エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

チョコレートでダイエットできる方法やレシピがある?でもやっぱ食べ過ぎはるのダメ?

残すところあと一ヶ月程度でバレンタインがやってきます。

店頭に行くと数多くのチョコレートが並んでいますね。テレビでもこの時期はよく特集されるほどです。

甘いチョコレートはダイエット中のみなさんにとっては大天敵だとおもいますよね?

でも、チョコレートだったらダイエット中に食べてもいいなんていう情報もあります。

ここで今回は、チョコレートでダイエットできる方法やレシピについてご紹介していきます!

チョコレートでダイエットできる方法やレシピがある?

チョコレートがダイエットにいいということはなんとなく分かるけど、具体的にどんな食べ方をしたらいいか分からない人は多いと思います。

ここで、チョコレートの賢い食べ方についてご紹介します!

注目すべき成分はカカオポリフェノール

まずチョコレートダイエットにおいて、最も重要なチョコレートの成分は「カカオポリフェノール」です。ポリフェノールはよく赤ワインに含まれていることは知られていますが、通常食物から摂取しにくい成分です。

このカカオポリフェノールには以下のような素晴らしい効果が得られます。

  • 食欲を抑えてくれる
  • 便秘解消
  • むくみ解消
  • 代謝アップ
  • ストレスの緩和
  • 美肌
  • 高血圧・動脈硬化予防

また、チョコレートにはポリフェノールだけでなく、ダイエット中に最適な食物繊維、タンパク質、ビタミン・ミネラル類が豊富に含まれているのです。

だから、ダイエット中チョコレートは避けるのではなく、むしろ積極的に摂取したい食べ物なんです。

チョコレートはカカオ70%以上を選ぶ

もちろん、どんなチョコレートを食べてもいいというわけではありません。

カカオ成分の割合が書いてあるチョコレートを選びましょう。

カカオ70%以上であったら問題ありません。

このようなチョコレートはコンビニやスーパーでも販売しています。

もちろん80%や90%でもいいですが、かなり苦みが強くなってきます。チョコレートの独特な苦みが苦手な人は70%程度でも大丈夫だと思います。

注意してほしいのは、ダークチョコレートやビターチョコレート。カカオ成分が多いように聞こえますが、そうではない場合もあります。

きちんとカカオの成分割合が表示されていることが大事なんです。

小腹が空いたときに食べるのがオススメ

チョコレートは1日の内にいつ食べなければいけないという決まりは特にありません。

ダイエット中ということで小腹が空くのはつらいです。だから、小腹が空いたときに食べるのがおすすめです。食物繊維やタンパク質も豊富なので空腹感を抑えてくれます。

また、先に述べたようにカカオポリフェノールにはストレス緩和の効果もありますので、リラックスしたい時や集中したい時にも取り入れてみましょう。

でもやっぱチョコレートを食べ過ぎはるのダメ?

チョコレート好きは、チョコレートでダイエットができるなんて本当に幸せですよね!

でも、食べ過ぎは注意なんです。

チョコレートの摂取目標は1日30g程度

元々チョコレートというものは「脂質」が多い食べ物です。

実はチョコレートのカカオ成分が多くなればなるほど、チョコレートの脂質の割合がさらに多くなります。

摂取カロリーは食べるものによって変わってきますが、目標は1日30g~40gです。

チョコレートにダイエット効果抜群の成分がたくさん入っていたとしても、適切な量でなければダイエットはできません。

食べすぎ防止のためには、小分けのものを買ったりして工夫してみましょう。

また、間食で摂取するカロリーから逆算して1日の摂取カロリーをしっかり管理することも重要ですよ!

【まとめ】チョコレートは上手に食べてダイエットを成功させよう!

チョコレートのカカオポリフェノールがダイエットに与える効果

  • 食欲を抑えてくれる
  • 便秘解消
  • むくみ解消
  • 代謝アップ
  • ストレスの緩和
  • 美肌
  • 高血圧・動脈硬化予防

チョコレートは正しい知識で賢く摂取すれば、ダイエットの強い味方になること間違いなしです!

あなたもチョコレートでダイエットを成功させましょう!

コーラ500mlに含まれる砂糖の量がめっちゃ凄い!角砂糖何個分!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です