エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

内臓脂肪が多い人が汗っかきなの?汗と脂肪の関係性

これから段々暖かくなっていくと同時に気になってくるのが「」。

運動で出てくれた汗は気持ちがいいのですが、暑さからドロドロ吹き出してくる汗は本当に煩わしいですし、嫌になってしまいます。暑いと感じなくても、なぜか汗が出てくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「太っている人や内臓脂肪が多い人は汗かきだ!」なんてよく言われていますよね。

実は汗かきと一口にいってもさまざまなタイプがあるのです。

そこで今回は内臓脂肪と汗かきの関係性と汗かきの原因について紹介していきます。

この記事を読んだら、内臓脂肪が汗とどのような関係があるか理解できると思います。

特に「自分は汗かきだからデブなの?」「汗かきは代謝がいいの?」「内臓脂肪と汗って関係ある?」そんな疑問のある方に読んで欲しいです!

内臓脂肪の数値が高い人が汗かきなのは事実

汗かきの原因は大きく分けて次のようなものです。

  • 内臓脂肪が多い→体内に熱がこもり、体を冷やそうとするため
  • 皮下脂肪が多い→体内に熱がこもり、体を冷やそうとするため
  • 冷え性→余分な水分を身体の中に溜め込んでしまうため
  • 運動不足→使われない汗腺が衰えるため(全身ではなく体の一部だけ汗をかいてしまう)

汗をかきやすいといっても、原因は1つだけではないんですね。

内臓脂肪による汗っかきは代謝がいいと勘違いされやすい

「内臓脂肪による汗と皮下脂肪による汗は同じなのでは?」と疑問に思われた方も多いかと思います。

しかし、内臓脂肪は皮下脂肪に比べてなかなか外から見えにくいものです。

いわゆる皮下脂肪は少ないけど内臓脂肪が多い「隠れ肥満」の方は要注意です。

見た目は太っていないので、自分がただ代謝がいいと勘違いする人が少なくないようです。

実は内臓脂肪が多いことによる汗は、においが気になってしまうことがあります。

内臓脂肪が多くなると汗をかきやすい上に加齢臭の原因物質である「ノネナール」が増加し、汗から分泌されます。

「ノネナール」は年齢を重ねると共に増えてはくるのですが、血液中の脂肪が分解されてできるので体脂肪が多ければ若くても発生してしまいます。

自分が気づかないうちに周りの人に嫌なにおいを放っていると想像しただけで恐ろしいですよね。

内臓脂肪を減らす方法!

実は内臓脂肪は皮下脂肪より落としやすい。

だからこそ汗が気になる人は徹底的に落とすべきです!

以下では内臓脂肪を減らす方法について解説します。

内臓脂肪には有酸素運動が最強

内臓脂肪を減らすための運動として圧倒的にオススメするのが脂肪をエネルギーに変えて燃焼する有酸素運動。

もちろん、ジムに通ってマシーンで歩いたり泳いだりするのもOK。

しかし有酸素運動は日常生活にも取り入れやすく、続けやすいという点もオススメポイントです。

  • 1駅分歩く
  • エレベーターではなく階段を使う
  • 買い物は車を使わず自転車や徒歩など自分の力で行く
  • ダラダラ家の掃除をしない

などなど

日常で取り入れることができる有酸素運動は探せばキリがないです!

有酸素運動については以下の記事でも少し取り上げています。

スクワットの後にランニングをするとダイエットに効果的?痩せながら筋肉がつく?

有酸素運動を有効に行い、内臓脂肪を燃焼させましょう!

食事は食物繊維とタンパク質を意識する

食生活が乱れていれば内臓脂肪は減らすことはできません。

食事する上で注目して欲しいのは食物繊維とタンパク質です。

食物繊維は血糖値の急上昇を抑える効果があります。血糖値の急上昇は脂肪蓄積の原因になります。また、腸内環境も整うので肌荒れや便秘にも効果的。

なので普段の食事にサラダをプラスするだけで全然違いますが、特にオススメなのがきのこ類です!低カロリー、食物繊維豊富、免疫力アップ効果など多くのメリットがあります。

きのこ類についての詳しい情報は以下の記事で解説済みです。参考にしてください!

舞茸ダイエットのメニューとやり方!痩せない?効果ある? きのこダイエットで効果があるのはコレだ!痩せるメニューをチェック!

また、タンパク質は筋力アップを促してくれます。

有酸素運動による脂肪燃焼効率もアップするので、タンパク質も絶対欠かせません。

もちろん、糖質制限をすることも内臓脂肪を減らすのにとても効果的です。しかし、急には始められないし、我慢するのも嫌ですよね。

よって、糖質制限をする前に、まずは食物繊維とタンパク質を意識してみましょう!

たまにはサプリも活用しよう

内臓脂肪を減らすことだけでなく、ダイエットや筋トレは継続が最重要!

無理してストレスを抱えながら努力すると、いつか我慢の限界で過食やリバウンドに繋がります(←経験者です笑)

たまにはサプリメントという手段で息抜きしましょう。

世間には、多くの脂肪燃焼サプリが存在しています。そんな中でオススメなのが「食べながらダイエットできる」系のサプリ。

息抜きで食べ過ぎてしまっても、脂肪の分解をサポートしたり、脂肪になるのを防いでくれたりします。

代表的なのは以下のような商品です。

また、香料などが無添加のものも多いので安心して飲むことができます!

【まとめ】内臓脂肪を減らせば嫌な汗も出ないし健康も手に入る!

内臓脂肪は汗と密接な関係があることを分かっていただけましたか?

内臓脂肪が溜まっていたら健康にも悪いし、嫌なにおいのする汗も出やすい!

だから内臓脂肪を減らすことは、今後の健康にも、においのない爽やかな汗をかくためにも本当に重要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です