エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

16時間断食は便秘解消してもデメリットが多い⁉リバウンドや筋トレとの相性についてもチェック

ダイエットをするときに、よく「断食」という言葉を目にしますよね。

断食は、言うまでもなく「ご飯を食べない」という意味です。

しかし、巷には「○○時間断食」というように、様々な断食方法が溢れかえっています。

その中でも、「16時間断食」はメンタリストDaiGoさんが紹介し、話題になりました。

16時間断食というのはかなり長い時間断食をしなければなりませんし、断食初心者にとっては心配なことも多いと思います。

今回は、16時間断食についてメリット・デメリット、筋トレとの相性やリバウンドについてなど詳しく解説していきます。

16時間断食のメリットは?ポイントは「食べていない時間」にあり

断食はダイエットと言うよりも健康面での良い影響があると多くの論文で発表されており、食べている時間ではなく「食べていない時間」がとても重要とのこと。

断食で何も食べていない時間に細胞が新しく生まれ変わり、若返りやデットックス効果を促すそうです。

もちろん、これはダイエットにも繋がります。

16時間断食のメリット① 腸内環境が整い、便秘改善

断食を行うと、特に腸内環境が整います。

そこで、便秘気味の人は便秘が改善され、ポッコリとしたお腹を凹ませることができます

また、体重が増えたり、重たくなったと感じている人は、便秘が原因の可能性もあります。

ダイエットにおいて、まず腸内環境を整えることは、とても重要です。

あんこ

便秘はメンタルの不調の原因にもなります。断食で便秘改善してダイエットのモチベを上げるのもアリですね。

16時間断食のメリット② 8時間は基本何を食べてもいい

ダイエットといったら、食事管理や食事制限ですよね。

でも16時間断食の場合、食べてもいい8時間のあいだは、基本何を食べてもOK。

先ほども言ったように、「食べていない時間」がとても重要なのです。

好きなものを食べたい、食事制限はキツいという方には、とても魅力的なダイエット方法であるといえますね。

また、空腹時にどうしても我慢できないという時は、ナッツやヨーグルト、具なしの味噌汁などだったら食べてもOKだそう。

16時間断食のデメリットは?やり方次第で筋トレ効果やリバウンドに影響する!

16時間断食のデメリット① やり方を間違えたら意味がない

断食はやり方を一歩間違えれば、やっている意味がないということになります。

具体的には以下のようなことです。

  • 何も食べない時間の前後の食事は消化のいい軟らかい食べ物を食べる
  • カフェインはできるだけ飲まない

これは、空腹時に胃に負担をかけないようにするためです。

また、空腹時にもかかわらず炭水化物のような糖質の多いものを食べるのは危険です。

血糖値が急激に上がってしまうと、脂肪が付きやすくなるなど、せっかくの断食が無意味になってしまいます。

糖質の多い食事は、食べていない時間の前後ではなくて、胃が食べることに慣れてからにしましょう。

以下の記事でも、血糖値とダイエットの関係について解説しています。

ロカボダイエットで食べていいものは何?コンビニのローソンにもあるものでOK!

16時間断食のデメリット② 断食中の筋トレは向かない

16時間断食をしている間は、十分なエネルギーを摂取することができません。

そんなときに、筋トレをしても、筋肉はあまりつかないと思われます。

私たちが筋肉をつくるとき、食事で摂取した糖質からエネルギーを使い、タンパク質は筋肉を大きくするために重要です。

また空腹時に筋トレを行うと、低血糖や意識障害など、体調にも影響を及ぼすので注意が必要です。

16時間断食という方法でダイエットをしようと決めたなら、筋トレはしないほうがいいかもしれません。

16時間断食のデメリット③ 続けないとかえってリバウンドしやすい

筋トレと16時間ダイエットとを一緒に行うのはオススメしないということは、分かっていただけたと思います。

しかし、このままでは筋力が落ちて基礎代謝が下がり、リバウンドしやすい体になってしまう一方ですよね。

だから、もし断食でダイエットをしたいというのであれば、継続して長期間徹底的に行うことが大切です。

また、何度も言いますが「食べない時間」が大事なので、実は16時間ではなくても12時間や14時間でも問題なし。

もし16時間ではキツいという方は無理なく続けられる時間を設定し、徐々に16時間にしていくなど工夫してください。

【まとめ】16時間断食は一長一短だが正しいやり方で行えば問題なし

このように、16時間断食は、メリット・デメリットどちらも存在します。

正しいやり方で行えば痩せられるので、確実に痩せたい人には打ってつけのダイエット法だと思います。

しかし、筋トレとの相性がイマイチなところや継続しなければリバウンドしやすいという点は、理想の体型や元の体質によって向き不向きがあると言えるでしょう。

16時間断食をしたいのならば、自分がどのような体型になりたいのか、今どんなライフスタイルなのかをしっかり見極めることが大事です。

以下も断食についての記事なので、参考にしてみてください。

8時間ダイエットは痩せない⁉1週間で痩せた人でもリバウンドしない方法は必見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です