エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

腹筋が1回もできないのはなぜ?誰でもできるようになる鍛え方とは!?

なかなか落としにくいお腹周りの脂肪。
逆に上手く脂肪を落として、ついでに腹筋も鍛えられたら、男性なら逞しく、女性ならくびれのあるラインを作ることができます。

お腹に直接効かせることができるのは、やはり腹筋運動です。

しかし、腹筋運動に苦手意識がある方が多いのも事実です。

お腹などの部位に効いているのかわからない、
そもそも一回も上がらないんだけど??
なんてこともあるでしょう。

そこで、この記事では、腹筋ができない理由、できない人の特徴、腹筋のメリット、簡単な鍛え方をお伝えします。

実は簡単で、奥が深い腹筋運動。自分のモノにして、綺麗なボディラインを目指しましょう!!

腹筋が一回もできない理由は??

そもそも、皆さんが思い浮かべる腹筋運動はこのようなものでしょうか。

こちらは、上体起こしという名前でも知られていますよね。文字通り、手を頭の後ろか胸の前で組み、上半身を起こすものです。

しかし、この上体起こしは実は難易度は低くなく、腕の力で起き上がってしまったり、頭を動かしているだけになるなど、正しく体が使えない人が多いのです。

つまり、この種目だけで腹筋ができないと判断するのは早いのです。

腹筋が一回もできない理由①筋力が足りない

腹筋運動は筋トレですから、できないのは、やはり筋力が足りていないということが言えます。
もちろん、お腹周りの筋肉もそうですが、腰や股関節周りの筋肉が弱いということもあり得ます。

実は、腹筋運動は、お腹だけではなく腰や股関節周りの筋肉も使っているのです。
このような状態の人が、反動を使って上体を上げようとすると怪我につながり大変危険です。

腹筋が一回もできない理由②上半身が重い

二つ目の理由は、上半身が重いからです。

上半身に余分な脂肪がつきすぎている人は、自分の力で体を持ち上げることができず、下半身が浮いてしまうのです。
そのため、足を抑えてもらえば安定してできる、ということがあるのです。

あとは、あまりにお腹が出ているとお腹の脂肪が邪魔をして、一定以上上体が上がらないなんてこともありますね。

腹筋が一回もできない理由③体質や持病によるもの

反り腰や腰痛などの体質のせいで、腹筋運動が上手くできない人もいます。
なぜなら、腹筋運動は背中を丸めて、腹筋を収縮させる必要があるからです。

腹筋運動をするとお腹ではなく、腰に痛みや疲れを感じてしまう人は、この理由である可能性が高いです。
これは普段の姿勢など、生活習慣が原因であることがほとんどです。立ち姿勢などのクセを直すことから始めましょう。

腹筋を鍛えるその他のメリット

腹筋を鍛えることで、綺麗なボディラインを目指せることは納得できますが、それ以外のメリットもあればよりやる気が出ますよね。
ここでは、皆さんが腹筋ができるようになりたい!と思うようなメリットをまとめてみました。

腹筋を鍛えるその他のメリット①便秘解消

一つ目のメリットは、便秘解消です。

便秘を解消するには、お腹をマッサージしたり、食物繊維を取る必要がありそうですが、意外にも腹筋運動が効きます。

なぜ便秘解消になるのかというと、腹筋運動をすることで内臓が正常な位置に戻り、正常な働きをするようになるからだそうです。
また、腹筋を刺激することで、一緒に腸も刺激され、動きがスムーズになるのです♪

人間の体って面白いですよね(笑)
便秘解消サプリとかよりも、より経済的で効果があるかもしれませんよ〜。

腹筋を鍛えるその他のメリット②猫背改善

なんと、猫背も改善できるんですね。

そもそも、猫背の人って、圧倒的に腹筋力が低下しているのです。

現代人の生活では、スマホやパソコンなどが中心になっており、どうしても前屈みの姿勢になっています。
スマホやパソコンを使っている時って、首や肩が前に出ているだけで、腹筋を全く使っていないんです。

この姿勢に慣れてしまうと、腹筋を使わないことに慣れてしまい、普段の姿勢から崩れていってしまうということです。
反対に、腹筋を鍛えることで、普段の何気ない姿勢でも腹筋を意識できるようになり、猫背の改善につながっていきます。

