エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

ビーフジャーキーのカロリーや栄養素!ダイエットに向いている?

おつまみやおやつに大人気のビーフジャーキー

噛めば噛むほど味がする感じがして、おいしいですよね!

ビーフジャーキーはお肉だけど、ダイエット中は大丈夫なのか?

と思う人も多いと思います。

ビーフジャーキーは肉といえども加工されているので、栄養素やカロリーも想像しづらいですよね。

今回の記事では、ビーフジャーキーのカロリーや栄養素、ダイエット中の向き合い方について紹介します!

ビーフジャーキーのカロリーや栄養素はなに?

ビーフジャーキー(100gあたり)のカロリーと栄養素は以下の通りです。

カロリー:315kcal

タンパク質:54.8g

糖質:6.4g

脂質:7.8g

https://calorie.slism.jp/111107/#foodDataDetail

ビーフジャーキーのカロリーは高め!

ビーフジャーキーのカロリーは100gあたり315kcalです。

ちなみに、材料として使用している牛もも肉の赤身のカロリーは100gあたり172kcalなので、ビーフジャーキーのほうがカロリーが高くなっています

これは、やはりビーフジャーキーが乾燥させて作られているので、凝縮した結果、カロリーが高くなってしまったといえます。

ですがビーフジャーキーは一枚あたり4g程度で、100g一気に食べることはまずないので、カロリーはあまり気にしなくてもいいと思います。

ビーフジャーキーは高タンパクなのがメリット

ビーフジャーキーの100gあたりのタンパク質は54.8gです。

日本人の1日のタンパク質摂取目安は60kgで約48gなので、タンパク質についてはとても高いといえます。

もちろんビーフジャーキーを100g食べるわけにはいきません。

しかし、おつまみやおやつとしてはとても高タンパクですね。

ビーフジャーキーの糖質は低い

ビーフジャーキーの糖質は100gあたり6.4gです。

糖質制限をする場合、一日の糖質摂取目安は130g以下。

100gでたった6.4gしか糖質がないと考えると、ビーフジャーキーはとても低糖質であることが分かります。

糖質制限をしているときのおやつやおつまみにもピッタリですね!

ビーフジャーキーはダイエット中に食べてもOK?

ビーフジャーキーは低糖質だからGI値が低い!

GI値をご存じですか?

GI値とは血糖値の上がりやすさを示す数値です。

食べ物の糖質が高い、つまりGI値が高いと血糖値は上がりやすくなります。

あんこ

ダイエット中は血糖値をいかにコントロールするかどうかで痩せるかどうかも変わってきます。

例えば、空腹状態でGI値の高い食べ物を食べてしまうと、血糖値は急上昇しますよね。

血糖値が急上昇してしまうと脂肪を溜め込みやすくなります。

また、血管を傷つけてしまうので将来的な健康にも悪影響です。

ビーフジャーキーは糖質が低く、GI値が低いという点でダイエットに向いているといえます。

GI値については以下の記事でも解説しています。

低GI食品とは何?セブンイレブンやローソンでも気軽に食べられる?

良く噛むから満腹中枢が刺激される

ビーフジャーキーといえば、あの噛み応えのある食感ですよね!

ビーフジャーキーは自然と良く噛むことができるので、脳の満腹中枢が刺激されます

よって、食べ過ぎ防止になるので、ダイエット中の方にはメリットです。

ビーフジャーキーは体に良いミネラルが多く含まれる

ビーフジャーキーには体に良いミネラルが多く含まれ、特にビタミンB12が豊富です。

また、ビタミンB12は「赤いビタミン」とも呼ばれており、赤血球をつくる働きがあります。

ビーフジャーキー以外では、シジミや牡蠣、牛レバーなどの肉や魚に多く含まれます。

体感できる効果としては、冷え性改善・疲労回復・貧血予防に効果的です。

冷え性は代謝が悪くなるし、ダイエット中の運動はとても疲れます。食事制限をしているならば、貧血になりやすくもなるので、ビーフジャーキーに含まれるビタミンB12を摂取することはとても大事と言えるでしょう。

塩分が高めなのは注意

ビーフジャーキーは塩漬けした牛肉を干したものです。

だから、どうしても塩分は高めです。

塩分を取り過ぎてしまうと、むくんだり、高血圧になったりして、良いことはありません。

体内の塩分の排出を促すものとして、カリウムというミネラルがあります。

カリウムは、海藻類・野菜・果物などに多く含まれます。

塩分を取り過ぎてしまったなぁと思ったら、このような食べ物を積極的に食べてみてください。

【まとめ】ビーフジャーキーはダイエットに良い!でも食べ過ぎには注意!

ビーフジャーキーは、高タンパク低糖質な食べ物です。

ダイエット中のおつまみや間食ならば、ビーフジャーキーはとてもオススメといえます!

特に血糖値をコントロールできるという意味でGI値も低いので、小腹が空いたときなんかは良いですね!

しかし、どんな食べ物もそうですが、食べ過ぎはいけません。

カロリーや塩分も高めなので、ダイエットに逆効果になってしまいます。

ビーフジャーキーをダイエット生活の中に上手に取り入れて、ダイエットを成功させましょう!

おつまみ系の記事は他にもあるので参考にしてみてください!

カルパスの糖質やカロリーは低くい?ダイエット中にも食べられる? さきいかのカロリーや糖質が凄い!?食べ過ぎはダイエット中にNG?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です