エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

牛タンビーフジャーキーがダイエットに良い5つの理由と注意点

ダイエット中でもついつい小腹が減ってしまったり、
口が寂しくなってしまう時ってあると思います。

でも、高カロリーなスイーツや栄養のないスナック菓子を食べてもただ太ってしまうだけです。

そこでおすすめしたいのが、低カロリーで高たんぱくな牛タンビーフジャーキーです!!

この記事では、牛タンビーフジャーキーの栄養成分、ダイエット効果、ダイエット方法、注意点をまとめていきます!

りみ

せっかくダイエットするなら、食欲を我慢しすぎずに楽しんでやっていきましょう!

牛タンビーフジャーキーのカロリーや糖質は?

まずは、ダイエットにおいてとても重要な牛タンビーフジャーキーのカロリーなどの栄養成分を見ていきましょう。

<牛タンビーフジャーキー100gあたりの栄養成分>

 

エネルギー 315kcal

 

糖質 6.4g

 

たんぱく質 54.8g

 

脂質 7.8g

 

食塩相当量 4.8g

この数字だけ見ると、

牛タンビーフジャーキーのカロリー意外と高くない?

と思ってしまいますが、

実は牛タンビーフジャーキー1枚あたり4g程度なので、一回に100gも食べることはまずないと思いますので、安心してください。

ちなみに、コンビニで売られているビーフジャーキー1袋は20~30gのものが多いです。

牛タンビーフジャーキーのダイエット効果5つ

それでは、牛タンビーフジャーキーのダイエット効果5つを見ていきます。

  • 低カロリー&高たんぱく
  • 満腹感を得やすい
  • ビタミンB群が豊富
  • 味の濃さで満足度アップ
  • 亜鉛でストレス軽減

それでは、牛タンビーフジャーキーのダイエット効果を1つずつ解説していきます!

牛タンビーフジャーキーのダイエット効果①
低カロリー&高たんぱく

牛タンビーフジャーキーは低カロリー&高たんぱくなので、とても優秀なダイエット食品と言うことができます。

太る原因である過剰なカロリー摂取を抑えることができますし、たんぱく質を積極的に摂取することで筋肉の生成につながるからです。

カロリーを抑えると痩せるのはあたりまえですが、体内の筋肉量を増やすと基礎代謝が上がり、痩せやすい体になると言われています。

それは、基礎代謝が上がることで脂肪燃焼効果が上がるためです。

そのため、ダイエット中にはただ食事制限をするのではなく、「何をどれだけ食べるかが重要」になってきます。

牛タンビーフジャーキーのダイエット効果②
満腹感を得やすい

牛タンビーフジャーキーは咀嚼回数が増えることで、食事中の早い段階で満腹感を得やすいとされています。

これは、牛タンビーフジャーキーが天日干しされることで硬くなっており、噛むことで満腹中枢が刺激され、脳がたくさん食べたと思い込むことからです。

普通の食事だと噛む回数を意識しなくてはなりませんが、牛タンビーフジャーキーはすぐに飲み込めずたくさん噛むことになるので、

ついつい早食いしてしまうという人にもおすすめのダイエット食品です。

牛タンビーフジャーキーのダイエット効果③
ビタミンB群が豊富

牛タンビーフジャーキーには、ビタミンB6とビタミンB12が特に豊富に含まれており、これらの栄養素はダイエットにも効果的です。

ビタミンB6はたんぱく質の代謝をサポートし、たんぱく質からエネルギーへの変換、アミノ酸への分解や合成、神経伝達物質の合成作用があります。

また、免疫力の向上や皮膚機能のサポート、脂質の代謝促進など様々な効果も見られます。

特に、ビタミンB6は肝臓に脂肪が溜まるのを防ぐため、「お酒で太った」と感じている人には特におすすめの栄養素です。

ビタミンB12はたんぱく質と結合しており、たんぱく質や葉酸を合成したり、骨髄で健康な赤血球を作ることに貢献しています。

アミノ酸や脂肪酸の代謝にも関係しているため、疲れやすかったり、いつまでも健康的な体でいたい人が積極的に摂るべき栄養素です。

牛タンビーフジャーキーのダイエット効果④
味の濃さで満足度アップ

牛タンビーフジャーキーは天日干しで味が凝縮されており、塩分量も多くなっているため、少量で満足しやすい傾向にあります。

これは、濃い味のものを食べ過ぎると舌が疲れてしまい、「もういらない!」という感覚に陥るからです。

そのため、太る原因である間食のしすぎ、食べ過ぎの抑制になります。

ただし、元々濃い味付けが好きだったりする人は中毒になりやすいため、あらかじめ食べる量を決めておくとよいでしょう。

牛タンビーフジャーキーのダイエット効果⑤
亜鉛でストレス軽減

牛タンビーフジャーキーには必須ミネラルの亜鉛も含まれており、ストレス軽減効果が見られます。

亜鉛には感情コントロールや記憶力を保つのに必要な神経伝達物質を作る働きがあるからです。

亜鉛は体内で合成できないために、現代人には亜鉛不足が生じていると叫ばれています。

ダイエット中には心身ともに不安定になりやすいので、精神的な面をサポートするためにも亜鉛は摂っておきたい栄養素です。

また、亜鉛は人の味覚を正常に保つ働きをしており、ビタミンAの代謝に関与するほか、

抗酸化作用の活性化を促し、体が老化するのを防いでくれます。

牛タンビーフジャーキーでのダイエット方法

牛タンビーフジャーキーを正しい食べ方でダイエットに取り入れると確実に効果が出てきます。

ただし、間違えた方法で取り組んでしまうとかえって逆効果になりかねませんので、

ここで牛タンビーフジャーキーの正しいダイエット方法を確認しておきましょう!

