者さんは

そんなことを要求されても難しい…。

そんな静かに降りれね~~~よ!!!

「トンッ!」ってならない!

「ドスン!」ってなっちゃう!

と思っていることだと思います。

また、仮に最初のほうは気を付けていても、疲れてくるとどうしても足音は響いてしまいますよね。

そこで、そんな初心者の方でも音を下の階に響かせないでする方法があります。

ジャンプをあまりしないでも体に負荷はかかる!

実はバーピージャンプに必須ではあるジャンプをほとんどしないでも体に負荷をかけることは可能です!

こちらの動画を御覧ください!

この方のバーピージャンプを見てみるとジャンプをしていませんよね!

かかとと腕を上げるだけです。

え?これだと体に負荷かからなくない?

そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

確かにこの方法は本来のバーピージャンプに比べると1回分の負荷の量は少ないです。

ですが、回数を増やすと結構キツイです!

このように下の階に響かないようにできるバーピージャンプもありますし、工夫次第(回数を増やすなど)でしっかりと負荷をかけることもできるのです!

マット(カーペット)を敷くことで防音対策

バーピージャンプをやって下の階に響かせたくない人は布団やカーペットを敷いて、その上ですると音は結構防音対策になります。

ですが、正直やりづらいんですよね…。

そこでオススメなのが筋トレ用のマットです!

私は先程の動画の方も使っていましたが、筋トレ用のマットを使っています。

私は1年以上使っているマットがあります!

とは言っても特に変なやつではなく、Amazonで一番売れている商品です。

これです。

使ってみたら、凄く使いやすくて気に入っている筋トレグッズです。

腹筋のときなど自重トレーニングをサポートしてくれます!

他の皆はどうやって音対策している?!

私だけの対策方法以外に、画期的な方法を見つけ出している人がいるかも知れません!

そこで皆さんはどのように音の対策をしているのか調査してみました。

こちらの方はバーピージャンプのことには触れていませんが、カーペットで防音対策をしているようです。

先程私がオススメした方法とほぼ同じですね!

静音カーペットとはいかずとも、普通のカーペットでも引くだけでだいぶましになると思います。

中には、このようなツイートも見かけました。

このようにネタにされるほど、バーピージャンプによる下の階への騒音は一般化しているようです。

やはりお家でやるには、床から対策をしなければいけないようですね。

そのため、ジムや他の場所でやっているという方のほうが多く見受けられました。

バーピージャンプを静かにやる方法がある?

今までバービージャンプの騒音を解消する方法をご紹介しましたが、実は、足音を解消する画期的なバーピージャンプの方法があります!!

先ほど紹介した基本的なバーピージャンプとは少しやり方が変わるので、やり方をご説明しますね。

  1. 基本的なバービージャンプと同様にスタートは直立からです。
  2. スクワットのようにしゃがみ込み、床に両手を付けます。
  3. 両手に体重を少しのせ、片足ずつ後ろに引いていきます。
  4. そして片足ずつ元の位置に戻します。
  5. 膝を伸ばして起き上がりそのまま背伸びをします。
  6. この時、同時に手を上まで上げます。
  7. これらを繰り返します。

赤色で記載しているところが、基本的なバーピージャンプとの違いです。

この方法だと、音を気にすることが無く取り組むことができますね!

少し運動強度的には下がってしまいますが、その分たくさん取り組めば問題ないため、

より気軽に取り組むことができるのではないでしょうか?!

筆者もこれをやってみようと思います!

(一番最初に紹介した方法と同じでしたが、より詳しく解説しました。)

たろー

バーピージャンプの効果的なやり方

バーピージャンプの本来のやり方について再チェックをしていきましょう!

もしかすると効率の悪い方法でトレーニングをされているかもしれません。

バーピージャンプのやり方を動画で確認!

