エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

日本酒はダイエット中に飲むのは良くない?それとも体に良い?カロリーや糖質をチェック!

ダイエット中でもお酒を楽しみたい方は多いですよね。

特に日本酒は、物によってはすっきり飲みやすいですし、全国各地でその土地の名産を飲むことができるのも、魅力のひとつです。

お酒が美味しいところは、水も米もうまいとはよく言ったものですね‼︎

しかし、我々にとっての懸念事項があります。

それは、日本酒が米でできてるなら、太っちゃうじゃん‼︎(泣)ということ。

ダイエットを始めると、気にするのが糖質、タンパク質、脂質の摂取量ですよね。

やはり、日本酒も糖質量が多く、飲むと太ってしまうんでしょうか⁇

そこで、ダイエット中&お酒大好きなアナタのために、

日本酒はダイエットにOKか?、カロリーや糖質、日本酒を飲むメリット、ダイエット中の飲み方など、

得する情報を教えちゃいます♪

お酒大好きだけど、日本酒は飲まないよーって方は、ぜひこちらの記事を読んでみてください‼︎

ビールはダイエットに良くない?飲みながらもダイエットをする方法はある?

ワインを飲むと太るor痩せる?糖質やカロリー,良い飲み方についてチェック!

ダイエット中に日本酒は絶対にダメ?

ダイエット中に、日本酒を飲むことはダメなんでしょうか⁇

答えは、必ずしもNOとは言えません。

そもそも、アルコール飲料自体、体に特別良いものではありませんので、
飲まないに越したことはありません(笑)

でも、ダイエット中にどうしても飲みたいのであれば、
日本酒を飲むことを中心に、生活習慣や、頻度、食事に気をつける必要があります。

飲み過ぎて太った
とか言ってる人の大抵は、飲みながらばくばく食べているし、運動習慣もありません。

逆に、お酒が大好きでも、食事量をコントロールして、普段から体を動かしていれば、
そうそう太れるものでもありません。

このように、日本酒ダイエットと言いながら、楽しんでいる人もいるようです(笑)

でも、食事に気をつけるにしても、何をどれくらいまでにすればいいのか、わからないですよね。

そのためには、日本酒のカロリーと、糖質量を知り、他の食事とのバランスを取ることが大事です。

日本酒のカロリーや糖質

まず、日本酒のカロリーと、糖質量を、他のアルコール飲料と比べてみましょう。

主なアルコール飲料のカロリー(お店での提供量による)
日本酒(1合)→ 200kcal
生ビール(中ジョッキ1杯)→ 145kcal

ワイン(ワイングラス1杯) → 90kcal
ハイボール → 70Kcal
焼酎ロック → 70kcal
生レモンサワー → 110kcal

なんと、提供量が少ないにも関わらず、
カロリーは日本酒がぶっちぎりの一位です!!
ビールが一番太りやすそうなのに、これは意外でしたね。

次に、糖質量も比べてみましょう。

主なアルコール飲料の糖質量
日本酒(1合)→ 3.6〜4.5g

生ビール(中ジョッキ1杯)→ 9.9g
ワイン(ワイングラス1杯) → 1.8〜2.4g
ハイボール → ほぼゼロ
焼酎ロック → ほぼゼロ
生レモンサワー → 7.6g

ほう、糖質量は決して少ないとは言えませんが、アルコール飲料の中では、真ん中くらいの位置付けでしょうか。

糖質量では、ビールが圧倒的ですね。

日本酒は、カロリーが高く、糖質もまあまああるとわかりました。
しかし、ビールみたいにがぶ飲みする人はそうそういないと思うので、一回あたりの摂取量はそんなに気にしなくても良さそうです。

でも、日本酒のカロリーが高いのはどうしてなのでしょうか。

それは、日本酒のアルコール度数が他のアルコール飲料よりも高いからです。
アルコール度数が高いと、そのぶんカロリーも上がると言われています。

かえって、ビールはアルコール度数が低く、飲みやすいため、一度に多量を摂取しやすいです。

なので、ビールを飲むと太りやすいと言われています。

日本酒のカロリーが高いのは、含まれている成分のせいではなく
アルコール度数が関係しているとわかり、安心ですね〜‼︎

ダイエット中でも日本酒を飲みたいときの注意点

日本酒を飲んでいるだけでは太らないからと言って、安心してはいけません。

ダイエット中に日本酒を飲む場合は、食事、飲み方、生活習慣に気をつける必要があります。

いくつかポイントを挙げましたので、しっかり押さえておきましょう。

ポイント1 おつまみにこだわる

太る原因は、お酒ではなく一緒に食べているおつまみだと言われています。
そのため、日本酒に合わせるおつまみは、枝豆(塩気の少ないもの)、刺身などがおすすめです。
また、おつまみも日本酒も、少しづつ楽しむことが重要です。
おつまみが残るとそのぶん飲んでしまいますし、お酒の量が多いと食欲が増してしまいます。

