エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

1日2食のプチ断食健康法の効果が凄い!夕食なしや昼食なしなどやり方をチェック

普段の食生活を見直してみてください。

毎食お腹いっぱいまで食べてはいませんか?毎日消化器官をフル稼働させていませんか?

そんな方には「プチ断食」をおすすめします。

芸能人などが実践していることが多いプチ断食ですね。

でもプチ断食は間違ったやり方で行ってしまうと思うような効果は得られません。

そこで今回は、そんなプチ断食の健康法ややり方を紹介していきたいと思います!

1日2食のプチ断食健康法の効果が凄い!?

まず、1日2食プチ断食で得られる効果を紹介します。

  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 便秘改善
  • 胃腸の休息

毎日の食事によって働き過ぎて胃腸の機能は弱まります。

そこで、プチ断食で胃腸を休ませることにより消化吸収をよくし、まずは便秘改善の効果を得られます。

便秘が改善すれば体内の老廃物を排出してくれるので、ダイエット効果や美肌も得られるということです。

なので、最近肌荒れがひどいという方もプチ断食を試してみてください。

1日2食プチ断食は行うことで体の中が綺麗になり、うれしい連鎖反応が広がっていくのです!

1日2食のメリットが結構すごい!

1日2食というだけで、次のようなメリットまであるのです!

 

1日2食のメリット① 時間が増える

「毎日忙しくて自分の時間がない」

そんな方は1食抜いてしまうだけで、自分の時間を作ることができます。

仕事や学校で忙しい毎日を送っている方は、ご飯の誘いをちょっと断ってプチ断食をすると、

健康にも良いし、自分の時間に当てることができるのではないでしょうか!

1日2食のメリット② ちゃんとお腹が空いてからごはんを食べられる

私たちは食べ物に恵まれています。

だから本当に空腹の状態でご飯を食べることって意外とないのかもしれません。

人間は古来の歴史からみて、空腹の中で栄養をやりくりすることができるようになっています。

「空腹は最高の調味料」といいますが、久しぶりにお腹を十分に空かせた状態で美味しいご飯を食べてみてください。

1日2食プチ断食のやり方

では、具体的にどのように1日2食プチ断食をすればよいのでしょうか。

自分の生活習慣にあったやり方で行うのがポイントです!

また、次の食事まで時間が「18時間」や「16時間」など様々な方法がありますが、今回紹介しているのはあくまで健康のためのプチ断食です。胃腸を休めたりすることを目的としているので、厳格に時間を決めて空けなくても空腹時間を長くするということを意識して行いましょう。

1日2食やり方① 朝と昼を一緒にするパターン

決して朝ご飯と昼ご飯の量とカロリーを一気に摂っていい訳ではありません。

寝ている間に何もたべていないので、朝はとても血糖値が上がりやすい時間です。

血糖値が急激に上がらないように始めは飲み物から飲むなど、軽く食べ始めるのがベター。

食物繊維豊富な野菜や果物を積極的に取り入れましょう。そして、腹持ちのいい和食がいいですね。

急に重たいものを食べると胃腸に負担がかかるので注意です!

1日2食やり方② 夜ご飯を抜くパターン

私がオススメするのは夜ご飯を抜くという方法。

朝や昼はやはりまだ活動する時間が多いので比較的お腹が空きやすいのですが、夜だったらほとんどの方がもう寝るだけです。私は夜お腹が空いてしまったら、空腹を紛らわすために寝てしまうということをやっていました(笑)

そして次の日朝起きたらとても体が軽くなっているので、気分がとても良いのです。

この時も、朝ご飯は注意で、血糖値が大変上がりやすいので注意です!

1日2食は人によっては危険?

以下のような人はプチ断食をしてはいけません。

  • 妊娠中
  • 中学生以下
  • 薬を服用している人
  • 体重が特に軽い人

妊娠中の人はいうまでもありませんが、中学生以下の成長期や低体重の方は特に栄養が必要です。いくら健康のためといってもやめておきましょう。

薬を服用している人は空腹の状態で服用してしまうと、胃を傷つけてしまったり薬の効果が得られなかったりするので注意です。

1日2食プチ断食法の注意点

続いては、1日2食プチ断食の注意点を紹介します。

 

1日2食の注意点① 2食で食べすぎないようにしよう!

朝と昼を一緒に食べても、夜ご飯を抜いても、空腹の時間があるのは変わりありません。

そこで、お腹が空いているからといってドカ食いするのは逆効果です。

血糖値が急上昇してしまって、それが習慣になってしまうと後々生活習慣病などの重大な病気につながってしまいます。

また、空腹がストレスになってもいけません。

どうしても空腹に耐えられない人は、もしかしたらプチ断食に向いていないのかもしれませんね。

1日2食の注意点② 体調が万全では無いときは控えよう

体調が悪いときはプチ断食を中止しましょう。続けてしまうと体調を悪化させる可能性があります。

体調を改善させるには栄養と規則正しい生活が不可欠です。

プチ断食を誤った方法でしてしまうと、逆に体調を崩してしまうこともあるので、その時はやり方も見直してみましょう。

1日2食の注意点③ 一日に必要な栄養素はしっかりと摂取すべし

あくまで健康のためなので、栄養はしっかり摂るべきです。

もちろん食べる際には血糖値の上昇を考えなければいけません。

そこで、食べる順番に気をつけていきましょう。例えば、食事の最初は野菜や汁物など、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるものを食べましょう。

1日の摂取カロリーは同じだからといって偏った食事をするのもいけません。

栄養バランスを考えてこそプチ断食を成功させるポイントです。

【まとめ】1日2食の日を入れて楽に断食しよう!

1日2食プチ断食の効果

  • ダイエット効果
  • 美肌効果
  • 便秘改善
  • 胃腸の休息

1日2食プチ断食のメリット

  • 時間が増える
  • お腹が空いてからごはんを食べられる

このように、1日2食プチ断食は健康的にみてもうれしい効果やメリットがたくさんあります。

しかし、1日2食プチ断食は正しい方法で行わなければ、将来の健康に大きな影響を及ぼしてしまうという落とし穴もありますそして、無理にプチ断食を行ってストレスになるのはいけません。

正しい知識を身につけた上で、楽に1日2食プチ断食を実践してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です