エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

つま先立ちスクワットは美脚に効果的?その他のメリットも凄い!?

女性なら誰だって、モデルのような細くて綺麗な脚に憧れますよね!

もちろん、モデルの人たちは、食事制限やマッサージなどの体調管理もしていますが、
美しくウォーキングするための、脚の筋肉が発達している事でも知られています。

モデルのような細くてスラっとした脚には、
つま先立ちスクワットが効果的なんです。

この記事では、つま先立ちスクワットとは?、つま先立ちスクワットのメリット、やり方、ポイントなどをお知らせします。

マッサージだけしていても、脚は一向に細くなりません!
一緒にトレーニングも行いましょう。

つま先立ちスクワットとは?!

つま先立ちスクワットとは、文字通り、つま先立ちでスクワットをすることです。

そのままですね(笑)

通常のスクワットと違う点は、効かせる部位にあります。

通常のスクワットでは、大腿筋、大臀筋、ハムストリングス、体幹といったところですが、
つま先立ちスクワットでは、通常のスクワットで効く部位に加えて、ふくらはぎにも効かせることができます。

こうして、つま先立ちスクワットは、
脚の筋力向上の役目を果たしてくれるのです。

それに、通常のスクワットと比べて、重さを使わなくても負荷をかけることができるので、
初心者にも優しいトレーニングです。

足はなぜ太くなる??

そもそも、なぜ脚だけ太い人が存在するのでしょうか。

ウエストはくびれていても、下半身はがっちり見えたり、
反対にぽっちゃり体型でも、脚はそれほどでも無い人もいます。

一般的に、脚が太くなる理由は、骨盤の歪み、冷えやむくみ、筋力のなさが原因です。

骨盤の歪みに関しては、骨盤が歪んで、余計な部分に脂肪がついてしまっているからなので、
こればっかりは、整体で治してもらうか、自身の日々のクセを見直すしかありません。

しかし、冷えやむくみ、筋力のなさによる脚の太さは、
つま先立ちスクワットで改善することができるんです!!

なぜ、つま先立ちスクワットで、冷えやむくみの改善ができ、筋力向上ができるのか。
この後、詳しく書いていきますね!

つま先立ちスクワットのメリットは?

つま先立ちスクワットは、美脚にとても効果的であることはなんとなくわかりましたね。

しかし、それだけでは、通常のスクワットと何ら変わりはなさそうですし、
つま先立ちスクワットにこだわる必要もなさそうです。

そこで、ここでは、つま先立ちスクワットならではの効果もご紹介します!

つま先スクワットのメリット①
むくみの改善

先程、脚が太くなる原因は、冷えやむくみによるものもあると言いましたが、
つま先立ちスクワットで、これらを改善することができます

つま先立ちスクワットで鍛えられる筋肉の中に、ふくらはぎの筋肉があります。

ふくらはぎは第二の心臓と言われるほど、体の中では非常に重要な部位であり、
全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。

ふくらはぎの筋肉が発達していない方は、この血液を送り出す能力が低いため、
脚が冷えて、むくみやすいと言われています。

反対に、ふくらはぎの筋肉を発達させることで、上手く血液を送り出すことができ、
脚がむくみにくくなります。

むくみか脂肪か見分ける方法は、脚を握った時に手の跡がつくかどうか、日や時間によって脚の太さが変わるかどうかです。

手の跡が白く残ったり、日や時間によって脚の太さが変わるようなら、
あなたはむくみにより脚が太いと言えるでしょう。

つま先スクワットのメリット②
全身の引き締めができる

スクワットと言うと、下半身トレーニングのイメージがありますが、実は、スクワットは、全身運動なんです。

つま先立ちスクワットでは、お尻や太ももなどの体の中でも、比較的大きい筋肉を鍛えることができます。

大きい筋肉を鍛えると、それだけ筋肉量がアップし、代謝が上がります。
代謝が上がると、脂肪燃焼をしやすくなり、自然と痩せやすい体になっていきます。

当然、脂肪は下半身だけについているわけではないので、全身痩せにつながります!

