エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

内臓脂肪をすぐ減らすズルいツボがある?老廃物を出すマッサージ?

ついつい食べ過ぎたり、飲み過ぎが続いて、

ダイエット効果が半減してしまうのではないか…

と心配になることもありますよね。

確かに、毎日たくさん食べたり飲んだりしていては太ってしまいますが、
脂肪に変わる前に老廃物として出してしまえば問題ないのです!

そこで、この記事では老廃物に効果的なツボや、ツボを押すコツを書いていきます!

りみ

むくみがひどい時や、体調がすぐれない時にもツボ押しは効果的ですよ

ツボって何?内臓脂肪にも効く?

そもそもツボとは、専門的には経穴と呼ばれ、
東洋医学的に気の流れる道、経絡の主要な場所を経穴と言います。

つまり、気が流れている主要なポイントということです。

経穴と呼ばれるツボには気が集まりやすく、
悪いものもためこんでしまうため、治療に効果的だともされているのです。

ツボは体に無数に存在しますが、1年の365日になぞらえて、
365箇所という考え方もあります。

ツボには、自律神経を整えたり、便秘を解消したりなど、
様々な効果が期待できますが、

いわゆる痩せるツボと言われるものも存在します。

とはいえ、そのツボを押したからといって、
体重が激減したり、体脂肪がみるみる減っていくということはありません。

りみ

あくまでもダイエットの手助けをしてくれるツボを紹介していきます!

内臓脂肪に効果的なツボ3選①
中かん(ちゅうかん)

中かんは、おへその真ん中の上に小指を当てて、指の4本分上にあるツボを言います。

中感を刺激すると、脂肪燃焼を促進してくれるので、ダイエットに効果的です。

また、胃の調子を整えてくれる効果もありますので、

夏バテなどの食欲が出ない時や、かえって食べ過ぎて消化吸収が上手くされていない時にも押すとよいでしょう。

りみ

体が重く感じるときは、大抵胃に不調が表れています

内臓脂肪に効果的なツボ3選②
水分(すいぶん)

水分とは、おへそから指1本分上にあるツボのことです。

水分を刺激すると、体の水分の巡りを調整してくれるので、
むくみやデトックスのツボとしても知られています。

むくみを溜まったままにしておくと脂肪に変わってしまうこともありますから、
中かんと一緒に刺激してあげることで、余分な水分を流してあげましょう。

りみ

お腹周りだけでなく、顔のむくみにも効果的です

内臓脂肪に効果的なツボ3選③
大巨(だいご)

大巨は、おへそより指2本分下の、左右外側に指を2本置いたところにあります。

大巨は便秘解消のツボと言われていて、お腹周りの張りや、
不眠、下腹痛にも効果が期待できます。

水分と同様、体の余計な水分を排出してくれる作用があるので、
飲み過ぎた翌日などに刺激してあげるとよいでしょう。

りみ

ツボを押した後は、水を多めに飲みましょう

正しいツボ押しのやり方は??

痩せるのに効果的なツボはわかりましたが、何もむやみやたらにゴリゴリ押せばいいわけではありません。

私たちは、ツボについて学んできたプロではないので、
いくつかのポイントに気を付けてツボを刺激する必要があります。

ツボがいくら体の不調に効果的とは言え、
やり方を間違えてしまっては、かえって痛みを感じたり、症状を悪化させてしまうこともあります。

りみ

正しいやり方で、セルフメンテナンスをしていきましょう

正しいツボ押しのやり方①
痛気持ちいいくらいの刺激にする

ツボ押しというと、痛くするのが正解みたいなイメージがありますが、
ツボ押しは必ずしも痛いものではありません

テレビの罰ゲームで披露しているようなものはパフォーマンスなので、
本当のツボ押しは痛気持ちいいくらいが正解です。

老廃物が滞っている場所のツボは、押すと固かったり、痛いような感覚があります。

始めは、ポイントを狙って押すというよりも、
ツボがあると思われる箇所をいくつか押してみて、痛気持ちいいと感じる箇所を見つけてみてください。

りみ

力任せに押すと、揉み返しにつながります

正しいツボ押しのやり方②
体が温まったタイミングで行う

ツボ押しは、体が温まっている状態で刺激すると
筋肉がほぐれているため、最もツボに刺激が入りやすい状態になります。

そのため、必要以上に力をこめてしまう心配もありません。

反対に体が冷えている時に行うと、筋肉が抵抗するのでツボに刺激を与えられずに、
皮膚だけが傷付いてしまいます。

おすすめは入浴後のタイミングで、入浴中にやると血流が良くなりすぎてしまうので注意してくださいね。

りみ

押すときに、息を吐くと力が抜けてより効きやすくなります

正しいツボ押しのやり方③
6秒かけて刺激する

ツボを押すときは、親指の腹で3秒かけて押していき、
さらに3秒かけて指の力を抜きながら戻していくことを意識しましょう。

親指の腹に上手く力が入らない時は、指の関節を使ったり、
ツボ押し棒を使うと刺激しやすくなりますよ。

りみ

ツボ押しは、不調を感じる場所を意識しながら刺激するとより効果的です

【まとめ】ツボ押しはあくまでも手助けの一種。食事&運動も一緒に

噂通り、代謝を促進してくれたり、老廃物を排出するツボが存在することがわかりました!

しかし、ツボはあくまでもダイエットの手助けをしてくれるにすぎず、
食事の管理や運動と並行して、ツボ押しを行うことが重要ですね。

また、ツボ押しをするために体を温めたり、ツボ押しの後の水分摂取もとても大切ということがわかりました。
老廃物のツボを刺激した後に、リンパマッサージを行うと、より効果を上げることができるでしょう!

りみ

ツボ押しは、ストレス解消や、リラックス効果もあります。

ダイエットだけではなく、心身を整えるためにも毎日取り入れていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です