エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

ダーツで二の腕が痩せる⁉ダイエット効果や消費カロリーをチェック!

競技としても趣味としても楽しめるダーツ。

ダーツは腕の使い方が重要な競技にも思いますが、実はダーツをしながらダイエット効果を得られるんです!

そこで、今回はダーツのダイエット効果や、ダーツでダイエットをするときの注意点などについて書いていきます。

りみ

普段からダーツをやる習慣がある人、楽しみながら痩せたいという人は、ぜひこちらの記事を読んでみてください!

ダーツの消費カロリーは?

まずはダイエットにおいて非常に重要な、ダーツの消費カロリーについて見ていきましょう。
ダーツによる消費カロリーは、競技時間と体重によって変わってきます。

例えば体重50kgの人がダーツをしたとすると、

  • 30分…66kcal
  • 1時間…131kcal
  • 2時間…263kcal
  • 3時間…394kcal

になります。

これが、例えば体重が80kgの人なら、

  • 30分…105kcal
  • 1時間…210kcal
  • 2時間…420kcal
  • 3時間…630kcal

となります。

あくまで目安の消費カロリーではありますが、
ダーツを2時間プレイしておにぎり一個分あたりの消費カロリーとなります。

とはいえ、ダーツバーなどでダーツをやる際にはお酒やおつまみをつまみながらプレイすることも多いため、
ダーツで痩せたいなら食事管理も非常に重要です。

ダーツのダイエット効果は??メリットはある?

ダーツの消費カロリーがわかったところで、ダーツで痩せられる仕組みについて抑えておきましょう。
ダーツをすることで、以下のようなメリットが得られます。

  • インナーマッスルを鍛えられる
  • 狭いスペースでできる
  • 楽しみながらできる

りみ

それでは、それぞれのメリットを詳しく解説していきます

ダーツのダイエット効果①
インナーマッスルを鍛えられる

ダーツは腕や小手先だけでコントロールしているようにも見えますが、
実は体幹を使ってダーツをコントロールしているのです。

そのため、ダーツをしていると体幹が鍛えられます。

普通に日常生活を送っているだけではなかなか体幹を鍛えられないので、
トレーニングや意識を変えて自ら鍛えていかなくてはなりません。

体幹が強くなると姿勢が良くなったり、ぽっこりお腹がへこんでくるなど、
ダイエットだけでなく健康にも良い効果が得られます。

また、ダーツは小手先の力でやるものではないものの、
投げる動作が必要なため、多少なりとも二の腕にも効きます

ダーツは片方の腕しか使わないのでバランスよく鍛えるのは難しいですが、
二の腕のたるみが気になる女性にもおすすめです。

ダーツのダイエット効果②
狭いスペースでできる

ダーツは場所を選ばず、どこでもプレイが可能です。
ダーツとダーツボードさえ揃えばできてしまうからです。

そのため、わざわざダーツバーに行かなくても、
道具を揃えて自宅で趣味として楽しむこともできます。

つまり、時間がなくてトレーニングがなかなか難しいという人にとっても、
自宅で手軽にできるダーツはおすすめのダイエット方法です。

ダーツのダイエット効果③
楽しみながら痩せられる

楽しみながら痩せられるのもダーツダイエットのメリットの一つです。
ダーツが好きな人はもちろん、友人たちとダーツで遊びながらできるからです。

1人では食事制限や運動が続かないという人も、友人と一緒に楽しめるダーツなら、
習慣づけるのもそんなに難しくないと思います。

ダーツでダイエットをするときの注意点2つ!

ダーツでダイエットが可能とはいえ、ダーツ自体の運動効果はそこまで大きくありません。
ダーツをしながら痩せたいなら、いくつかの点に注意する必要があります。

ダーツでダイエットするときの注意点①
食事に気をつける

ダーツをしながら痩せたいなら、まずは食事に気をつけましょう。
ダーツバーに行って複数人でダーツをする場合は特に、何かしら飲み食べしながらやることが多いからです。

それではいくらダーツをしていても消費カロリーのぶん、お酒やおつまみでカロリーを摂取してしまいます。
それに、何かをしながらお酒を飲んだり食事をすると、自分で食べた量を意識しにくくなります。

ダーツでダイエットするときの注意点②
他の運動と一緒に行う

ダーツでダイエット効果を得るなら、他の運動と一緒に行うのもおすすめです。
ダーツだけでは劇的に体型が変化するほどの運動効果がないからです。

例えば、いつもはジョギングをしている人が、ジョギングをしない日に気晴らしにダーツを楽しんでみたり、
いつもはエスカレーターを使うところを階段で移動してみるなどです。

ダーツだけにカロリー消費を頼るのではなく、自分から運動量を増やす意識が重要です。

【まとめ】ダーツの消費カロリーはそこまで大きくない!他のダイエットと並行して行おう

ダーツは楽しみながらカロリー消費できるものの、そこまで運動効果は高くないことがわかりました。

そのため、ダーツだけで痩せようとするのは難しく、一緒に食事制限やほかの運動を行うことで、ダイエット効果が高くなるでしょう。

ダイエットの基本はバランスの良い食事を心がけることなので、痩せたい人はまず、食事の見直しから始めてもいいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です