エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

くびれの位置が違う!なぜか高い?左右差のずれの原因はなにか?

女性らしいくびれが欲しいと一念発起して、トレーニングと食事を頑張り、ようやくくびれを手に入れた!!

と思いきや、
なんだか美しくない
くびれ方が左右アンバランス…
と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

わかります。せっかくくびれたのに見栄えが良くないと、努力が無駄になった気がしてショックですよね。
そこで、この記事では、どうしてくびれに左右差が出るのか直し方はあるのか?トレーニングで気をつけるポイントなどを紹介します。

人間ですから、多少の左右差はあるもの。
それでも出来るだけいいフォルムを作るために、出来ることを始めましょう!

くびれの左右差はなぜ出る??

まずは、くびれがどうして左右差が出てしまうのかを知りましょう。
できることなら、対策を新しく始めるよりも、原因を知って、その原因を潰していくほうが簡単ですよね。
ここで言う、くびれの左右非対称とは、くびれている位置が違う、くびれ具合の大きさが違う、左右どちらかのみくびれている
ことを指しています。
自分のくびれは、今どの状態なのかを確認しながら、記事を読んでみて下さい。

歪みの原因は筋肉にあった

実は、くびれが左右非対称になってしまうには、骨盤の歪みが原因だったのです!

骨盤の歪み方は人それぞれですが、多くの人が左右いずれかに体重がかかり過ぎていて、どちらかに傾いてしまってる傾向にあります。
そのため、左右どちらかの骨盤が下がり、くびれにも傾きができてしまうのでした。

でも、厳密に言うと、骨盤が歪むというのは、骨自体が歪んでいるわけではありません。
実は、筋肉の左右バランス差が問題なのです。

例えば、右側に力を入れがちになってしまうと、右側の筋肉が大きくなり、右側に骨盤が引っ張られがちになります。
筋肉の発達だけではなく、柔軟性も歪みの原因になります。

歪むのは仕方のないこと?どうすればいい?

くびれが左右非対称になるのは、骨盤の歪み、すなわち筋力や柔軟性のバランスが取れていないことが原因でした。
でも、私たち人間には利き手というものがあり、左右どちらかが使いやすく、力が偏ってしまうのは仕方がないことです。

そのため、骨盤が歪んでしまうのも当たり前のことなのです。

また、人間は外側から見てみると左右対象に部位がついていますが、体の中身(臓器)は、実は左右対象ではありません。
右側にしかない臓器、左側にしかない臓器がそれぞれあり、重さも異なるため、左右完全に同じ筋力で、柔軟性というのはむしろあり得ません。

大切なのは、自分の現状を知ること、左右差を少しでも縮めていくことです、
体組成計を使い、体全体の筋力や体脂肪率を部位ごとにチェックすると、自分の体の状態が分かり易いですよ。

人間として、ある程度の歪みは生じるものだから、くびれが多少非対称になってしまうのは仕方のないことです。
でも、できることならくびれの左右差は少なくしたいし、綺麗なくびれのまま、より進化していきたいですよね!

そこで、ここでは、くびれの左右差を減らすにはどうしたらいいか、骨盤の歪みや、筋肉&柔軟性バランスの面からも見ていきましょう。

歪みへの対処法①自分の体の状態を知る

まずは、自分の体の状態を知り、どこがどのようにズレているのか確認しましょう。
なるべく薄着で、全身鏡の前に立ち、肩から膝、肋骨と、各部位をそれぞれ左右触っていくと、どちらがどれだけ下がっているか視覚的に判断することができます。

また、触ることで、右側だけ凝っているなどの体の不調に気づくこともできるので、自然と自分のクセにも気づくことができます。

筆者は、左に顔を傾けるクセがあるので、全体的に左側に不調が出やすく、もちろんくびれや骨盤も左側が下がっています。
はじめは、自分のクセに気付くことが重要です。
例えば、通勤カバンを右側だけに持ってしまうとかも同じですよ‼︎

体組成計で、左右の四肢の筋肉バランスを測れば、不足している箇所の筋肉を鍛えることでも、左右差を改善することができます。

歪みへの対処法②歪みを改善する

歪みを完全になくすことはできなくても、1日に歪んだ骨盤を、その日のうちに戻すことはできます。
1日ヒールを履き続けた足や、立ち仕事だと、自然と辛い体勢になっていることがあり、体を庇おうとして、骨盤が歪んでいきます。

