エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

【女性必見】女性が筋トレを長続きさせるコツは何?目的意識と習慣化がポイント?

ダイエットのために筋トレをしなければならない!

他にも、習い事のダンスのため、日々の健康維持のため、などそれぞれ理由を抱えていると思います。

「でも三日坊主どころか、一日で断念を繰り返している…。」

そんな方も多いはずです!

今回は、10キロのダイエットに成功し、現在もダンスのために筋トレを続けている私が、長く続けるコツをお教えします!

 

普段から筋トレをしたことが無い女性や、ダイエッターさんは必見です!

女性が筋トレを長続きさせるコツは?

男性は高校生時代の部活の習慣ジムに通っているなど、女性より筋トレを続けることが比較的簡単です。

また、
すればするほど体を鍛えることができ、成果も見えやすいのも理由だと考えられます。

 

ですが、
女性は今まで筋トレをしたことが無い方も多く、成果も見えづらいため長続きはあまりしないのではないでしょうか?

 

そこで、
私のおすすめの方法は「SNSに目標と、やったことを書き込む」ということです!

「それだけ?」
「有名な方法だね」

と思う方もいらっしゃると思います。

ですが、
実際私はこれで10キロのダイエットに成功しました!

 

ポイントは、

  1. 嘘は書かない
  2. 食べ過ぎ、筋トレをしなかったなども書き込む
  3. ほんのわずかな努力でも書き込む

ということです。

女性は男性よりも承認欲求が高く認められることによって継続しやすくなります。

また、
あくまでもSNS上で赤の他人のため、ミスも恥ずかしがらずに書き込むことができるはずです。

目的意識が無いと筋トレを長続きさせることはできない!?

筋トレはもちろん、今まで行っていなかったことを習慣づけるということはものすごく労力と気力が必要です。

そのため、筋トレは目標や目的意識があったほうが続きやすいです。

仮に「毎日筋トレをする!」という目標があったとして、目的がない場合途中でしんどくなった時に辞めてしまうことが多いです。

必ず、しんどい時期はやってきます。

 

そんな時に

  • 「あのモデルさんみたいになりたい!」
  • 「ダイエットに成功して周りを見返してやる!」

などの目的があると、続けやすいです。

女性が筋トレをやる意味とは?どんな効果があるの?

女性は、男性とは違いゴリマッチョになることはありません。

ですが、
腹筋が割れていたり、腕の筋肉がすごい女性をSNS上で見かけることもありますよね。

厳密にいうと、なることはできます。

ですが、
そのためには男性以上の努力が必要になります。

そのため、一般女性はマッチョになることを心配しなくても大丈夫です。

実際、私も最初は「筋トレなんて…運動している人がやるものじゃないの…?マッチョより細くなりたいんだけど…」と考えていました。

ですが、
やり始めてもマッチョになることはなく、ボディキープをすることができています!

 

私の経験上、一般女性が筋トレをすることによって得られる効果は主に三つあります!

一つ目は、新陳代謝を上げることです。

筋トレにより筋力がつくことによって、普段に加え運動するときの消費カロリーがアップします!

つまり、同じ量の運動を行う場合でも、筋トレをしている人のほうが早く痩せることができるのです!

 

二つ目は、ボディメイクに役立つということです。

キュッとしたお尻や、引き締まった足を手に入れることができます!

水着を着ても恥ずかしくない体系になれます!

私は、「筋トレをしている」ということも自信の一つになり「今の体系を見られては困る!」とは思っていません。

 

三つ目に、なんと、老化を防ぐことができます!いわゆるアンチエイジングですね。

実際、お年寄りの方が転倒防止のためにスクワットをしています。まだ若いから関係ないと思う方もいらっしゃると思いますが、年を取るごとに確実に筋肉量は減っていきます。

そのため、若い時期に筋肉をストックしておくことがポイントとなります。

このように、筋トレは女性にもたくさんのメリットがあります!また、あまり行っている方がいないからこそ、他の女性より優位に立つことができますよ!

筋トレを習慣化させるために意識すべきこととは?

ネットには、ルーティンを作ったほうがいいと書かれていることも多くあります。

実際それで成功している方も多いとは思いますが、この記事を読んでくださっている方は、何回もその方法に挫折していると思います。

そこで、
私は「ながら」で好きな時に筋トレをすることをお勧めします。

 

わざわざ「筋トレ時間」というものを設けないことで、筋トレを行うハードルを下げます。

例えば、
私は「スマホを触っているときは〇〇をする。」などと決めて行っていました。

これが筋トレが比較的気楽に継続して続けるコツです。

無理して続ける方法は、絶対続かないのでご自身のペースで行うことが一番です!

まとめ

  1. SNSを活用してみる。ミスも包み隠さず書き込む
  2. 目標とは別に、目的意識もあるほうが筋トレは続きやすい
  3. 女性にも、筋トレをするメリットがたくさんある
  4. 筋トレは時間を区切ってやる必要はなく「ながら」でいい

女性も筋トレを少しずつ行っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です