エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

舞茸ダイエットのメニューとやり方!痩せない?効果ある?

糖質ゼロダイエット、寒天ダイエット、野菜のみダイエットなど、
巷にはさまざまなダイエット方法が横行していますよね。

しかし、食べることが大好きな筆者は、
食事制限をしたり、ある食品に限定するダイエットはなかなか続きません。
それどころか、我慢していた反動で爆食いをし、かえって太ってしまっていました(笑)

そんな食べることが好きな私でも、続けられそうなダイエットを見つけました!

その名も、舞茸ダイエットです!!!
舞茸には、ダイエットにうれしい要素だけではなく、健康や美容にもいい成分が含まれており、
ダイエットに関係なく積極的に摂りたい食材なのです。

そこで、この記事では、舞茸がダイエット向きな理由、舞茸ダイエットの方法、効果を持続させるポイントを書いていきます。

これまでの無理なダイエットを卒業して、
楽しく、健康的なダイエットを目指しましょう♪

舞茸はダイエットに効果あり!理由は??

舞茸は、ダイエットの手助けをしてくれる働きがあります。
そもそも、舞茸自体が100gあたり16kcal程度しかない、低カロリー食品なのです。

キノコ類はなんとなーく、体にいいとは言われていますが、
キノコの菌がどんな働きをしてくれるかは、あまりわかりませんよね。

舞茸には、βグルカン、ナイアシン、エルゴステロール、酵素エンドペプチダーゼ、MD-フラクション、キノコキトサン、MX‐フラクション、ビタミンBなど、たくさんの栄養素が含まれています。

この中でも、特にダイエットに良い栄養素をご紹介します。

舞茸の栄養素①βグルカン

舞茸には、βグルカンという食物繊維が含まれています。
舞茸のβグルカンは、不溶性のβグルカンで、腸内環境を整えてくれる働きがあります。
そのため、便秘に悩む方や、むくみがつらい方には、老廃物を流してくれるので、うれしいですよね。

舞茸の栄養素②ナイアシン

ナイアシンは、キノコ類に多く含まれている栄養素なのですが、舞茸に含まれているナイアシンは、
キノコ類の中でもトップクラスと言われています。
ナイアシンは、炭水化物、脂質、タンパク質の代謝を促進してくれ、ダイエット中に積極的に摂りたい栄養素ですね。
また、ナイアシンは皮膚や粘膜を保つ効果もあるため、肌荒れから回復させてくれます。

舞茸の栄養素③キノコキトサン

キノコキトサンは、その名の通りキノコに含まれる栄養素です。体内の中性脂肪を減少させ、脂肪の吸収を妨げる働きをしてくれます。
また、動脈硬化にも効果があり、血液をサラサラにしてくれます。

舞茸の栄養素④MX‐フラクション

あまり聞きなれない栄養素ですが、MX‐フラクションは体内のコレステロールや脂肪を分解してくれ、太りにくい体づくりをサポートしてくれます。
代謝が上がり、老廃物の排出もスムーズにしてくれるので、こちらもダイエット中に積極的に摂りたい栄養素ですね。

舞茸ダイエットのやり方は??

舞茸のダイエット効果がわかったところで、
さっそく舞茸ダイエットに取り掛かりましょう♪

舞茸ダイエットのやり方は、まず7日間舞茸を食べ続けるだけという簡単なものです。
舞茸ダイエットをする際は、以下のポイントに気をつけましょう。

舞茸ダイエットのやり方①
一日の舞茸の摂取量

30~50g(約半パック)が目安です。一日にそれよりも多くの舞茸を摂取してしまうと、お腹が緩くなる場合もあります。
量を増やしたいときは、様子を見て少しずつ増やしていきましょう。

舞茸ダイエットのやり方②
調理方法

舞茸はサラダ、煮物、付け合わせなど用途はさまざまですが、舞茸に含まれるMX-フラクションは、
高熱に弱い性質を持っています。

ダイエットにうれしい効能がなくなってしまうのはもったいないので、
スープや、ホイル焼き、あえ物など、高熱で調理をしない方法で舞茸を摂取しましょう。

舞茸ダイエットのやり方③
他の食事とのバランス

舞茸ダイエットとはいえ、舞茸だけ食べればいいわけでもありませんし、
舞茸を食べているからとはいえ、他は何でもOKというわけではありません。

テレビ企画のように、主食を舞茸に全部置き換えるなどのやり方は、確かにすぐに効果が出ます。
しかし、ストレスや体への負担が大きいため、長続きしません。
前の食事に戻せば、体重も元通りです。

一方で、舞茸を食べていることだけに安心してはいけません。
あくまで、いつもの食事に舞茸をプラスして、効果を増進させるという認識が必要です。

効果を持続させるポイント!

通常、舞茸ダイエットは7日間を目安と言われていますが、
一瞬痩せるだけではなく、効果を持続出来たらうれしいですよね。

ここでは、舞茸ダイエットの効果を7日間以上持続させる方法をお教えします☆

舞茸ダイエットの持続法①
量を減らして継続する

舞茸ダイエットは7日間が目安と言われているのは、お腹がゆるくなってしまうことにあります。
それは、普段舞茸を食べていない人が、急に約半パックもの舞茸を食べるからですよね。

なので、1日の摂取量を3分の1くらいに減らして、舞茸ダイエットを続けてみましょう。
必ずしも、たくさん食べればいいわけではないので、
少しでも舞茸の栄養を体に取り入れることが重要です。

と言っても、お腹の調子は日や、個人によって違うので、
自分の体と相談して、舞茸の量を決めましょう。

舞茸ダイエットの持続法②
レシピを工夫する

食材にこだわったダイエットで、一番怖いのが飽きてしまうことです。

ボディビルダーや、モデルの方みたいにプロ意識が強ければいいのでしょうが、
あそこまで一般人がストイックに追い込むのは難しいですよね。

そこで、飽きないようにレシピの工夫が大切になってきます。

こちらの記事では、舞茸の成分を損なわないダイエットメニューを紹介しているので、
あわせてご覧になってみてくださいね♪

【ダイエットに効果アリ】舞茸のホイル焼きメニューをチェック!

舞茸ダイエットの持続法③
運動や他のダイエット法と並行する

これは人によるかもしれませんが、舞茸に飽きてしまったとき、やる気が起きないときのために、
逃げ道を作っておくことをおすすめします。

例えば、今日も舞茸は少し飽きたから、違うきのこに変えてみよう。とか、
今日はとにかく好きなものを食べて、そのぶん運動を増やそうと言った、気分転換のようなものです。

しかし、いわばチートデイのようなものなので、
次の食事からは舞茸ダイエットを再開しなくてはなりません。

自分で自分をコントロールできる方におすすめの方法ですね(笑)

【まとめ】舞茸はダイエット効果あり!でも長期継続が必要。

舞茸には、βグルカン、ナイアシン、エルゴステロール、酵素エンドペプチダーゼ、MD-フラクション、キノコキトサン、MX‐フラクション、ビタミンBなどの栄養が含まれており、
食べ方次第では、ダイエットに効果的な食材であることがわかりました!!

ただたくさん食べるだけではなく、
量や調理方法の工夫もしていくことが、更なるダイエット効果の増進になります。

筆者はダイエット目的というより、舞茸の触感が好きすぎて、今ではかかせない食材になりました(笑)
はまってしまうのも、ダイエット成功の秘訣かもしれません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です