エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

コーヒーを飲むと内臓脂肪が落ちる?効果のある飲み物を他にもチェック

最近では特定保健用食品、通称「トクホ」と呼ばれる飲み物が増えてきましたよね。

トクホの商品は有効性、安全性などの科学的根拠を示して、消費者庁の許可を受けた食品のことを指します。

機能としては

  • 脂肪の吸収を抑える
  • 脂肪の吸収を抑え、排出を増加させる
  • 体脂肪を減らすのを助ける

などの働きを持っていることが発表されています。

トクホの商品は機能性の高さからどうしても普通のものを買うよりも値段が高いというのが弱点だと思います。

ではこのトクホの商品に負けないくらいの効能を持っていて、割と安価で手に入る飲み物があることをご存じでしょうか?

それが「コーヒー」なんです。

この記事ではなぜコーヒーが内臓脂肪を減らしてくれるのか。コーヒー以外にも内臓脂肪を減らしてくれる飲料を紹介していきます。

内臓脂肪って何のこと?脂肪にも種類がある!

内臓脂肪を落とすのにコーヒーが有効という話をする前に

そもそも内臓脂肪って何なんでしょうか?

脂肪には2種類あって

  • 皮下脂肪
  • 内臓脂肪

とに分かれます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

皮膚の内側につく「皮下脂肪」

全身の皮膚の下に蓄積される脂肪で女性につきやすい脂肪です。

お腹をつまんだりしたときに、掴める脂肪がこの皮下脂肪です。

皮下脂肪の役割は外部からの刺激や衝撃から身を守り、体温が失われないようにしてくれています。

エネルギーを長期的に備蓄するための脂肪なので分解されにくく燃焼しにくいのが特徴

その分一度皮下組織に脂肪として蓄えられると落としにくい脂肪となります。

掴むことは出来ない「内臓脂肪」

内臓を囲むようにつく脂肪で男性につきやすい脂肪といえます。

皮下脂肪とは違い内臓脂肪はつまんだりしても触ることは出来ません。

内臓脂肪の役割としては内臓を外部からの衝撃から守り臓器の位置が動かないように一定に保ってくれます!

必要なときすぐに使うための一時的な貯蔵なので分解されやすく燃焼しやすい性質をもっています。

どちらの脂肪から落ちていくの?

脂肪の性質で考えるとダイエットを始めた時に先に落ちるのは内臓脂肪です。

内臓脂肪は皮下脂肪よりつきやすく皮下脂肪よりも落としやすい脂肪といえます。

ダイエットを始めてウエストが細くなったなと感じるのに、まだつまめるな~と感じるのはこの法則があるためです。

脂肪燃焼するのにはまず内臓脂肪から減っていくので、トクホの飲み物でも

「内臓脂肪を減らす」という表記がしてあるのはこのためだったんですね!

コーヒーを飲むことで脂肪燃焼するのはなぜ?

では実際にコーヒーを飲むことでどのような効果が私たちの体には起こるのでしょうか?

コーヒーの脂肪燃焼に関わる成分は大きく2つあります。

  • カフェイン
  • クロロゲン酸

一つずつ働きを見ていきましょう。

コーヒーの脂肪燃焼効果①カフェイン

コーヒーと言えばカフェインと言われるほど有名な成分ですよね!

カフェインには覚醒作用があり、利尿作用もあるので老廃物を尿として排出してくれます。

アドレナリンの分泌を活発にするので脂肪燃焼リパーゼ(ホルモン感受性リパーゼ)が働き、身体にたまった内臓脂肪が脂肪酸とグリセリンに分解されます。

つまり内臓脂肪を分解しやすい物質に変換してくれるってことですね!

 

カフェインの更なる効果!褐色脂肪細胞を覚醒させてくれる!?

脂肪の種類が脂肪細胞にも2種類あるんです。

それが「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」です!

白色脂肪細胞

いわゆる脂肪と呼ばれるのがこれ。脂肪細胞の大半を占めており食事などから摂取して余ったエネルギーを蓄える役割をもっている。

褐色脂肪細胞

白色脂肪細胞とは反対の働きをしてくれている。脂肪を燃焼してエネルギーを作り出す役割をしている。

そしてカフェインにはこの「褐色脂肪細胞」を覚醒させてくれる効果があります。

具体的には体内の熱産生を促すことが19世紀末には分かっており、マウスの実験では褐色細胞からの熱の放出が増加することが報告されているんです!

脂肪を燃焼してエネルギー、熱を作り出してくれるカフェインはダイエットにはもってこいの成分ということですね!

コーヒーの脂肪燃焼効果②クロロゲン酸

クロロゲン酸というと難しく聞こえるかもしれませんが

いわゆるポリフェノールの一種です。

このクロロゲン酸の働きは食事から摂取した脂肪の燃焼を促し蓄積しにくくする効果があります。

この効果のおかげで肝臓に脂肪が溜まって脂肪肝になるのを防ぐ働きがあります。

具体的には脂肪燃焼装置であるミトコンドリアに脂肪が取り込まれるように手助けすることで体に脂肪が蓄えられないようにしているんです!

