エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

スクワットやランジなどの脚トレは週何回がベスト?毎日しても良いの?

脚は男女問わず、男性らしさ・女性らしさに関わる体のパーツですよね。

女性であったらスラッとした脚、男性であればスポーツ選手のように筋肉で引き締まった脚に憧れます。

そこで「脚トレ」をすると思うのですが、どれくらいすればいいのか迷うことはありませんか?

あんこ

脚トレは、やり過ぎてもムキムキになったり変な筋肉の付き方をしそうですよね~

そこで、今回はスクワットやランジなどの「脚トレ」を、週にどれくらいがベストなのかについて解説していきます!

スクワットやランジなどの脚トレはどれくらいの頻度がいい?

では、脚トレはどの程度の頻度で行うのが一番良いのでしょうか。

ポイントは、トレーニングの負荷にあります。

スクワットやランジなどの脚トレは毎日してOK

結論から言うと、スクワットやランジのような脚トレは毎日して大丈夫です。

スクワットやランジは、マシンなどを使わない、いわゆる「自重トレーニング」の一種ですね。

負荷がそこまで大きくないので、毎日行っても問題はないと言えます

また、毎日するメリットとして、次のようなものがあります。

  • 下半身の引き締め
  • 全身のダイエット
  • 脂肪燃焼効果

下半身の引き締めは言うまでもありませんね。なりたい脚になるために合ったトレーニングをすることが大事ですね。

引き締まってスラッとした女性らしい脚を目指しているのであれば、内ももや股の裏の筋肉を鍛えると効果的でしょう。男性らしいたくましい脚を目指しているのであれば、股の全面が鍛えられるスクワットなども効果的です。

脚には比較的大きな筋肉が付いていますから、鍛えることで脂肪燃焼効果も得られます。基礎代謝量も上がるので、全身のダイエットにも効果アリです。

脚に疲労や痛みを感じたら休む勇気を

脚が疲れたと感じたり、痛くなったら休むことを心がけましょう。

脚に疲労や痛みが残ったままトレーニングをしてしまうと、怪我の原因になってしまいます。

これは疲労や痛みによって、トレーニング中にフォームが崩れてしまったりする影響で起こることがあります。

毎日欠かさず行うというよりも、長期的に見て継続することが大事です。

無理に疲れていてもトレーニングをするのは、怪我をするという点のみならず、精神的にもキツいですよね。

脚トレに関わらず、ダイエットや筋トレはいかにストレスなく継続するかも重要になってきます。

正しいフォームで行わないと意味がない

正しいフォームでしっかり行わないと、筋肉が成長しない可能性があります。

正しいフォームは怪我防止だけではなく、トレーニングをより効果的にするために大事です。

毎日行っているのに、効果がないとやる気をなくしてしまいますよね。。

効果がイマイチ出ていないという人は、まずはフォームを見直してみてもいいかもしれません。

オススメ脚トレの正しいフォームとやり方を紹介

オススメの脚トレ①ワイドスクワット

ワイドスクワットを行うことで、次のようなパーツの筋力アップに効果があります。

  • 内もも(内転筋)
  • お尻

この2つの筋肉は、女性らしい脚を目指すのであれば大事な筋肉ですね。ももの前面の大きな筋肉も鍛えることができるので、男性にもおすすめです。

ワイドスクワットは普通のスクワットよりも脚を大きく開いているので、脚の負担が小さくなるという点でもメリットです。

しかし、ワイドスクワットは膝の位置に注意する必要があります。開いている分、膝が内側に入りやすくなります。そこで、膝を痛めてしまう原因になるのです。

ワイドスクワットは、特に正しいフォームで行うことを心がけましょう。

オススメの脚トレ②レッグランジ

レッグランジとは、脚を前後の開いて行うトレーニングです。

主に、

  • お尻(大臀筋)
  • 太もも(大腿四頭筋)

の筋力アップに効果的ですね。

ヒップアップがしたい女性のみならず、お尻や太ももを鍛えたい男性にもピッタリです。

前に出した脚のつま先が膝より前に出してしまうと、ワイドスクワット同様に膝を痛める原因になります。

フォームを毎回確認しながら行うことが重要です。

オススメの脚トレ③カーフレイズ

カーフレイズは、かかとを上げたり下げたりすることで、ふくらはぎの筋肉を鍛えるトレーニングです。

ふくらはぎを鍛えると聞くと、たくましいムキムキの脚になってしまうイメージになりますよね。

ですが、ふくらはぎを鍛えることは足首を細くみせたりと、女性らしい脚を実現するためにも効果的なのです。

また、脚のむくみ解消も促してくれるので、脚痩せには大事な筋肉です。

【まとめ】脚トレは毎日してもOKだけど、やり過ぎは禁物

スクワットやランジなどの脚トレは、毎日行っても問題ありません。

しかし、疲労や痛みを感じたら、トレーニングをいったん休むことも忘れないようにしましょう。

体を鍛えているときはつい、完璧にやらないと、と思いがちです。

ですが、疲れた時はしっかり休むことで、毎度のトレーニングで良いパフォーマンスを発揮することができます。

そして、効率的に鍛えることができるように、正しいフォームとやり方で行うように心がけましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です