ポイント2 空腹で飲み始めない

空腹をアルコールで満たそうとするのも、太る原因のひとつと言われています。空腹をアルコールでごまかそうと、大量に摂取するからです。
なので、飲む前に軽く何かを食べておくといいでしょう。(おにぎり一個とか)
空腹にいきなりアルコールを入れると、判断力が落ちます。
判断力が落ちると、何か食べたくなり、締めのラーメンまで行ってしまうわけです…。最終的に一番最悪な形は避けたいですね。

ポイント3 熱燗で飲んでみる

太ることを避ける場合、日本酒は熱燗で飲むほうがいいでしょう。
なぜなら、体を冷やすと脂肪を溜め込みやすかったり、むくみにつながるからです。
日本酒はお湯割りでも美味しいからいいかもしれません。夏場は少しつらいですが(笑)

ポイント4 普段から体を動かす

エネルギー摂取したぶん、普段から体を動かすようにしましょう。
別に毎日筋トレをしたり、ジムに通えと言っているわけではありません。
エスカレーターを使うところを階段にしてみたり、電車移動を二駅分のウォーキングにするだけでも、だいぶ変わってくるものです。
痩せるためではなく、健康のためにも運動は重要ですよ。

日本酒は体に良い効果をもたらす。

カロリーや糖質など、日本酒の悪い点が目立っていますが、日本酒にも良い効果というのがちゃんとあります。

日本酒の良い効果1 血圧を下げる

日本酒には血圧を下げてくれる、ペプチドという成分が多く含まれています。
二ヶ月ほどで効果を感じることができます。

日本酒の良い効果2 育毛効果

日本酒にはコウジ酸と言われる成分が含まれており、これは育毛に効果的です。
同じく育毛に効果があるといわれている、海藻やスパイス類も合わせて取りましょう。

日本酒の良い効果3 美白効果

日本酒は肌状態を整えてくれる効果が期待できます。
シミやそばかすを発生させるメラニンの働きを抑える効果もあります。日本酒からできたスキンケア商品が多いのは、そのためだったんですね。
透明感のある、美白肌へ導いてくれます。

日本酒の理想的な飲み方


日本酒をダイエット中に飲む際の、
理想的なポイントは以下の通りです。

理想的な飲み方①ゆっくり飲む

誰かと一緒に飲んでいる楽しくなり、ついつい飲むペースも早くなりがちです。
しかし、飲むペースが早くなると、食欲が増して、食べる量まで増えてしまいます。そうすると、当然太ってしまいます。
ゆっくり食べると満腹中枢が刺激され、少量でも満足できるという話がありますが、
これは日本酒でも同じです。
どれだけ飲んだかではなく、味わってお酒そのものを楽しむようにしましょう。
1日1杯程度にしておくのが無難です。

理想的な飲み方②休肝日をつくる

日本酒を飲むにしても、週に一度は休肝日を作りましょう。
いくらお酒好きな人だからと言って、翌日にアルコールが残らないとは言えませんし、お酒を飲みすぎると内臓に負担がかかります。
内臓に負担がかかると、疲れを感じやすかったり、胃腸の機能も低下してしまいます。
これで普段の生活に支障をきたしては意味がないので、たまには体を休めてあげましょう。

理想的な飲み方③頼りにしない

日本酒だけを頼りにしないことです。
例えば、「今日は仕事頑張ったからたくさん飲もう」と、ストレス発散材料にしたり、
「日本酒は糖質が多いから」と、米やパンなどの炭水化物を抜いたりしてはいけません。
あくまで、バランスの良い食事と、適度な運動にプラスして、日本酒を楽しむといった形です。

以上の点は、ダイエット中に日本酒を飲みたい場合です‼︎

結構ストイックになりますが、好きなものを我慢しないぶん、他で頑張らなくてはなりませんよ。

【まとめ】日本酒との向き合い方を身につけるべし

ダイエット中に日本酒を飲む場合、
気をつけるべきポイントがいくつかありました。
日本酒を飲むポイント①カロリーと糖質が多い
→適度な量を保つことが重要。
日本酒を飲むポイント②おつまみを選ぶ
→太るのは大抵おつまみが原因。
日本酒を飲むポイント③生活習慣を見直す
→休肝日を設け、バランスの良い食事と適度な運動をする。
日本酒ってとっても魅力的なお酒ですが、
飲み方を誤れば、ダイエットの敵にもなります。
正しく毎日の生活にプラスして、
楽しくダイエットも続けていきたいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です