エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

パプリカの栄養に色の違いは関係ある?ピーマンとの違いについてもチェック

色とりどりで食卓をカラフルに彩ってくれる「パプリカ」

ピーマンと違って甘みが多いですから、子どもたちも食べやすい野菜ですよね!

また、盛り付けや調理次第で食感や味も変えることができる優れものです。

実は、パプリカはとっても栄養豊富な食べ物であることをご存じですか?

今回は、そのパプリカの栄養素や色ごとの違いについて徹底解説していきます!

パプリカの栄養に色の違いは関係ある?

カラフルなパプリカですが、実は色によって栄養や体に与えてくれる影響が違ってきます。

しかし色によらず、パプリカには共通して以下のような栄養素が含まれています。

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カリウム
  • β-カロテン

特にビタミンCはパプリカに多く含まれており、それはピーマンの約3倍と言われています。

ビタミンCの効果

  • 抗がん作用
  • 免疫力アップ
  • 美肌効果
  • ストレス緩和
  • 脂肪燃焼

ちなみにビタミンCは体内でつくることができず、積極的に摂取していきたい栄養素です。摂取されたビタミンCは吸収率約90%ですが、すぐに排尿されてしまうので、摂取しすぎるということはありません。

ビタミンCについては以下の記事でも解説しています。参考にしてください。

アセロラダイエットは効果ある?ビタミンCが豊富で体に良い!

また、ビタミンEは抗酸化作用があり、老化の原因になる血液中の活性酸素を除去してくれます。血液循環を良くする効果もあるので、冷え性改善や集中力アップにも効果的です。

カリウムはナトリウムを排除する役割があります。つまり、摂り過ぎた塩分を除去してくれるので高血圧の改善に効果的です。

β-カロテンは体内でビタミンAに変換され、それは生活習慣病の予防や免疫力アップを促します。

ビタミンCと同様、ビタミンE・カリウム・β-カロテンは過剰摂取してもすぐに排出されるので、積極的に摂っていきたい栄養素になっています。

では、色による違いを紹介していきます。

パプリカには世界的にみると8種類の色があるということなのですが、ここでは日本でよく販売されている赤・黄色・オレンジの3種類を紹介します。

赤いパプリカは代謝アップ効果に最適

赤い成分は唐辛子と同じカプサイシンと同じ成分です。

このカプサイシンは代謝をよくしてダイエット効果を促したり、冷え性を改善してくれたり、美白効果があったりと女性にはうれしい影響がたくさんあります。

黄色いパプリカは疲れた体を休めてくれる

黄色いパプリカでは特にα-カロテンという成分が多くみられます。

これは抗酸化作用があり、特に目の疲労回復に大きく関わってきます。スマホやPCで疲れている現代だからこそ、食べておきたいですね!

オレンジのパプリカは赤と黄のパプリカ両方の栄養素を持つ

オレンジのパプリカには赤と黄色の両方のいいところを持ち合わせています

赤+黄=オレンジ、だから当然ですよね!

特にビタミンEが多く含まれており、若返りやアンチエイジング効果大です!

パプリカはピーマンとどう違うの?

では、パプリカはピーマンとどう違うのか、という疑問をお持ちの方も多いと思います。

パプリカとピーマンは同じナス科トウガラシ属の一種です。

ちなみにですが、、、ピーマンとパプリカは同じ白い花を咲かせます!

味の違いとしては、パプリカは甘みが多いのに対してピーマンは少し苦い。また見た目は、パプリカが肉厚でピーマンは薄いという感じでしょうか。

ここでは、味や見た目では分からない2つの違いについて紹介します。

パプリカはピーマンより糖質が多め

パプリカはカロリーは低く、ダイエットに適していることで有名です。

でも実はパプリカはピーマンより糖質が多いという特徴があります。

ピーマンは150gあたり約4gの糖質量なのに対してパプリカは約8gと、約2倍もの差があります。

パプリカ自体が他の食べ物に比べて糖質量がとても高いということはありませんが、組み合わせによっては高くなってしまう可能性があります。

ダイエット中でカロリーが低いからといって食べ過ぎは禁物です。

パプリカには栄養がたくさんが入っていますから、適量食べれば十分だということを覚えておきましょう!

糖質制限ダイエットは痩せないしデメリットの方が多い?筋肉も落ちる。

加熱調理するならパプリカよりピーマン

パプリカは長時間加熱してしまうと、栄養素が破壊されてしまいます。

パプリカは生でサラダにのせたり、さっと炒めて調理するのがベター。オリーブオイルと食べるとβ-カロテンの吸収率もアップします。

逆にピーマンは苦みが多いですから、長時間加熱する料理であればピーマンを使った方が苦みも抑えられて食べやすくなります!

【まとめ】美容・ダイエット・健康にはパプリカがおすすめ!

パプリカの主な栄養素

  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • カリウム
  • β-カロテン

パプリカの色別役割

  • 赤色・・・ダイエット・冷え性改善・美肌効果
  • 黄色・・・目の疲労回復
  • オレンジ色・・・若返り

このように、パプリカは健康・ダイエット・美容にとって最強な食べ物であります!

是非カラフルなパプリカを使って、日々の生活と食卓を彩ってみてはいかがでしょうか?

野菜に関しての記事も書いているので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

食事前キャベツダイエットで痩せろ!食べ過ぎを防ぐ満腹感を得られる食べ方についてもチェック ブロッコリー ダイエットは筋トレにも効果的?オススメスープレシピについてもチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です