エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

ダイエット中のちくわレシピ!気になる糖質やカロリーと注意点!

「ちくわ」って、そのまま食べても焼いて食べても美味しいですよね。

実はちくわはダイエット中におすすめの食べ物なのです!

今回は、ちくわのカロリーや糖質などの栄養面とダイエット中におすすめのちくわレシピについて紹介していきます。

ちくわの糖質やカロリーは?

ちくわには、タンパク質が含まれているのでダイエットにはとても向いている食べ物です。

タンパク質だったら肉や卵でも摂れるんじゃない?

と思うこともありますが、ちくわのほうが低カロリー

カロリーの例は以下の通りです。

ちくわ(1本30gあたり):30kcal

魚肉ソーセージ(1本95gあたり):153kcal

ウインナー(5本100gあたり):321kcal

卵(1個60gあたり):90kcal

引用元URL: https://calori.jp/eat/post-12335/

ちくわは他の食べ物と比べて低カロリーなことは分かると思います。

また、ちくわは低糖質でもあるので糖質制限をしたいときもオススメ。

さらに白身魚のすり身が原料で、人間に不足しがちなカルシウムが豊富です。カルシウムは骨を強くするだけでなく、中性脂肪を減らしたり肌の調子を整えることに一役買ってくれます。

魚に含まれる血液をサラサラにする良質な油も摂取できるので、健康的にも良いのです。

このように、ちくわはダイエットに向いている食べ物といえます。

ダイエット中のオススメちくわレシピ3選

ではダイエット中にオススメのちくわレシピを紹介します!

ちくわの磯辺揚げ風マヨネーズ炒め

https://cookpad.com/recipe/2427930

揚げ物はカロリーが高くなるしダイエット中にはちょっと…。

という方にオススメ。

揚げずにマヨネーズで青のりと一緒に炒めるだけで、まるで磯辺揚げのような味わいになります!

作り方も簡単で用意するのはもちろん「ちくわ・マヨネーズ・青のり」だけです。

あんこ

ちくわの磯辺揚げが大好きなので、でも揚げ物は食べたくないなというときに作ったりします。

分量の参考は以下のような感じです。

ちくわ:2本
マヨネーズ:大さじ1
青のり:適量
引用元URL: https://cookpad.com/recipe/2427930
青のりの量やちくわの切り方を工夫してみると味や食感を自分好みにできます!

簡単に作れるちくわキュウリ・チーズ

https://cookpad.com/recipe/6185594

切ったちくわの穴の部分にキュウリやチーズを挟むという簡単でシンプルなおかずです。

お弁当のおかずとして入っていたこともあるかもしれませんね。

キュウリには老廃物を排出したり、脂肪燃焼効果がある「ホスホリパーゼ」という酵素を含んでいます。

また、チーズはタンパク質豊富で血糖値の上がりやすさを示すGI値も低いことからダイエット中に食べても問題ありません。

よって、ちくわ&キュウリ・チーズは相性抜群というわけです!

低GI食品とは何?セブンイレブンやローソンでも気軽に食べられる?

甘辛い味付けが良い!ちくわとコンニャク甘辛炒め

https://cookpad.com/recipe/6188019

コンニャクは言うまでもなく低カロリーで、食物繊維豊富です!

なので、ダイエット中に何か物足りないなーと思ったときに、

おかずのかさ増しとして低カロリーの「ちくわとコンニャク甘辛炒め」はオススメ。

あんこ

甘辛い味がちくわとコンニャクに染みてとても美味しいです。
材料
ちくわ:1本
板こんにゃく:1/2枚
ごま油:小さじ 2
※ 酒:大さじ 1
※みりん:大さじ 1
※ 砂糖:大さじ 1
※ 醤油:大さじ 1〜1.5
炒りごま:少々
七味:少々(好みで…)
引用元URL: https://cookpad.com/recipe/6188019
作り方は簡単で、ちくわとこんにゃくを細切りにした後フライパンで熱した油の中で少し炒め、※の調味料を入れて水分がなくなるまで炒めます。最後にお好みで炒りごまや七味を入れてできあがりです!

ちくわをダイエット中に食べるときの注意点は?

ちくわをダイエット中に食べるときは良い点もある一方で注意点もあるのです。

ちくわには塩分が多い!

ちくわは加工食品なので、塩分が多め。

塩分を取りすぎてしまうと、体に水分を溜め込んでしまってむくみの原因にもなります。

また、健康になりたくてダイエットをしているのであれば、血圧などにも影響してしまうのです。

しかし、ちくわは料理をする前に、沸騰したお湯に1分程度入れてあげることで塩分を減らすことができます。

これを「塩抜き」といいます。

あんこ

ちくわだけでなく塩分の多い他の加工食品にも応用可能です!

【まとめ】ちくわは低カロリー・低糖質でダイエット中におすすめ!

このように、ちくわは肉や卵に比べて低カロリーで低糖質です。

そして、魚の良質な油やカルシウムを摂取できることから健康にも良いといえます。

アレンジ次第で料理のレシピも自由自在です。

今回紹介した、

  • ちくわ磯辺揚げ風マヨネーズ炒め
  • ちくわキュウリ・チーズ
  • ちくわとコンニャクの甘辛炒め

以外にも、ちくわが味もシンプルなので多くの料理に応用できます。

ただし、塩分が多いので「塩抜き」をするなどの注意が必要ということでしたね!

ぜひ、ちくわを料理の一部に取り入れてダイエットを成功させてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です