エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

食事前キャベツダイエットで痩せろ!食べ過ぎを防ぐ満腹感を得られる食べ方についてもチェック

皆さんは「キャベツダイエット」という言葉を聞いたことはありますか?

バナナダイエット、などさまざまなダイエット法が存在しますが、今回はキャベツによるダイエット法をお伝えします!

一番古典的な方法かもしれませんが、実際に糖尿病患者である私の父はキャベツダイエットで痩せることに成功しました

それでは早速、その方法を説明していきます。

食事前キャベツダイエットのメリットは何?食べすぎないこと?

まず、キャベツダイエットの方法ですが、それはまず最初に生のキャベツをたくさん食べることです。

つまり、普段の食事前にまずキャベツを食べるのです。

たったそれだけ?と思った方もいるかもしれません。そうです!たったそれだけなので、簡単に続けることができます

食べ方については、気を付けることがあるので後ほど説明しますね。

食事前キャベツダイエットのメリットはいくつかあります。

食事前のキャベツで満腹感を得ることができる?!

まず、主なメリットはズバリ満腹感を得ることができることです!

太ってしまう原因として考えられるのは、運動不足よりも食べ過ぎです

運動不足でも食べない人は、健康的とはいいがたいですが痩せていますよね。

そもそも食べ過ぎが起こる原因は、脳の満腹中枢という神経が刺激されず、満腹感が足りないからなのです。

おなかに入る余裕があるからこそ、手が伸びてしまい、本来の必要な食事量より食べ過ぎてしまいます。

その食べ過ぎの原因である、

空腹感をキャベツは防いでくれるのです!

キャベツダイエットは継続しやすい?

次に、先ほど述べたようにキャベツダイエットは、食事前にキャベツを食べるだけという簡単なものです。

そのため、簡単に続けやすいというメリットがあります。

あまり重要視されないメリットですが、ダイエットは一日ではできず継続することによって効果が現れます。

そのため、ダイエットに失敗する原因の大半は、継続できず挫折してしまうからなのです。

ダイエットを始める当初は、やる気に満ち溢れていたり、早く効果を実感したくハードなメニューを組みがちです。

ですが、それがダイエットを挫折する原因です!

食事制限・食事法以外の、筋トレの場合でもこの話は共通しているので注意したいですね。

参考までに、筋トレに置いての継続法を過去に紹介しています。ぜひこちらも見ていただければ嬉しいです。

【女性必見】女性が筋トレを長続きさせるコツは何?目的意識と習慣化がポイント?

このように、キャベツダイエットは満腹感を得られるだけでなく、継続しやすいダイエット方法なのです。

食事前キャベツダイエットの方法とポイント

先ほどから、キャベツダイエットは食事前に生のキャベツをまず食べるということを説明してきました。

朝昼晩の毎食事前に食べることが理想的です

内容は簡単ですが、いくつか食べ方にポイントがあるため、順に説明していきます。

ポイント①キャベツはしっかり噛む

まず大事なのはしっかり噛むということです

これはキャベツにかかわらず、すべての食事にも言えることなのですが一口20~30回噛みましょう!

小さい子によく言う定型句ですが、実は馬鹿にできません。

よく噛むことで、満腹感が高まりキャベツダイエットの効果を高めることになります!

実際、大食いの人は「お米でさえも飲み物だ。」というほど噛みません。

そのため空腹感が残り、食べ続けることができてしまうのです。

また、普通に食事をしているという方も、案外噛みつぶさずに無意識に飲み込んでしまっている方も多いのです。

そのため、まずは意識的に30回は噛むことをお勧めします!

ポイント②ドレッシングには注意!

次に、ドレッシングのかけすぎには注意しましょう。

ドレッシングをかけすぎることによって栄養バランスが崩れてしまうことが多々あります。

「でもキャベツだけなんて味が薄い!」と思う方もいるかもしれません。

そうゆう方はポイント①で述べたように、よく噛んでみてください。

噛むことによってキャベツの味が染みてきて、おいしく食べることができます。

一番のおすすめの食べ方は、オリーブオイルと塩コショウの組み合わせです。

素材の味を邪魔することなく、おいしく食べることができます。

実は油と一緒に取るほうが、油が栄養素を腸まで運んでくれるため、野菜の栄養素の吸収率がアップします。

ですが、もちろん取りすぎもよくないので適量が大事です。

ポイント③量と切り方に注意!