牛タンビーフジャーキーでのダイエット方法①
間食に食べる

まずは、牛タンビーフジャーキーを間食に食べる方法です。

人が太ってしまう理由についついしてしまうスイーツやスナック菓子の間食ですが、
これらを牛タンビーフジャーキーに置き換えることでカロリーダウンをすることができます。

それに、高カロリーなおやつには含まれていない栄養素を牛タンビーフジャーキーから摂取することができるので、
健康面でも一石二鳥だと言えます。

牛タンビーフジャーキーでのダイエット方法②
いつもの食事に取り入れる

牛タンビーフジャーキーを普段通りの食事に取り入れることで、たんぱく質不足を補うことができます。

たんぱく質を積極的に摂ることで、筋肉の生成や内臓の働きを助け、健康的で痩せやすい体づくりにつながるからです。

もちろんそのまま牛タンビーフジャーキーを食べてもいいのですが、牛タンビーフジャーキーを砕いてサラダにかけると、
より違和感なく食べられると思います。

牛タンビーフジャーキーでのダイエット方法③
夜食に食べる

夕食時または夕食後の夜食にお酒を飲む習慣がある人は多いと思いますが、

その時の食事やおつまみを牛タンビーフジャーキーにすることで、大幅なカロリーダウンをすることができます。

お酒を飲む人が太りやすいと言われるのは、実はお酒自体が問題なのではなく、一緒に食べる高カロリーな揚げ物やおつまみに関係しています。

アルコールを分解するのにエネルギーを消費してしまい、食事やおつまみは消化しきれず、そのまま体内に残ってしまうからです。

つまち、牛タンビーフジャーキーをお酒のおともにすることで、ダイエット中も飲酒を我慢する必要はありません。

牛タンビーフジャーキーダイエットの注意点!

いくら牛タンビーフジャーキーがダイエットに効果的でも、
食べ過ぎてしまったり、食べ方を誤ったりするとかえって逆効果になってしまいます。

牛タンビーフジャーキーでダイエットに取り組む際に気をつけたいことは、以下の点です。

  • 1日の摂取量を守る
  • カリウムと一緒に摂取する
  • 水分をたくさん摂る

それでは、1つずつ解説していきます!

牛タンビーフジャーキーダイエットの注意点①
1日の摂取量を守る

牛タンビーフジャーキーは確かにダイエット効果も認められていますが、
多少なりとも脂質と塩分が含まれていますので、食べ過ぎると太ってしまいます。

それに、ダイエットには栄養バランスが重要になるため、
たんぱく質ばかり摂っていてもあまり健康に良いとは言えません。

牛タンビーフジャーキーのおすすめの1日の摂取量は20~30gくらいです。

コンビニで売られているビーフジャーキーの小袋がだいたい30g~40g前後ですので、

「一袋食べてしまったら多いかも」

という認識でいれば大丈夫です!

 

牛タンビーフジャーキーダイエットの注意点②
カリウムと一緒に摂取する

牛タンビーフジャーキーはおつまみにおいしく食べられるようになっているため、元々の塩分濃度が高くなっています。

そのため、食べると翌朝強いむくみとして顔や足に出やすくなってしまいます。

牛タンビーフジャーキーを食べる時は、利尿作用があり、
老廃物を尿と一緒に排出してくれる効果があるカリウムを一緒に摂取することがおすすめです。

カリウムは、ブロッコリーバナナイモ類などに主に含まれていますから、
その日の食事のバランスに合わせてカリウムの多い食品を選びましょう。

最近では減塩タイプのビーフジャーキーも少しずつ増えてきています。

牛タンビーフジャーキーダイエットの注意点③
水分をたくさん摂る

牛タンビーフジャーキーを食べるときは、水やお茶でよく水分補給しましょう。

水分を多めに摂ることで、牛タンビーフジャーキーから摂取した塩分を排出しやすくしてくれます。

それに、牛タンビーフジャーキーは味が濃いのでしたが疲れやすく、
のどが渇きやすいため、水やお茶で舌を休ませる効果もあります。

また、カリウムの多い食品と合わせて摂取することで、
牛タンビーフジャーキーをたくさん食べたとしてもよりむくみにくくすることができます。

【まとめ】牛タンビーフジャーキーは優秀なダイエット食品!むくみに気を付けよう

牛タンビーフジャーキーは低カロリー&高たんぱくなだけでなく、
満腹感を得やすい、ビタミンB群や亜鉛が豊富、味付けが濃いなど、ダイエット中の人には嬉しい効果が認められました!

ただし、牛タンビーフジャーキーは塩分濃度が高いために食べ過ぎるとむくみやすいので、
カリウムを含む食品や、水分をたくさん摂ることをおすすめします!

1日の摂取量を20~30gに留めておくことで、脂質量もそんなに気にすることなく、
食事を楽しみながらダイエットをすることができます。

牛タンビーフジャーキーのような濃い味付けが苦手…という人は、
同じおつまみである「あたりめ」の記事をぜひ参考にしてみてください♪

あたりめの食べ過ぎはダイエット中にはNG?一本のカロリーは高い?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です