クロロゲン酸の働きは花王さんが分かりやすく動画にしてくれているのでぜひこちらの動画をご覧下さい。

コーヒーの正しい飲み方

ここまでの説明でいかにコーヒーが内臓脂肪を減らすのに有効なのかは分かっていただけたと思います。

ただコーヒーを飲んでダイエットを狙うのであれば何点か注意すべきポイントがあるんです。

コーヒーの飲むポイント①ブラックコーヒーで飲む

砂糖やミルクを一緒に入れて飲んでしまうと、カフェインが脂肪を分解する前に砂糖の糖質の吸収のために使われてしまいます。

そのため体内の脂肪の出番がなくなってしまうんです。

ですからコーヒーを飲むときはブラックで飲むようにしましょう。

コーヒーの飲むポイント②頻度をあげる

カフェインの効果は体内に入って最大約3時間程度効果があるとされています。

逆に言えば3時間を超えると効果が消えてしまうんですよ!

常に体内にカフェインがあった方が脂肪燃焼という観点ではいいといえますね!

そのため一日の内で何度か分けてコーヒーを摂取しましょう。

コーヒーの飲むポイント③運動を取り入れる

脂肪酸に分解してくれることは先ほども紹介しましたが飲んですぐ分解が始まるわけではないんです。

コーヒーを飲んでから20~30分後ちょうど脂肪酸が分解される頃に運動することで脂肪燃焼効果が高まるんですね!

この脂肪酸 運動で使わなければ肝臓で合成されて内臓脂肪に逆戻りしてしまうんです。

そのため運動を取り入れることが必要です!

コーヒーを飲んでゆっくりしたらちょっと散歩に行ってみるとかでもいいかもしれませんね!

コーヒーの飲むポイント④過剰摂取しないように注意する

コーヒーを飲んで痩せるぞ!と思ってもコーヒーの飲み過ぎ注意です。

アメリカ食品医薬品局のガイドラインによると一日のカフェイン摂取上限は400mgとされています。

コーヒー100mgには約60mgのカフェインが含まれている為一日に4~5杯をこまめに飲むのがいいでしょうね!

コーヒー以外のオススメの飲み物

ここまでコーヒーが内臓脂肪を減らすのにとても有用な飲み物だということが分かったと思いますが

コーヒー以外のオススメの飲み物もご紹介します。

内臓脂肪を減らす手助けをしてくれる飲み物①水

人の体は約60%水分で出来ています。

それだけでも水がどれほど体にとって重要かは分かっていただけると思います。

水を飲むことで体内の不要な脂肪を排出しやすくしてくれます。

また白湯を飲むことで、体内特に内臓を温めるので血行が良くなり不要な脂肪が体外へ出ますし、新陳代謝も良くなります。

ここで注意点なのですが冷たい水(特に氷水)は逆に体内を冷やしてしますので内臓脂肪を減らすという点ではふさわしくありません。

内臓脂肪を減らす手助けをしてくれる飲み物②杜仲茶

ダイエット関連の飲み物でよく名前のあがるお茶です。

杜仲茶内に含まれているゲニポシド酸と呼ばれる成分が脂肪分解の効果があると言われています。

内臓脂肪を減らす手助けをしてくれる飲み物③トクホ関係のお茶


最近ではスーパーやコンビニでも気軽に手に入るようになったトクホのお茶は

国がその効果を認めているので間違いありません。

普通のお茶よりも高価なもののことが多いので続けるという点では少し難しいのかもしれません。

また基本的にはコーヒーと同じで過剰摂取してしまうと体になんらかの弊害が起こるため

用法用量には注意しましょう。

ここまでは内臓脂肪を減らしてくれる役割をしてくれる飲み物を紹介しましたが

逆に内臓脂肪を増やしてしまう可能性のある飲み物も紹介します。

逆にあまり飲むべきではない飲み物

内臓脂肪を増やしてしまう飲み物①炭酸飲料(ジュース)

炭酸飲料にはかなり大量の砂糖が使用されており、内臓脂肪が増える原因になる可能性があります。

もちろん一緒にケーキやスナック菓子などを食べてしまうとそれも太る原因となります。

内臓脂肪を増やしてしまう飲み物②酒(アルコール)

アルコールはほんの少しの量なら問題ありませんが

毎日のように大量に飲んでいると内臓脂肪が増える原因になります。

私が過去にお酒を飲みながら痩せた経験を書いた記事があるのでこちらも合わせてチェックしてみて下さい!

ダイエット中にお酒がやめられない!そんな私が20キロ痩せた方法!

内臓脂肪を増やしてしまう飲み物③コーヒー(ブラック以外)

気軽に飲める缶コーヒーですが微糖と書かれている物でも大量の砂糖が入っています。

先ほども説明しましたが砂糖ゼロのものでもミルクが入っていたりするとコーヒーの内臓脂肪を減らす効果をなくしてしまいます。

飲むのであればやはりブラックで飲みましょう!

[まとめ]コーヒーは内臓脂肪を落とすのに有効な飲み物!上手に活用していこう!

コーヒーを定期的に飲むことで内臓脂肪を落とす効果があることが分かったと思います。

飲み過ぎは体に良くないですが、過剰摂取しなければあなたのダイエットの強い味方になってくれるはずです!

ぜひ今日からコーヒーを飲むようにしましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です