キャベツの量と切り方にもポイントがあります。

まず、切り方についてですが、これは細かく千切りするよりも若干大きめで切ったほうがいいです。

理由は二つあります。

まず、千切りよりも粗目のほうが、単純に噛みきるのに時間がかかるためよく噛むようになります。

先ほどから述べているように、よく噛むことは非常に大事です。

次に、千切りよりも大雑把に切ってあるほうが見た目のボリュームが増します。

視覚効果からも満腹感を満たす作戦です!

できるだけ、かさ増しをすることによって、さらにキャベツダイエットの効果を高めることができます。

量に関しては、大体6分の1束くらいがよいでしょう。

もちろん好きな方はたくさん食べてもよいですが、あくまでも食事前に食べるものです

「食べ過ぎてお腹いっぱいだけれども、本来の食事も食べたい!」

食事も詰め込んでしまったり、逆に食べずに置き換えてしまったりしては、栄養バランスも崩れ元も子もありません。

ポイント④キャベツ以外にもタンパク質などをしっかり摂取!

キャベツダイエットを行う方の中には、キャベツだけでお腹がいっぱいになり他の食材を食べなくなってしまう方もいます

たしかに、カロリーも低く一見良い方法に思うかもしれませんが、もちろんキャベツだけでは必要な栄養素を補うことができず非常に危険です!

栄養が足りない場合でも、栄養バランスが崩れるため口内炎を作ってしまう原因となってしまいます。

特に、タンパク質は筋肉のもととなるため、ダイエッターさんは積極的に取っていただきたいです

タンパク質の摂取目標は1日に70gです。

ダイエットは食事制限だけでなく、筋トレ・運動も同時に行うことでより早く成功するため気を付けていただきたいです。

 

キャベツのダイエット効果だと他に何がある?

キャベツダイエットのメリットを冒頭のほうで述べましたが、実は他にもたくさんの効果があります!

キャベツに含まれる食物繊維のダイエット効果も期待できる?

キャベツには、比較的多くの食物繊維が含まれています。

少し難しい話になりますが、食物繊維には二種類あります。

水溶性食物繊維不溶性食物繊維です。

違いは水に溶けやすいか否かですが、両方体にとって重要なものです。

キャベツには、水に溶けづらい不溶性食物繊維がたくさん含まれており、食欲を抑えたり生活習慣病を防ぐなどのダイエット効果が期待できます!

 

キャベツは便秘の予防・改善に効果的?

先ほど紹介した不溶性食物繊維の体内における役割をご紹介します。

食物繊維とは、栄養素として吸収されることはありませんが、腸内などに残った不要物をからめとるという腸内環境を整える役割を果たしています。また、排便を促す効果もあるため、不要物を出し体内をきれいに保つ効果もあります。

そのため、食物繊維を積極的に取ることにより、便秘の悩みを改善することができます!

食事前にキャベツを食べると胃や肝臓にも良い効果あり?

液キャベやキャベジンという言葉を耳にしたことはありませんか?

これらは商品名ですが、二つともキャベツに含まれる「ビタミンU」という栄養素が多く含まれています。

「ビタミンU」には、胃酸の分泌など胃の働きを抑えたり、胃の粘膜の新陳代謝をアップさせる効果があります。

胃酸が多くなってしまったり、消化不良を起こした場合など、胃の調子を整えるためにキャベツは有効ということですね!

また、「ビタミンU」は肝臓の働きも整える効果があります。

いわゆる脂肪肝や、タンパク質不足を防ぐ役割を持っているのです!

ダイエットをしている方は、タンパク質が不足になりがちの方も多いです。

そのため「ビタミンU」は非常に大事な栄養素だといえます!

【結論】食事前キャベツダイエットはかなり効果的!

キャベツダイエットは、ダイエットをしている方にうれしい効果がたくさんありましたね!簡単にまとめると

  • キャベツダイエットのメリットは、食べ過ぎを防ぐこと・簡単で継続しやすいこと
  • キャベツを30回噛んで満腹感を満たす
  • ドレッシングのかけすぎには注意!適量が大切。
  • 千切りキャベツではなく大雑把に切る
  • タンパク質が不足しがちなので、他の食材で補うこと
  • キャベツに含まれる食物繊維には便秘の悩みや、ダイエット効果があり!
  • キャベツの栄養素である「ビタミンU」が胃や肝臓にも効果的

ということでした!

とても魅力的なキャベツダイエットですが、置き換えてしまうと継続できません。あくまでも、食事前に行うダイエット法ですので無理なく続けて成功させましょう!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です