エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

ハムストリング(太もも)のストレッチで脚痩せができる?やり方や原理について解説

ダイエットをしている人の中で「ハムストリング」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

ハムストリングはいわば太ももの裏の筋肉です。

今回は、そんなハムストリングストレッチという観点から、脚痩せができるかどうかについて解説していきます。

ハムストリングのストレッチで脚痩せ効果あり!

まず、ハムストリングとは、簡単にいうと太ももの裏の筋肉、大腿二頭筋・半膜様筋・半腱様筋の3つの筋肉を総称していいます。

https://smartlog.jp/124728

このハムストリングをストレッチすることは、脚痩せにとって、とても大事なんですよ!

ハムストリングは脚のなかでも比較的大きな筋肉なので、固くなってしまった筋肉を伸ばし柔らかくすることで、血行がよくなります。

血行が良くなると脚のむくみもとれるし、身体全体の代謝もよくなって痩せやすくなるわけです

また、ハムストリングが固くなっていると、骨盤が後退してしまって姿勢が悪くなったり、ポッコリお腹の原因にもなるのです。ストレッチすることで、これらのことの解消にもつながります。

ハムストリングのオススメ脚痩せストレッチ3選

では、次からは具体的な実践方法を紹介していきます。

ハムストリングのストレッチ:初級編

主に床に座ったまま行うことができるものです。簡単なのでテレビを見ながらでもできます。

ストレッチをするときのポイントは「呼吸」です。

脚に体重をかけてハムストリングを伸ばす時は「吐く」、身体を元の位置に戻すときは「吸う」ことを意識したら効果的にストレッチをすることができます。

ストレッチの秒数に限らず、時間があるときは長くゆっくりと行うことも大事です。

また、痛いと感じる限界までやってしまうと、肉離れを起こしてしまうことがあります

ハムストリングは肉離れになりやすい部分ですし、肉離れになったら内出血を起こすこともあり、しばらく運動もできなくなるので大変です。

ハムストリングのストレッチ:中級編

中級編は仰向け、もしくは床に手を付いて行うことができます。

仰向けになって脚を上げたりすると、どうしても腰に負担がかかってしまうので、マットを引いて行うなど、無理はしないようにしましょう。

また、脚を前後に開く動きは、脚が太くなってしまう原因である骨盤の歪みを改善してくれます。

ハムストリングのストレッチ:上級編

上級編である上記の動画では、立ったり膝をついたりすることがあります。

バランスを崩しやすい体勢も多く、ハムストリングのストレッチになれていないと怪我に繋がることもあります。

ハムストリングに限らず、ストレッチは毎日継続して行えば行うほど筋肉も柔らかく伸びてきます。

ハムストリングのストレッチに関しては、そこまで場所も取らないので、隙間時間でもやることができるというのがメリットですね。

ハムストリングのストレッチをしても脚痩せできない時は?

ストレッチはやっているけど、なかなか痩せない!

という人がいるのであれば、もしかしたら日常生活に落とし穴が潜んでいるかもしれません。

日常生活で脚が太くなる習慣を見直そう

脚が太くなってしまう習慣は

  • 脚組み
  • 暴飲暴食
  • 塩分の摂りすぎ

などのようなものです。

やはり、運動やストレッチに気を遣っていても食事面に問題があれば脚は痩せません。特に、普段から濃いものが好きで塩分を多く摂っている人は、脚がむくみやすくなっています。

また、脚組みは骨盤の歪みの原因なので、意識的に行わないようにしましょう。

【まとめ】ハムストリングのストレッチは毎日継続して脚痩せを目指そう!

ハムストリングをストレッチすることは、代謝アップや骨盤の歪みの改善によって、脚痩せが期待できます。

ただし、食事の乱れや骨盤を歪ませてしまうクセが普段からあると、脚痩せどころか脚が太くなっていく原因になります。まずは、自分の日常生活の見直しをしてみましょう。

また、ストレッチは毎日継続することが大事。

コツコツ積み上げていくことが脚痩せへの第一歩です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です