筆者も筋トレを始めてから、姿勢が良くなり、首や肩のこりがなくなりましたよ‼︎

腹筋を鍛えるその他のメリット③新しい自分に出会える

これはおまけのようなものですが、腹筋を鍛えまくり、バキバキに割れるなんてことになると、
新しい自分に出会え、人生が変わっていくそうです。

筆者は恥ずかしながらまだ割ることができていないのですが、
腹筋を割るには、相当なトレーニングと食事制限が必要です。そのため、普段の生活習慣をガラリと変えていくことになります。

そうなると、食べるものも寝る時間も変わりますし、ジムが習慣になっていく、など一日の過ごし方が変わっていきます。
一日の過ごし方が変われば、当然毎週、毎月の過ごし方も変わりますから、人生が変わるのも納得できます。

それに、腹筋を割るというのは努力の賜物ですから、割れた時の達成感と幸福感は素晴らしいと言います。
わたしも早く割りたいです(笑)

腹筋の鍛え方は??

腹筋を鍛えるといいのはわかったけれど、

腹筋運動ができないなら仕方ないじゃん…

という方、お待ち下さい!!
腹筋運動は、何も上体起こしだけではありません。

実は、寝ながらできる腹筋も、立ち姿勢でする腹筋もあるのです。
しかも、それぞれ鍛えることができる部位が異なるのです。

ここでは、上体起こしができない人でも簡単に取り組めるような腹筋運動をまとめました。

腹筋の鍛え方①ドローイン

初めは、ドローインという種目です。
ドローインは、体幹を鍛えることができます。

やり方
①仰向けに膝を立てて寝ます。
②息をゆっくり吐きながら、お腹をへこませていきます。
③息を吐ききってこれ以上はお腹がへこまないというところまでいったら、その状態をキープしながら浅い呼吸を繰り返します。
10~30秒キープしたら元に戻します。

ドローインは、立て膝の状態でもできるので、とても簡単ですよ♪
スペースや特別な器具も必要ないので、いつでも思いついた時にできるのも利点です。
運動が苦手な方にとてもおすすめですよ。

腹筋の鍛え方②プランク

腹筋運動が習慣になってきたら、プランクをやってみるとよいでしょう。
プランクも、体幹を鍛えられる種目です。同時に、背中やお尻も鍛えられるので、一石二鳥ですね♪

やり方
①両ひじと両ひざを床につける。
②両ひざを伸ばして、30秒間静止する。

プランクは一定時間キープする必要があるので、それなりの体力を使いますし、疲労感も感じやすくなります。
ポイントは、体を一直線にし、腰が落ちないように姿勢を保つことです。

腹筋の鍛え方③クランチ

クランチは、腹筋の上部を鍛えることができる種目です。

やり方
①床に仰向けになり、膝を90度に曲げて脚を上げます。
②息を吐きながら、上体を起こしていきます。
③ゆっくり息を吸いながら身体を倒していきます。

スタート姿勢は、上体起こしと同じですが、上体を上げきらず左右に捻る動きになるので、上体起こしよりも取り組みやすい種目です。
また、腰への負担も少ないので、持病や不安がある方にもおすすめです。

ポイントは、おへその辺りを見ること、頭を動かすだけの動作にならないことです。
しっかりと背中を丸めることを意識しましょう。

腹筋の鍛え方④番外編

自分だけで上手くできている自信がない方は、道具に頼ってしまいましょう‼︎
巷には、こんな腹筋ローラーという便利なものが売っています。

値段は張りますが、これを使うだけで腹筋に高負荷をかけることができます。
しかし、かなりキツいということと、別でトレーニング用のマットが必要(床が傷ついてしまうため)です。

【まとめ】腹筋運動は誰でも簡単にできる!!

腹筋運動はそもそもの筋力がないとできないと思われがちですが、

実はやり方を変えたり、道具を使うことで誰でも簡単に鍛えられるんです。

また、腹筋を鍛えるだけでなく、
便秘解消、猫背改善、人生が変わる?!などのメリットも期待できるんです☆

紹介した腹筋運動をもとに、
あなたに合った腹筋メニューを作りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です