エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

内臓脂肪を減らすのにロングブレスダイエット(腹式呼吸)は効果ある?

運動は苦手だし、食べるのは大好き、
あまり動かないで痩せる方法がないかな~と思ってしまうこともありますよね。

そんなうまい話あるのか、と思いつつ、
探してみると、あったんです!!呼吸するだけで痩せられる方法が!!!

その名も、ロングブレスダイエットです。

その名の通り、
長く呼吸をすることで、ダイエット効果を促進することができるのです!

そこで、この記事では、ロングブレスダイエットとは何か、ロングブレスで得られる効果、ロングブレスのやり方公式スタジオの紹介などを書いていきます!

ロングブレスは、激しい運動が苦手な方、
トレーニングにあまり時間を割けない方におすすめですよ♪

ロングブレスダイエットとは??


ロングブレスダイエットとは、美木良介さんが考案した、腹式呼吸によるダイエット法です。

意識的に呼吸のスピードを緩めて、老化を遅らせることを目的としています。

元々考案者の美木良介さんは、20年もの間、腰痛に悩まされていました。

そこで、美木良介さんは、腰痛を改善すべくロングブレスを取り入れたところ、

腰痛の改善だけではなく、1ヶ月で体重は13.5キロ減
体脂肪率は19%減ダイエットに成功してしまったのです!

試しに、昔の美木良介さんと現在の美木良介さんを比較してみましょう。

昔の美木良介さん

現在の美木良介さん

昔の美木良介さんも十分スタイルが良く、イケメンなのですが、
少し顔周りがふっくらしていますね。

それに比べ、現在の美木良介さんは、
痩せたどころか、顔がいきいきして見えます!

何度も言いますが、美木良介さんは特別に筋トレに励んでいたわけではなく、
ただ夢中になってロングブレス(腹式呼吸)をしていただけなのです!!!

驚くべきロングブレスの効果


考案者の美木良介さん自身がダイエットに成功したことで、
瞬く間にロングブレスダイエットは世間に広まりましたが、ダイエットの流行は変わりやすいもの。

一時期、ロングブレスダイエットは下火になってしまいました。

しかし!!
近頃、改めてロングブレスダイエットの素晴らしさが再注目されています。

やっぱりロングブレスダイエットがすごい!となる理由は何なのか、
ロングブレスダイエットの効果をお伝えします。

ロングブレスダイエットの効果①
インナーマッスルを刺激し、体内温度をアップさせる

ロングブレスは、全身に力を入れて呼吸する、いわば全身運動なのです。

特に、強い呼吸は、体の奥側の筋肉であるインナーマッスルを強く刺激するため、
筋肉の温度が上がります。

筋肉の温度が上がると、体内の温度が上がります(代謝が上がります)。

代謝が上がると、当然エネルギー消費をしやすくなりますから、
内臓脂肪を落とすことができます!!

ロングブレスダイエットの効果②
腹横筋を鍛えて、お腹をぺたんこに

お腹の奥にあり、お腹周りをガードするコルセットのような役割をしているのが腹横筋です。

腹横筋は、呼吸筋とも呼ばれ、強く息を吐く時に使われる筋肉です。

ロングブレスでお腹を強くへこませながら息を吐くと、腹横筋を鍛えることができるので、
下っ腹がへこんでいきます

ロングブレスダイエットの効果③
血行が良くなり、内臓機能を向上させる

ロングブレスで、大きく息を吸ったり吐いたりすることで、
横隔膜や、腹横筋の伸縮させることができます。

これらの動作を繰り返すことで、血行が良くなり、内臓機能を向上させることができます。

内臓機能が向上すると、むくみや冷えが改善されたり、
疲労を感じにくくなったりと、健康面でも嬉しいポイントがたくさんあります。

ロングブレスダイエットのやり方は?

