エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

胸痩せしない&胸が大きくしながらダイエットはできないのか!?対策をまとめてみた!

男性よりも、女性の方がダイエットが成功しにくい傾向にありますよね。

もちろん、男性のほうが筋肉量が多いこともありますが、
ダイエットすることで、女性はボディラインをキープしにくくなってしまうのです。

特に、女性はダイエットをしながら、
胸も一緒に痩せてしまうこともあるんですよね。

せっかく綺麗になりたくて痩せても、
胸が萎んでしまっては、元も子もありません!

そこで、この記事では、ダイエットで胸が萎んでしまう理由、胸をキープしたまま痩せる方法を書いていきます!

胸を残したまま痩せる方法をここで抑えて、
綺麗なボディラインを手に入れましょう♪

ダイエットで胸が痩せた!どうして??

ダイエットに成功した!
筋トレして減量中!

という人もいると思いますが、
痩せたという声の一方、胸が小さくなったという人もいるようです。

ダイエットすると、胸まで小さくなるには、
いくつか理由があります。

ダイエット中で胸が小さくなる理由①
タンパク質不足

ダイエット中は、食事制限がメインになるので、
当然タンパク質の摂取量も減ってしまいます。

そうなると、胸の筋力が落ちますから、
胸は萎んでいってしまいますよね。

また、今流行の糖質制限ダイエットは、
主にエネルギー源がタンパク質になってしまうため、

体内の筋肉をエネルギーとして使うことになり、
胸が小さくなる原因にもなります。

ダイエット中で胸が小さくなる理由②
筋力低下

先ほどの他のタンパク質不足にも似ていますが、
ダイエット中は、脂肪よりも先に筋肉を分解してしまうんです。

脂肪ってつきやすいくせに、落ちにくいなんて、
にくい存在ですね(笑)

筋肉が分解されると、
同時に胸が落ちて、萎んでいってしまいます。

それに、筋肉が落ちるので、代謝も落ちて、
リバウンドしやすくなるというデメリットもあります。

ダイエット中で胸が小さくなる理由③
糖質不足

ダイエットとなると、いの一番にカットしてしまう糖質ですが、
実は胸をいい状態に保つには、欠かせない栄養です。

糖質は、脳のエネルギーになるので、
糖質を適正量摂取していれば、

女性ホルモンの分泌も活発になり、
胸も綺麗に保つことができるのです。

なので、糖質を減らす場合は、完全にカットするよりも、
1食置き換えるくらいがいいでしょう。

ダイエット中で胸が小さくなる理由④
睡眠の質の低下

ダイエットで糖質などをカットしていると、
いらいらしやすくなり、睡眠の質が低下する傾向にあります。

睡眠の質が低下すると、
成長ホルモンの分泌を妨げることになり、

髪の毛や肌の再生だけではなく、
筋肉や胸の成長にも悪影響を及ぼします。

胸のためにも、心地よい睡眠を心がけましょう。

胸痩せしないダイエット方法は?!

どうやら、ダイエット中に胸も痩せてしまうのは、
ダイエットによる栄養不足が原因なようですね。

とはいえ、ダイエット中も食べてばかりはいられませんし、
どうしても食事制限が必要になります。

筆者も、無理な食事制限をして胸よりお腹が出てしまった経験や(涙)、
痩せすぎた女性の体を、胸がなくて美しく見えない!と思ったこともあります。

ところが、胸を残したまま、痩せる方法は確かにあります!

それどころか、
サイズアップさえ狙えるのです!

ここでは、胸を残したまま体を引き締める方法を伝授します。
(筆者実践済み)

女性らしいラインをキープしながら、
美しさも手に入れてしまいましょう♪

胸痩せしないダイエット方法①
胸が揺れる運動はしない

ダイエット中の運動となると、
真っ先にランニングが浮かぶでしょうが、

ランニングのような激しく胸が揺れる運動はNGです。

なぜなら、胸が揺れることで胸の脂肪まで燃焼してしまうからです。

また、胸が揺れると、
胸を支えているクーパー靭帯が伸びてしまい、

たれ乳になるという最悪の事態を呼び起こします。

どうしても、ダイエット中に激しい有酸素運動をしたい場合は、
自分の胸にあった、スポーツブラを着用しましょう。

安物のスポーツブラは緩くて意味がないので、
ちゃんとした、スポーツ用品店か下着メーカーのものを購入してください。

普通の下着に比べて安価で手に入りますし、
意外と普段着の時も使えるので、一着あると便利です。

胸痩せしないダイエット方法②
大胸筋を鍛える

次に、大胸筋を鍛える方法です。

大胸筋を鍛えるとなると、
男性がたくましい胸板を作るためのものと思いそうですが、

女性こそ大胸筋を鍛えるべきです!!

胸を痩せにくくするためには、
状態をキープするための筋肉が必要です。

女性は大胸筋を鍛えても、男性のような四角い胸にはなれません(笑)

むしろ、女性の鍛えられた胸はツンと上向きバストになり、
カップ数もアップします♪

また、大胸筋の成長により、
胸自体のハリも出てくるので、とてもおすすめです。

大胸筋は、自宅でも道具いらずで簡単に鍛えることができます。

①腕立て伏せのような体勢になります。
②腕は肩幅より広めにセットします。
③腕立て伏せのように上体を落としていきましょう。
④この動作を、10~15回×3セットやります。

動画にある最後のキープは、
フォームが固まってきたらやるようにしてください。

まずは、上記の動作をして、
大胸筋(胸の上部らへん)が伸縮するのを感じることが大切です。

ちなみに、ウエストとお尻も一緒に鍛えると、
胸とのメリハリが大きくなるので、

視覚的に胸が大きくなったように騙すことができます(笑)

胸痩せしないダイエット方法③
マッサージをする

たろー

脂肪が消える前に、
胸に脂肪を集めるようにマッサージするのもおすすめですよ。

にくき脂肪も、胸についてしまえば魅力の一つになります♪

また、胸のマッサージをすることで、
胸自体の結構もよくなり、

りみ

胸がやわらかくなったり、胸自体にハリが出てきます。

胸が凝っていると、肩こりや首こりの原因にもなるので、
実は、積極的にマッサージをしたい部位でもあります。

①お腹の肉が柔らかくなるように揉みます。
②柔らかくなったお腹の肉を、胸へすくい上げます。
③ななめに掌で3往復なであげます。
④脇腹や、お腹のサイドからを胸へ脂肪を流します。

ポイントとしては、お腹が柔らかくなるのを意識すること、
指だけでなく、掌でマッサージすることです。

上半身をマッサージすると、
胸に脂肪が移動するだけでなく、

血行が良くなり、老廃物が流れて一石二鳥ですね!

りみ

【まとめ】胸を残して痩せるのは可能!しっかり食べよう

ダイエット中に胸が痩せてしまうのは、ダイエットによる栄養不足が原因でした。

しかし、胸が揺れるのを防いだり、大胸筋を鍛え、マッサージをすることで、
胸痩せを防ぐことは可能なこともわかりましたね!

ダイエット中に食事制限をするのは大事ですが、
女性らしいボディラインをキープするなら、
しっかり食べて胸をケアする必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です