エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

スルメのカロリーや栄養をチェック!痩せるダイエット方法がある!?

ダイエット中でも、お酒とおつまみが欠かせないという人もいるでしょう。

しかし、お酒には糖質が多く、どんなおつまみを一緒に食べるかで太るか太らないかが決まってきます。

そこで、私がおすすめしたいおつまみはスルメです!

スルメは低カロリー&低糖質で、実はとてもダイエット向きの食材なんです。

この記事では、スルメのカロリーなどの栄養成分、ダイエット効果、おすすめの食べ方、食べる時の注意点について書いていきます!

りみ

スルメは筋トレに励む方にも嬉しい、究極のおやつでもあります

スルメのカロリーや糖質は?

まずは、ダイエットにおいて重要なスルメのカロリーや、栄養成分を見ておきましょう。

スルメの100gあたりの栄養成分を見てみましょう。

エネルギー 糖質 たんぱく質 脂質
スルメ100gあたり 334kcal 0.4g 69.2g 4.3g

 

100gあたりでスルメの栄養成分を見ると、

意外とカロリーが高いんじゃ?

と思ってしまいますが、市販のスルメはだいたいが20~30gで販売されているので、1食あたりのカロリーは60kcal程度と、そんなに高くありません。

それに、スルメはたんぱく質が豊富なので、筋肉の成長はもちろん、肌や髪を健康に保つためにも欠かせません。

加えて、ビタミンB、ビタミンE、ナイアシン、カリウムなどの美容効果の高い栄養成分も含まれているので、

ダイエット中に見舞われやすい肌トラブルにはもってこいな食品です!

スルメのダイエット効果3つ!

スルメには代謝を上げるのに欠かせないタンパク質が多く含まれていることがわかりましたが、
実は他にもダイエット効果があるんです!

  • コレステロール値を下げる
  • 満腹感を得やすい
  • 精神を整える

それでは、1つずつ詳しく解説していきます。

スルメのダイエット効果①
コレステロール値を下げる

スルメにはコレステロール値を下げる働きが期待できます。

スルメに豊富に含まれているタウリンには、胆汁酸と結びついてコレステロールを消費する働きがあるからです。

消化管内でコレステロールの吸収を抑えてくれることから、内臓脂肪にも効果的です。

悪玉コレステロールが増えると心筋梗塞や動脈硬化など命に関わる病気にもなりかねませんので、
健康のためにスルメを食べるのも良いでしょう。

スルメのダイエット効果②
満腹感を得やすい

スルメは非常に噛みごたえがあるため、咀嚼回数が増えることで満腹感を得やすいです。

咀嚼回数を増やし、時間をかけて食事をすることで、満腹中枢を刺激する「神経ヒスタミン」の量が増えるからです。

食事の早い段階で満腹感を得られると、その後の食事量を減らすことができるので、
自然とダイエット効果も表れるようになります。

また、よく噛む事で顎のトレーニング にもなるので、顔のラインを引き締めることにもつながります。

スルメのダイエット効果③
精神を整える

スルメにはアセチルコリンが含まれており、ダイエット中に起きやすいイライラなどの精神の乱れや、集中力の低下にも効果的です。

アセチルコリンには神経を休める作用があり、よく噛む動作からも、脳に酸素をたくさん送れるからです。

ダイエット中は心身ともに乱れやストレスを感じやすくなるので、栄養バランスも心の調子も整えるためにも、スルメは欠かせません。

スルメのおすすめの食べ方!

それでは、スルメをダイエット中に食べる場合の、おすすめの食べ方を紹介していきます!

今回紹介するスルメの食べ方は、以下のものです。

  • 間食やおやつとして食べる
  • 夜食として食べる

こちらもそれぞれ詳しく解説していきます!

スルメのおすすめの食べ方①
間食やおやつとして食べる

スルメをダイエット中に取り入れる場合、まずは間食や食後のおやつに食べることをおすすめします。

太る原因であるムダな間食や、高カロリーなスイーツの摂取を抑えることができるからです。

また、なんとなく小腹が空いたタイミングでスルメを食べたとしても、低カロリー&タンパク質が豊富なスルメならお菓子よりもはるかに栄養が豊富です。

スルメのおすすめの食べ方②
夜食として食べる

夕食はお酒におつまみだけ、という人もいるかもしれません。
そんなときは、お酒のおつまみとしてスルメを食べることをおすすめします。

お酒を飲んでいるとき、人のエネルギーはアルコールの分解に使われてしまうため、
おつまみから摂取したエネルギーを分解できず、そのまま体内に蓄積されてしまいます。

つまり、お酒で太るというよりは、一緒に食べる油っぽいおつまみで太っていると言っても過言ではありません。

揚げ物やお菓子をアテにするよりも、スルメを一緒に食べたほうがダイエット効果は期待できます。

スルメを食べる時の注意点!

最後に、スルメを食べるときの注意点を書いていきます。

スルメを食べる時は、以下の点に注意しましょう。

  • 1日の摂取量
  • 塩分の摂りすぎ

いくらスルメが栄養満点だからと言って、たくさん食べれば食べるほどダイエット効果を得られるというわけではありません。

スルメを食べるときは、1日20〜30gの摂取量を守るようにしましょう。

20〜30gというのはだいたい市販のスルメ1袋ぶんにあたりますので、多くとも1袋までとしておくと良いでしょう。

いくらスルメでも食べ過ぎれば太ってしまうので、炭水化物や食物繊維などとのバランスが重要です。

また、スルメは20gあたり0.4gの塩分が含まれています。

スルメはお酒に合うように塩っ気が強く作られているためです。

ただし、塩分を摂り過ぎるとむくみがひどくなったり、血圧の上昇の原因にもなります。

スルメを食べるときは、味噌汁など他の食事を塩分控えめにするか、塩分を排出するカリウムを一緒に摂りましょう。

【まとめ】スルメはダイエット向きの食材!適量をおやつとして取り入れよう

スルメは低カロリーかつタンパク質が豊富なだけでなく、
コレステロール値を下げたり、満腹感を得やすいという特徴があるということもわかりました。

スルメをおやつや夜食に取り入れるのも良いですが、
あまりに食べ過ぎると塩分過多となってしまうので、1日20〜30gを目安に摂取するようにしましょう!

スルメのおともに最適なビールとダイエットの関係については、こちらの記事でまとめてありますので、
あわせて読んでみてください!

ビールはダイエットに良くない?飲みながらもダイエットをする方法はある?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です