ロングブレスのやり方①
基本の呼吸法

まずは、ロングブレスの基本的な呼吸法です。


①下腹部に力を入れて立ちます。
②足を前後にずらし、力を入れたまま後ろ足に重心を残します。
※このとき、前足から頭まで一直線になるような体勢になります。
③3秒で鼻から息を吸って、腕を大きく回して7秒で口から一気に息を吐きます。
④この呼吸法を、6回繰り返します。

ポイントとしては、
大きく呼吸するのを意識すること
お腹を緩めないこと(腹式呼吸が最重要!!)

高齢者の方や、筋力に不安のある方は、
椅子に座った状態でもロングブレスは効果があります。


椅子に座っていても、注意するポイントは同じです。

椅子に力を預けてしまい過ぎないようにしてください。

ロングブレスのやり方②
ウォーキング

ロングブレスには、進化版のロングブレスウォーキングバージョンもあります。

この方法は、美木良介さんのブログで紹介されていました。

①下腹部に力を入れます。
②4歩歩いたら吸って、6歩目で大きく吐きます。
③この方法で、30分以上歩きます。

お腹に力を入れることばかり意識してしまいそうですが、
肘を後ろにひねるようにすると、

よりくびれができやすくなります。

美木良介さん本人の動画ではありませんが、
わかりやすく解説されているので、

こちらの動画も参考にしてみてください。


ロングブレスのやり方③スクワット

ロングブレスには、筋トレの基本のスクワットと組み合わせたメニューもあります。

通常は立って行うスクワットを、椅子に座ってできる簡単なスクワットです。


①椅子に座ります。
②手を頭の横に持ってきて、振り子のように腕を振りながら立ちます。
③鼻で3秒息を吸って、再び座ります。
④同じ動作を、10回繰り返します。

立ち上がるときには、
前傾姿勢で7秒で息を吐きながら立つようにしましょう。

こちらのトレーニングも、
座れるからと言って、お腹を緩めないようにしてくださいね!

ロングブレスダイエットのスタジオはここ!

美木良介さんは、2013年5月にロングブレススタジオを開校しました。

ロングブレススタジオでは、
・美木良介さん本人も頻繁に登場
・美木良介さんがいない時も、美木良介さん公認のインストラクターのみが指導
・老若男女幅広い会員が多数
・美木良介さん独自の食事法も伝授

など、ロングブレスの指導以外にもうれしいポイントがたくさんあります。

↓ロングブレススタジオの詳細はこちらです↓

<料金例>
体験レッスン:5,500円
入会金:55,000円

<所在地>
〒107-0052
港区赤坂2-12-13UHA味覚糖赤坂ビル2F(旧国際本社ビル別館)
東京メトロ 南北線・銀座線 溜池山王駅11番出口すぐ
TEL:03-6441-2559 FAX:03-3583-2759

ロングブレス公式サイトでは、更に料金プランの詳細や、
会員の方の結果報告、体験レッスンの申し込みページも見ることができますよ!

美木良介さんは、ロングブレスの本も書いている!

美木良介さんのスタジオには、

経済的に通えない
遠方に住んでいる

等の方には、美木良介さんが書いている本がおすすめです。

①男性におすすめ

②軽い運動をしたい方におすすめ

美木良介さんが出している本はいずれもDVD付きなため、
間違った動作をする心配がありません。

女性向け、男性向け、アスリート向けと、
性別や目的によって、種類を選べるのもいいですね!!

ロングブレス公式サイトでは、
その他の種の書籍もご覧になれます。

【まとめ】ロングブレスは痩せる!腹式呼吸が重要

ロングブレスは、ダイエットに効果的な呼吸法ということがわかりました。

体幹トレーニングや、スクワットなどのトレーニング種目と合わせることで、
よりトレーニング効果を向上させることができます。

ロングブレスはダイエット効果だけではなく、
ストレス発散や、内臓機能の改善にも働きかけ、いいことづくしです♪

いきなりスタジオに通うのは…という方は、
まずは本の購入からしてみましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です