エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

姿勢を正すことはダイエット方法として効果的!筋トレブログが姿勢を正すコツを語ります。

ダイエットと聞いて、何ダイエットが思い浮かびますか?

 

この記事、「姿勢を正すことはダイエット方法として効果的!筋トレブログが姿勢を正すコツを語ります。」を見かけるまでは、

「姿勢を正すことがダイエットに効果があるなんて思ってもみなかったよ。」なんて人も多いのではないでしょうか?

 

ダイエットと聞くと、つらい食事制限や運動をして苦労して痩せるイメージが浮かびますよね?

でも実は、ダイエットは「姿勢を正す」だけでも意外と効果があります。(私の実体験)

 

当ブログは筋トレブログなので姿勢を正す方法とコツを丁寧にお伝えします。

しかも私の実体験をもとに注意点もしっかりとお伝えするので安心してください。 めんどくさがりな私でも3年続けている簡単な方法です。

サクッと読んで明日から試してみましょう。

 

姿勢を正すことはダイエット方法として効果的!?

 

最初に浮かんでくる疑問は、 「姿勢を正すことは本当にダイエット効果があるの?」 ってことだと思います。

もちろん私も「そんなばかな(笑)」と疑って色々な情報を集めましたがどうやら嘘ではなくて、簡単に言うと、

「正しい姿勢(つまり見た目が美しい姿勢)で生活することで必要な筋肉が勝手に鍛えられるので体が締まってくる」

ということでした。

 

当時は猫背と隠れポッコリおなかに悩んでいたのですが、

「姿勢を正すだけだしなんだか簡単にできそう」と感じた私は毎日の生活に「正しい姿勢」を取り入れ、

 

猫背は1か月、ポッコリおなかは2か月ほどで気にならない程になりましたよ。

 

姿勢を正す方法やコツ!

 

姿勢を正す方法は意外と簡単で(実際に私もやっている方法です)、

 

  1. 肩幅程度に足を開いて立ちます
  2. お尻を引き締めるようにグッと力を入れます
  3. おなかを凹ませていきましょう
  4. 頭のてっぺんから糸でつるされているイメージで体を上に伸ばします

 

たったこれだけで、

 

3.の時に腰のあたりがスッと伸びる(起き上がる)感覚と

4.の時に体全体が自然に伸びる感じがあると思います。(元の姿勢が悪い人ほどそう感じるはず)。

 

コツは体全体が上に伸びるイメージを持ち続けることだけです。

といっても初めは体がすぐに悪い姿勢に戻ってしまうと思うので(私がそうでした)、気が付いたらすぐに姿勢を正すことを行いましょう。

2週間もすれば姿勢を正すクセがつくと思いますが、その習慣がついてきたらグッと楽になりますよ。

 

では次に、姿勢を正す取り組みが失敗してしまわないように日常生活の中で注意してほしいことをご紹介していきます。

 

 座っているときの姿勢が注意すべし!

仕事や勉強で座りっぱなしの人も多いと思いますが、座っている時は腰の力が抜けて上半身が縮まりやすいので、

お尻を引き締めておなかを凹ませ、骨盤をしっかり起こしましょう。

 

デスクワークで5時間6時間と悪い姿勢を毎日続けていると、その「悪い姿勢」が体に定着してしまいます。

体の一部が悪い姿勢になってしまうとほかの部位もつられて、体全体がどんどん悪い姿勢になってしまうのでまさに負の連鎖です。

そう考えるとかなりヤバイですよね…。

 

さらに、悪い姿勢は腰痛や便秘、ポッコリおなかなど見た目だけでなく体の不健康の原因になります。

 

読書やスマホのときの姿勢の注意点は?

読書をしたりスマートフォンを触る時は次の3点に注意が必要です。

 

  • 猫背
  • 足組み
  • スマホ肩(巻き肩)

 

私がそうだったんですけどついつい猫背でスマホをいじっちゃうんですよねぇ~。(ラクな姿勢だし)

それに、「足組み」は、骨盤がゆがむ大きな原因になるのでほんとに良いことがないです。(私は当時、左右の腰骨の高さが2センチもずれていました)

「あ、自分も足組んじゃう」と思った人はすでに悪い姿勢が身についてしまっているかもしれません。

 

  • 頭のてっぺんから糸でつるされて体が上に伸びるイメージを持つ
  • 10~20分ごとに首・肩回しをする
  • 足を組まない

 

この3つは簡単に取り組める、悪い姿勢が定着(悪化)してしまうことを防ぐコツです。

今からでも遅くないので試してみましょう。

 

立っている時も姿勢には注意することがある。

立っている時にも注意が必要な事があります。

 

  • 片足に体重をかけない
  • (姿勢を良くしようとして)胸を張りすぎない

 

この2つです。 なぜかと言うと、

 

  • 片足に体重をかけて立つと骨盤がゆがむ原因になる
  • 胸を張りすぎるとつられて腰が前に出てしまう

 

といった理由があるからです。

 

腰が前に出た姿勢を続けていると「反り腰」というものになって腰痛が出てきてしまうので注意してください。

コツは、胸を張るのではなく体全体を上に伸ばす意識を持つことです。(ぐいーっと)

 

姿勢を正すことで得られる痩せること以外のメリット

 

正しい姿勢はダイエットだけではなく見た目にも効果があります。

接客業に関心のある人はわかると思いますが、 姿勢の良い(ビシッと立っている)男性はなんだか信頼できる風に見えるし、正しい姿勢の女性はきれいに見えますよね。

そして何より姿勢が良いと明るくて自信があるように見えるんです。

 

人の第一印象の55%は見た目で決まるといった心理学上のデータ(メラビアンの法則)もあるので見た目が悪いと損でしかないです。

 

見た目のほかにも、

姿勢を正すと腰痛や便秘の緩和など、健康的にもいい効果につながるので、

「正しい姿勢」を身に着けることは一石何鳥にもなりそうですね。

 

【まとめ】姿勢を正して生活の質を上げよう!

 

「悪かった姿勢を正す」という「えっ、それでほんとうに痩せるの?」と誰もが思うような手軽な方法を試した私ですが、

短期間で猫背やポッコリおなかをだいぶ緩和することができました。

姿勢を正す方法をしっかり習慣化できたので今でも続けられています。

 

  • クセが付くまで気が付いたらすぐに姿勢を正す
  • 立っている時も座ってる時も腰を起こして体が上に伸びるイメージを持つ
  • 足組み・スマホ肩に気を付ける
  • 片足に体重をかけて立ったり座ったりしない

 

この4点がポイントです。 ぜひ明日から姿勢を正していろんな効果を体感してみましょう!

以上、筋トレブログの中の経験者が姿勢を正すコツと効果についてお伝えしました。

 

いっしょに頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です