ですが、その日のうちに骨盤を緩めることで、体の疲れや、むくみを次の日に残すことがなくなります。
仕事で疲れていて眠い時でも、簡単にできるようなストレッチやエクササイズを集めました。

セルフ骨盤矯正①寝るだけのびのびストレッチ

その名の通り、簡単!
丸めたタオルを股関節の下に敷き、5分間横になるだけです。

・股関節の下にバスタオルを置いたら、あおむけに寝る。
・両手を万歳して、手を重ねる。
・両足の指も重ねて、そのままキープする。

これをやるだけで骨盤が開き、
肩こりや腰痛の改善にもつながります♪

寝ながらできるので、疲れて何もしたくないときにいいですね。

セルフ骨盤矯正②お尻歩き

こちらも簡単、お尻歩きです。
文字通り、お尻で歩いて、一定の歩数進んだら、後ろ向きにまた歩いていくだけです。

・背筋が丸くならないこと。
・足を使って進まないこと。
・ヨガマットなどを敷くか、柔らかい床でやること。

を意識してください。

骨盤が緩まり、歪み改善だけでなく、
冷え性や便秘にも効果が期待できますよ♪

セルフ骨盤矯正③股関節ほぐし

https://youtu.be/QrYvvBRo9bg

・ひざを立てて仰向けに寝ます。
・ひざを抱えて、胸に引き寄せていきます。
※お尻が伸びる感覚があればOK

動画では両足を抱えていますが、やりにくければ片足ずつでも大丈夫です。
息を吐きながら、伸び切ったと感じるまで続けましょう。

こちらのストレッチはリラックス効果もあるので、
なかなか寝付けない人にもおすすめです。

 

歪みを気にしながら筋トレはできる??

左右の非対称具合も気になるけど、トレーニングは続けていきたいという人のために、
左右差を保つために、トレーニング中に気をつけるポイントは何なのか。

なるべく左右均等に鍛えるためのポイントをかいていきます。

左右均等に鍛える方法①意識づけをより強くする

例えば利き手であるほうが動かしやすいのは、脳からの伝達が上手く行きやすいからですよね。

これは、筋トレでも同様で、この箇所に効いているという感覚は、左右に差が出ることがよくあります。
「右の尻に疲労は感じるけど、左は少ない..」のような現象です。

これは、よくあることで、右側はよく動かせるけど、左側はダンベルがうまく上がらないこともあります。

そのため、筋トレ中は、効かせにくい部位に、より意識を集中させることが大切です。
これを続けていると、やがて左右それぞれに意識づけができるようになってきます。

左右均等に鍛える方法②重量や回数を変えてみる

筋力が弱い方に、重量を合わせてあげるのも一つの手です。
扱う重量が重くなってくると、上げるのに必死になってしまい、フォームが崩れたり、筋肉を使っている感覚が余計にわかりにくくなってしまったりします。

そこで、軽い重量に一旦戻し、感覚を感じにくい側に、まずは筋肉を使う感覚をわからせてから、もう一度重量を上げるほうがよいです。
もしくは、筋力が強い側に追い付かせるために、筋力が弱いほうの回数やセット数を無理のない範囲で増やしていくのも良いでしょう。

左右均等に鍛える方法③トレーニングフォームの見直し

トレーニングフォームの見直しも重要になってきます。
正しいフォームでできているかどうかももちろん大事なのですが、種目を始めるときに、左右同じ状態からスタートできているか、もとても大切です。

例えば、スクワットをするのに、右側のつまさきだけ外を向いているとか、
体のどちらか側が、前に出てしまっているとかです。

だいたいのトレーニングジムは、全身鏡があるはずなので、種目を始める前に、一度基本姿勢を見直してから、スタートするようにしましょう。
意外とこの流れを無視してしまうと、フォームの意識づけもできませんし、集中力が散漫になります。

【まとめ】くびれが左右非対称なのは、骨盤のゆがみにあった!

くびれが左右非対称になってしまう原因は、骨盤の歪み、すなわち筋肉や柔軟性バランスが悪いことでした。
人間の体の中身は元々左右非対称にできているため、完全に左右対象にすることは難しいですが、日々のケアや、トレーニング時の心がけで歪みを少なくすることはできます。

歪みのケアは体の不調改善にもつながるので、自分の健康と見た目のために、歪みにも向き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です