それに、つま先立ちスクワットは、バランスを保つのに体幹を使うので、
腹筋を鍛えやすいのもメリットの一つですね。

つま先スクワットのやり方は?

それでは、つま先立ちスクワットのやり方を見てみましょう。

ダンベルや、ゴムチャームなどの道具は必要ないので、非常に簡単に始めることができます。

動画を参考に、15回×3セット目安から始めましょう。

初心者の方は様子を見ながら行ってください。

つま先スクワットのやり方①
つま先立ちスクワット

<つま先立ちスクワットのやり方>

①足を肩幅に開き、手を前に出すか、腰に当てます。
②つま先立ちをします。
③お腹に力を入れ、腰を後ろに反らせながら、ゆっくり腰を落とします。
④太ももが床と平行になるくらい腰が落ちたら、そのまま上体を上げていきます。

この時、背中が丸まらないように、
お腹に力を入れることを特に注意してください!

つま先スクワットのやり方②
つま先立ちスクワット(内もも編)

<内ももに効くつま先立ちスクワットのやり方>

①かかとを合わせるように立ちます。
②腰に手を当てて、かかとを引き上げながらゆっくり腰を落とします。
③ひざが「くの字」のようになったら、上体を上げていきます。

こちらのスクワットは、腰を反らすのではなく、
床に向かって、まっすぐ腰を落とすようにしてください。

つま先スクワットの注意点は?

つま先立ちスクワットは、初心者にも始めやすいトレーニングと言いましたが、
やるにあたって、いくつかの注意点があります。

効果的なトレーニングを続けるためにも、以下の点に注意してみてください。

つま先スクワットの注意点①
フォームを意識する

つま先立ちスクワットで重要なのは、正しいフォームで行うことです。
スピード速くしたり、単に回数を重ねるだけのつま先立ちスクワットは、全く意味がありません。

軽く腰を反って、お腹に力を入れて、顎は自然に引き、全身の力で体を引き上げるようにします。

背中が丸まっているとバランスが取りにくいですし、つま先の力だけであげようとすると、つま先や脚の裏ばかりが痛くなってしまいます。

全身鏡があるなら、その前でフォームを確認しながらやるのもいいですね。

つま先スクワットの注意点②
ケガ、無理をしないようにする

つま先立ちスクワットは、ダンベルなどの重さは扱わないものの、
つま先立ちということで、バランスを保つ必要があります。

そのため、バランスを崩すとケガをしやすいというのが難点です。

床を傷つけたくなかったり、あまり物音を立てたくない場合は、
滑りやすいタオルではなく、ヨガマットを下に敷いてくださいね。

バランス力に自信のない方は、手すりや壁に捕まりながら、コツを掴んで行ってもいいでしょう。

つま先スクワットの注意点③
長く続けること

つま先立ちスクワットは、重さを使ったトレーニングと違って、
すぐにひどい筋肉痛になったり、急に脚が細くなるといった、
急激な変化は訪れにくい種目です。

これは、どのトレーニングでも大切なことなのですが、つま先立ちスクワットは継続が必要です。

最低でも、3ヶ月続けてから諦めてください(笑)

それに、できるなら毎日やってほしいです。
(もちろん、脚を痛めた場合や、疲れがひどい時は無理をしないように)

トレーニングって習慣化すると、物足りなくなり、気がつけばもっと上のレベルを目指したくなるものです!
それまでは、まずつま先立ちスクワットを習慣にすることを目標にしましょう♪

【まとめ】つま先立ちスクワットは美脚に効果的!無理なく続けよう

つま先立ちスクワットは、太もも、ふくらはぎを中心に鍛え、美脚に効果的なことがわかりました!
それに加えて、むくみ改善や、全身痩せを期待できるのも嬉しいですね⭐︎

初心者に優しいトレーニングではありますが、バランスが取りにくい種目でもあります。
無理をせず、少しずつ力をつけていきましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です