エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

梅酒はロック1杯のカロリーと糖質は低い?飲んで太らない方法をチェック

梅酒は、青梅を焼酎につけ込んでつくられたお酒です。

お酒が苦手な人でも、「甘い梅酒なら飲める!」という人は多いのではないでしょうか?

そんな人気の梅酒ですが、ダイエット中でも飲みたいという人もいるはずです。

そこで、気になるのはやはりカロリーですよね。

お酒の強い人であれば、梅酒なんかジュースのように感じて、ついたくさん飲んでしまうなんてこともあるかと思います。

今回は、梅酒のカロリーやダイエット中でも太らないような飲み方について紹介していきます。

梅酒のロック1杯分のカロリーや糖質は?

梅酒のロック1杯分(梅酒50ml分)のカロリーやアルコール度数は以下の通りです。

カロリー:78kcal

アルコール度数:20~25%

引用元URL: https://food-drink.pintoru.com/umeshu/proof-of-umeshu/

糖質や脂質(100gあたり)は以下の通りです。

炭水化物(糖質):21g

脂質:0g

タンパク質:0.1g

引用元URL: https://shugar.jp/21794/

注意すべきはカロリーより糖質

梅酒はつくるときに氷砂糖もつけ込みます。

よって、糖質は必然的に高くなりますね。

梅酒の100gあたりの糖質は21gでした。

食事をしながら飲むとなれば、食事からも糖質は摂取しなければなりません。

ダイエット中なのであれば、できるだけ糖質は避けたいものです。

ちなみに、焼酎やブランデー・ウイスキーのような蒸留酒は糖質ゼロで、糖質制限をしたいならそちらの方がおすすめ。

そういう意味で、梅酒は太りやすい飲み物かもしれません。

焼酎の糖質やカロリーは多くて太る⁉ダイエット効果や太るのか痩せるのかをチェック ブランデーの糖質やカロリーは少ない?ダイエットに効果があると言われる理由は何?

梅酒ロックのカロリーはそこまで高くないが注意が必要

梅酒ロックのカロリーは1杯あたり約80kcalと、そこまで高くないように見えますね。

アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれています。

このカロリーは、体内に吸収される前に熱として放出されるという仕組みです。

だったら、アルコールのカロリーは気にしなくてもいいの?

と思われがちですが、それは勘違いです。

アルコールのエンプティカロリーは脂肪として吸収はされないものの、アルコール自体は食事から摂取されたカロリーの消費を後回しにしてしまいます

結果として脂肪が体内に蓄積されやすくなり、太ってしまうのです。

特に、梅酒は砂糖漬けされており、糖質もあるので注意が必要となってきます。

以下のように、多くの方が梅酒を飲んで太ったと感じている人も多いようです。

梅酒をダイエット中に飲んでも太らない方法

では、梅酒を飲んで太らない方法はあるのでしょうか?

もちろん、飲まないに越したことはありません。

ですが、工夫次第で太らずに梅酒を楽しむことができますよ!

梅酒をダイエット中に飲んでも太らない方法① おつまみを工夫する

お酒を飲む時に、欠かせないものはおつまみですね。

塩辛いものや揚げ物をおつまみとして食べたいを思うかもしれませんが、ダイエットには向いていないです。

ダイエット中であれば、タンパク質や食物繊維が豊富なものを選びましょう

例えば、枝豆・冷や奴・漬物・お刺身のようなものです。

特に、食物繊維は血糖値の吸収をゆっくりにしてくれる働きがあり、糖質が高めの梅酒にはピッタリです。

梅酒をダイエット中に飲んでも太らない方法② 水やお湯で割る

やはり、梅酒は何かで割って飲んだほうが、カロリーも糖質も低くなるのでオススメです。

特に、お湯で割るとゆっくり梅酒を楽しむことができ、体にも優しい飲み方といえるでしょう。

注意すべきなのは、「ロック」なのです。

ロックは水やお湯で割るよりもアルコール濃度が高いのはもちろん、カロリーや糖質も高いですよね。

また、濃いめの口当たりで、つい飲み過ぎてしまうこともあるかと思います。

梅酒はダイエット中ならば、カロリー・糖質のない水やお湯で割りましょう。

梅酒をダイエット中に飲んでも太らない方法③ 糖質・カロリーオフの梅酒を飲む

糖質・カロリーオフの梅酒が販売されているのをご存じでしょうか。

梅酒本来の甘さや濃さは少なくなってしまう可能性がありますが、十分に楽しめるものも多いです。

合同 鍛高譚の梅酒 カロリー25%オフ 8度 [瓶] 720ml x 6本[ケース販売][合同酒精/オノエン/リキュール(梅酒)/日本/128541]

【まとめ】梅酒は飲み方を工夫すれば太らない

梅酒は糖質が特に高いということで、どうしても太りやすい飲み物となってしまいます。

しかし、

  1. おつまみを工夫する
  2. 水やお湯で割る
  3. カロリー・糖質オフのものを選ぶ

のような工夫をすれば、太りにくくはなります。

これまで、なんだか梅酒のデメリットを多く挙げてきましたが、梅酒には梅の良い成分も含まれています。

例えばクエン酸やマグネシウムのようなものは、疲労回復や便秘解消に効果的です。

このように、梅酒は基本的に太りやすい飲み物ですが、副効果としてダイエットに繋がるメリットも少しはあります。

ダイエット中でも、ストレスなく好きなお酒を飲んで、ダイエットを成功させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です