エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

ビールはダイエットに良くない?飲みながらもダイエットをする方法はある?

突然ですが、ビールってとてもおいしいですよね!
特に、仕事終わりの疲れた時のビールは、体にしみますよね〜(笑)

そんなみんな大好きビールですが、健康に悪いイメージしかないのも事実。

ビール腹とか、プリン体とか、ビールを飲みすぎると太ったり、生活習慣病になると言われています。

でも、本当にビールを飲むだけで太るんでしょうか⁇
お酒好きでも、痩せてる人って多い気がします。

そこで、ビールは太るのか⁇太る原理、どうしても飲みたい人へのアドバイスを考えてみました。

ダイエット中だけど、ビールを諦めたくないアナタは、この記事を参考にしてください‼︎

ビールは飲まない‼︎けど、ワインは日本酒は好き♡
という方は、以下の記事を読んでみてください。

日本酒はダイエット中に飲むのは良くない?それとも体に良い?カロリーや糖質をチェック!

ワインを飲むと太るor痩せる?糖質やカロリー,良い飲み方についてチェック!

ダイエットにビールは敵?

はっきり言いましょう、残念ながらビールはダイエットの敵ではあります。

あるポイントをおさえないと、ビールを飲むことでブクブク太っていきます。

とは言え、ビールを飲んでいるだけなら、別に肥満になったりはしません。

なので、ダイエットの大敵まではいかないでしょう。
ちなみに、私の考えるダイエットの大敵は、スイーツとジャンクフードです。(笑)

じゃあ、ビール腹(お腹だけが丸く膨らんでいる状態)とは何なのか?
あれは、ただの内臓脂肪型肥満です。

普段の食生活の乱れ、運動不足が原因です。それを、ビールのせいにしているだけです。

私は以前ラーメン屋で働いていましたが、ビール腹のお客さんは、皆さん麺大盛りにしていましたよ〜。
つまり、そういうことです。

なので、ビールは飲み方さえ工夫すれば、
必ずしもダイエットの敵ではありません。

いくつかのポイントが重要になりますが、それはこの後詳しくお教えします♪

ビールを飲むと太ってしまう?原理は?

ビールは太る
これは誰もが心配していることでしょう。

でも、本当にビールだけを飲んで太った人はいるのか⁇
調べてみると、まちまちのようです。

かなり個人差があるようなので、
ここは太る原因となるカロリーと、糖質量の点から、ビールの性質を見ていきましょう。

ビールのカロリーは?

ビールのカロリー、恐ろしく高いのでは⁇と思いますよね。

まずは、ビールのカロリーと糖質量を、主な他のアルコール飲料と比べてみましょう。

主なアルコール飲料のカロリー(お店での提供量による)

生ビール(中ジョッキ1杯)→ 145kcal

ワイン(ワイングラス1杯) → 90kcal
ハイボール → 70Kcal
日本酒(1合)→ 200kcal
焼酎ロック → 70kcal
生レモンサワー → 110kcal

提供量は、ビールのほうが他のお酒よりも多いに関わらず、案外カロリーは高くなさそうです。

次に、糖質量も比べてみましょう。

主なアルコール飲料の糖質量(お店での提供量による)

生ビール(中ジョッキ1杯)→ 9.9g
ワイン(ワイングラス1杯) → 1.8〜2.4g
ハイボール → ほぼゼロ
日本酒(1合)→ 3.6〜4.5g
焼酎ロック → ほぼゼロ
生レモンサワー → 7.6g