やり方を段階ごとにまとめると…。

  1. まず直立でスタートします。
  2. 膝を曲げしゃがみ込み、両手を床につけます。
  3. 両手に体重を少し預け、両足をそろえて同時に後方に伸ばします。
    (この時に腕立て伏せをする準備の位置と同じポーズになります。)
  4. 腕立て伏せをします。(顎までつかなくても大丈夫です。実際私はつきませんでしたが、トライしていました。)
  5. また両足をもとの位置に戻します。
  6. 立ち上がる勢いを使って上にジャンプします。(この時に振り上げる腕の力も利用するとやりやすいです。)
  7. ジャンプしたときに、手を万歳します。
    (筆者はこの時にクラップをしていました。)

やることはシンプルで簡単ですね!

道具もいらないため、初心者でもすぐに始めることができると思います。

ですが、もちろん疲れてきたりすると、フォームが乱れてきます。

そうすると腰などを痛めやすい筋トレ方法なので、正しいフォームを通るということにはきちんと注意しましょう。

本来使うべきではないところを使用するとケガのもとです。

そのため、回数はご自身に合わせて決めて行ってください。

最初は5回~10回から始めてみてはいかがでしょうか。

バーピージャンプをやるときは30日間チャレンジ!!

出典:http://familytkdinpg.com/30-day-burpee-challenge/

回数の目あすとして、30日間チャレンジというものがあります。

ダイエットに取り組んでいる方は、もしかしたら聞いたことがあるのではないでしょうか?

筆者はバーピージャンプを、この30日間チャレンジというものを通して知りました。

30日間のフィットネスチャレンジは、体型を整え、体をトーンアップし、新しい運動技法を学び、毎月新し何かをするのに最適な方法です。

チャレンジは簡単なものから難しいものまで幅広く、ジムに通っている人や、ジムに一回も行ったことがない人でもすべてできる内容です。

チャレンジは、誰もが健康で楽しくワークアウトができるようにするためのものです。専門の設備やジムの会員にならなくても、自宅で行うことができます。

過去に実際にやってみましたが、これは結構ハードメニューでした。

そのため、初心者さんは1回ずつ増やすなど地道に回数を増やしていくほうがいいかなと思います。

ですが、「だんだん物足りなくなってきた…余裕を感じる。」という方にはオススメです!

自分でプランを練る必要がないので少しハードルが低くなりますね!

「回数を決めてないから筋トレを始めない」というありがちなことを防ぐことができます。

また、回数が少なくてもハードなため、脂肪を燃焼する有酸素運動までもっていくには体力が必要となります。

そのため、有酸素運動の効果を得るまでやり続けるのは、中級から上級者向きとなりそうです。

初心者さんはまず、身体に無理をさせないように少しずつ進めていただきたいです。

また、30日間チャレンジというのはバーピージャンプだけでなく、スクワットやプランクのバージョンもあるためぜひ試してみてはいかがでしょうか?

一ヶ月で体が変わる!と好評ですよ。

【まとめ】音を気にせずにバーピジャンプをしよう!

今までバーピージャンプの概要や、音の出ない画期的な方法をお伝えしてきました。

簡単にまとめると、

  • バーピージャンプは全身を使う筋トレで、有酸素運動にもなる
  • スクワット・屈伸・腕立て伏せ・ジャンプと様々な動きがバーピージャンプには入っている
  • バーピージャンプの回数の目あすとして、「30日間チャレンジ」というものがある
  • どうしても下の階に音が響くので、バーピージャンプをする際には音の対策が必要
  • そもそも音が出ない画期的なバーピージャンプの方法もある!

ということですね。

バーピージャンプは、シンプルな動きで一度にたくさんの場所を鍛えることができ、筋トレをしても痩せないという概念を覆す筋トレ方法です。

ネックとなっていた騒音問題もこれで解決できるので、場所を気にすることなくできますね!

是非、この機会にバービージャンプに取り組んでみましょう!

バーピージャンプの記事はコチラ

バーピージャンプダイエットは効果ない?足(太もも、ふくらはぎ)が太くなる? バーピージャンプは初心者にもオススメなトレーニング!毎日継続することで得られる効果が凄い! バーピージャンプの効果的な回数は何回?消費カロリーが凄い!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です