エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

ブランデーの糖質やカロリーは少ない?ダイエットに効果があると言われる理由は何?

ブランデーは蒸留酒の一種で、果物を原料としてつくられています。

ブランデーは馴染みがない人が多いかもしれないですね。「ブランデーが好き」という人は、きっとお酒通でしょう。

とはいえ、どんなお酒でも気になるのはカロリーや糖質ですよね。ダイエット中とのことであれば、なおさらです。

また、ブランデーに関しては、ダイエット効果があるのでは?と言われたりもしています。

今回は、ブランデーの糖質・カロリーとダイエット効果、またダイエット中の向き合い方について紹介していきます!

ブランデーの糖質とカロリーは?ダイエット効果はある?

ブランデーの糖質とカロリーを具体的に解説していきます。

ブランデーの糖質はなんと0g!糖質制限にはピッタリ

ブランデーの糖質は、実は0g!

その秘密は、作り方にあります。

まず、ブランデーはワインを蒸留してつくられています。

蒸留酒をいうのは、水とアルコールの沸点の違いを利用してつくられたお酒です。

アルコールの方が沸点が低いので、ワインを沸騰させて始めの方に出てきた蒸気を冷やしたものがブランデーとして販売されています。

蒸留の際、糖質はカットされるので、結果的に糖質0になるわけです。

その点では、ダイエットに向いているお酒といえます。

しかしブランデーはアルコール濃度がとても高いので、何かで割って、希釈することがきっと多いはず。

その時に、甘いリキュールなどで希釈すると、結局糖質が添加されてしまうということに注意しましょう。

ブランデーのカロリーは100mlあたり200kcal以上でとても高い!

糖質と違い、ブランデーのカロリーは100mlあたり237kcalと、高い数値になっています。

もちろん、100mlを一気に飲むことはないでしょう。

1杯30mlあたりの換算してみると、だいたい70kcalくらいになります。

それでも、かなりのカロリーだと思いませんか?

カロリー制限をしたい方は、ショックかもしれません。

実は、お酒のカロリーはアルコール度数が高くなれば、カロリーも高くなるのです。

だから、ブランデーのような蒸留酒のカロリーは必然的に高くなってしまいます。

ブランデーをたくさん飲むことはないかもしれないですが、酔って油断するようなことがあれば注意が必要です。

ブランデーをダイエット中に飲む時の注意点

糖質が0ということで、ダイエットをしている人にとっては嬉しいことですね。

でもだからといって、ダイエット中のブランデーは、いつも通り飲むだけではダメ!

糖質はなくても、アルコール度数やカロリーが高いブランデーは、飲み方に工夫が必要です。

ブランデーを飲むならストレートor炭酸割

ブランデーの糖質は0gですが、糖質のあるもので割ったりすると意味がなくなってしまいますよね。

ブランデーでは、香り付けでリキュールを入れたり、ジンジャーエールで割ったりすることが多いようです。

ちなみにリキュールは100gあたり糖質30g以上で、せっかくの糖質0が台無しになってしまいます。

だからブランデーを飲むなら、何も入れないストレート、もしくは炭酸水やロックなどで飲むことをおすすめします。

おつまみは揚げ物は控え、高タンパクなものを選ぶ

おつまみ選びも重要です。

お酒を飲んでいると、つい揚げ物が食べたくなってしまいますね。

しかし揚げ物は脂肪の吸収を早くしてしまう上に、食欲も促進してしまうので、おつまみとしてダイエットには向いていません。

そこで、枝豆や冷や奴のような、アルコールの吸収を抑制するタンパク質が豊富なものを選びましょう。

特に、このようなおつまみはお酒を飲む前に食べるとアルコールの吸収がより抑制されます。

また、空きっ腹でお酒を飲むことも防げるので、二日酔いの予防にもなります。

ブランデーの飲みすぎはもちろん太りやすくなる

尿などで排出されなかったアルコールは肝臓で代謝されます。

その肝臓でうまく分解できないと、中性脂肪がつくられるようになってしまうのです。

だからアルコールの飲み過ぎは、中性脂肪を増やす可能性があります。

よって、ブランデーはアルコール濃度が高いですから、飲み過ぎのは注意が必要です。

また、ブランデーをストレートで飲むとなると酔いやすくなり、いつの間にか飲み過ぎていたということもあり得ます。

【まとめ】ブランデーは糖質0だが、アルコール度数やカロリーに注意して!

このようにブランデーは蒸留酒という点で、糖質は0gですが、カロリーは100mlあたり200kcal以上と高くなっています。

糖質制限中の方には、とても魅力的なお酒かもしれません。

しかし、飲み方に注意が必要でしたね。

  1. 飲むならストレートor炭酸で割る
  2. おつまみには高タンパクなものを選ぶ、揚げ物はだめ
  3. 飲み過ぎは絶対ダメ

この3点に注意すれば、ダイエット中でもブランデーは飲んでOKだと思います。

ダイエット中でもおしゃれにブランデーを楽しんで、理想の体型を目指しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です