エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

筋トレは寝る前と起床後のどっちにやるのが効果的?朝か昼か夜の効果の違いについて!

ダイエットや体型維持、健康のために筋トレを行う人は少なくありません。

しかし筋トレはただやるだけでは十分な効果は得られないことをご存じでしょうか。

筋トレをやるタイミングも考慮に入れながら行うととっても効果的になります。

そこで、今回は筋トレはどの時間帯にしたら効果的なのかということ紹介していきたいと思います!

筋トレは寝る前と起床後のどっちにやるのが効果的?

 

起床後寝る前かという2つの観点からみると、

実はどちらもあまりオススメではありません。

 

起床後というのは、目が覚めて間もない時間帯ですので、体自体がまだ眠っている状態のままであることがあります。

そのような状態で筋トレを行うと、体がびっくりしてしまい心臓に負担がかかってしまうのです。

また、起床後は体の水分が失われていて血流の流れが悪くなっているので更に注意です。

 

そして就寝前に筋トレをやってしまうと、脳が興奮している状態になり、睡眠の質が悪くなってしまいます。

十分な睡眠がとれないと筋肉の増加を促す成長ホルモンの分泌を妨げてしまうので逆効果なのです。

 

筋トレは朝と昼と夜やるのでは効果が違うの?

 

では、筋トレは具体的にどの時間帯が効果を発揮することができるのでしょうか。

朝・昼・夜の時間それぞれについて紹介します。

(先ほど起床後と就寝前はオススメしないといいましたが、ここでは朝を起床後2~3時間後、夜を寝る前2~3時間前としています。)

筋トレを朝にやると1日を充実して過ごせる

朝に筋トレをやるとなるとやはり早く起きようと努力しなければなりません。

したがって早起きの習慣がつき、生活習慣が改善されます。

そして朝から筋トレで体を動かすことによって血流が良くなり、集中力が高まって仕事や勉強の効率が上がり、1日を充実して過ごすことができるのです。

朝は体温も上がりやすいので、1日の代謝も良くなります!

 

筋トレを昼にやる時は昼食後がいい

筋トレをより効率的に行うにはエネルギーが不可欠。

だから筋トレを昼にやる時は、断然昼食後がおすすめです。

昼食後といっても、食事をした直後ではなく1~2時間空けて行う方がベター。

これは、内臓に負担がかかりづらい時間帯です。

この位時間を空けての筋トレでも、必要なエネルギーは十分あるので心配ありません!

 

筋トレを夜にやると睡眠の質がよくなる

夜は朝や昼と比べて時間があるという人が多いと思うので、がっつり筋トレをしたい人にオススメです。

時間があるので筋トレの前後でしっかり栄養を補給できるという利点もあります。

そして夜の筋トレは睡眠の質を良くする効果もあります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは筋肉の育成に必要不可欠です!

 

筋トレをやってはいけない時間帯ってあるの?

これまで、筋トレをすると効果的な時間帯について述べてきましたが、逆に筋トレをやってはいけない時間帯ってあるのでしょうか。

筋トレは空腹にするのは避けよう!

空腹の状態で筋トレをしてしまうと、エネルギー不足のために立ちくらみや怪我の原因になってしまいます。

また、筋トレ後の食事で急速にエネルギーを吸収してしまうので、血糖値が急上昇し健康にも問題がでてしまいます。

空腹時の筋トレはダイエットや健康に逆効果になってしまうので注意が必要です。

筋トレは自分にあった効果と時間帯でやろう!

時間帯による筋トレのポイントや効果

  • 朝・・・起床直後×、生活習慣の改善、仕事・勉強効率の向上、代謝アップ
  • 昼・・・昼食後1~2時間空けて行う
  • 夜・・・就寝前×、睡眠の質向上、十分な筋トレ時間が確保できる

筋トレをやってはいけない時間帯→空腹時(体調不良、食事時の血糖値急上昇のため)

このように筋トレをする時間帯は、とっても重要なのです。

さらにいうと、筋トレは正しい時間帯で行うことによって、ダイエットだけでなく健康や生活習慣改善までしてくれる素晴らしいものです。

自分の生活スタイルや体調に合った筋トレで一緒に汗を流しましょう!

 

筋トレを継続するには?継続のコツや効果、変化についてもチェック! 継続は力なり!筋トレの継続方法やコツについて語る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です