糖質量になったとたん、ビールがかなり目立ちますね。
ジョッキ4〜5杯飲んでしまうと、それだけでおにぎり一個分の糖質量にあたります。

プラス、締めのラーメン、どんぶりなんかを食べてしまっては、あっという間に一日分の糖質量になってしまいます。

どうしても、ビールを飲みたい場合は、主食をビールに置き換えて、おつまみはタンパク質や食物繊維が多いものが良いでしょう。

味付けが薄い塩分控えめのものであれば、翌日にむくみも残りにくくてなおいいです。

ビールを飲む人が太ってしまう理由

どうしてビールは太りやすいお酒と言われてしまうのか。

なぜなら、
・ビールには、太りやすい要素がいっぱい!
・合うおつまみや料理がほぼ高カロリー
・一度に飲む量が多い
からですね。

ビールに太りやすい要素がたくさんあるというのは、なんとなーく皆さんお分かりかと思います。

皆さんがビールを飲むのは、大抵自宅か居酒屋かと思います。

自宅だと夕食のお供orお風呂上がりに一杯、居酒屋だと乾杯はビール!て感じですよね。

うん、わかります。

自宅の場合はある程度食事のコントロールが可能です。
しかし、居酒屋では、唐揚げ、ポテトフライ、餃子、締めのラーメン、どんぶりなどなど
脂&糖がたっぷりなものを一緒に食べていませんか?!

それに、多くの人がビール一杯では足りず、最低でも2〜3杯は、という人がほとんどでしょう。

そうなれば、自然と摂取カロリーが高くなるのは当たり前ですよね。
(高カロリーの食事をお供にしてるなら、なおさらです)

そもそも、ビールの提供量自体も、他のお酒より多いですからね‼︎

かえって、日本酒やワインなど、アルコール度数が元々高かったり、味わいを重視するものは少ない摂取量で済みますよね。

よって、ビールは太りやすいお酒ということがわかりました。

でも、まだ諦めたくないですよね。わかります!

これから、ビールの性質を学んで、上手い付き合い方を考えましょう。

ビールを飲みながらダイエットってできる?

ダイエットはしたいけど、
ビールだけはどうしてもやめられない。

そんな方は多いと思います。

単にビールが好き、リラックスできる方もいれば、
会社の付き合いでつい… という方もいるでしょう。

そんな方々に朗報です‼︎
なんとビールダイエットたるものがあるのです。

これは、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」でも紹介されたほど、有名なダイエット法なんです。

ビールに含まれている成分が、ダイエットに向いているんだとか♪

ここで、ビールダイエットのやり方、ポイントをご紹介します‼︎

ビールダイエットのやり方

1 夕食30分前に200~250mlビールを飲む。
2 主食代わりに残りのビールを飲みながら、夕飯のおかずを食べる。

これだけです。案外簡単ですね。
夕食前にビールを飲むことで、満腹中枢が刺激され、余計なものを食べずに済むということです。

ビールダイエットのポイント

・1日のビールの量を守る
1日のビールの量は、500mlまでです。これは必ず守りましょう。先述の通り、ビールは決して低カロリーではありません。飲みすぎては、主食を置き換えている意味がありません。

・糖質の摂りすぎにも気をつける
ビールは糖質が多く含まれていますから、ご飯やパンとは一緒に飲まないでください。また、サラダを食べているつもりでも、根菜や、濃いドレッシングにも要注意です。実は糖質が多い食品の一つですからね。できれば、糖質オフのビールを選びましょう。

・水分も一緒に摂る
ビールと一緒に水分を摂ると、満腹感を得られるばかりでなく、糖質を低減させてくれる役目もあります。

ビールの意外な効果

ビールには、飲むことで得られる意外な作用があります。

血糖値上昇を抑える
適度な量のアルコールには、体内で生成される糖を抑制し、血糖値を下げるインシュリンの分泌を促す効果があります。
血糖値の高い状態は過食や肥満を誘発してしまうので、血糖値をコントロールしやすいのはありがたいですね。

脂肪燃焼効果
ビールに含まれているビタミンB2は脂質を排出する働きがあり、脂肪燃焼を促進します。
代謝が上がると脂肪燃焼効果も高まりますが、飲み過ぎはかえって脂肪を溜め込むから注意です。
ダイエットに効果的なビタミンB群が豊富ビールにはビタミンB群が豊富に含まれており、脂肪を分解してエネルギーに変えてくれます。
ビタミンBは疲労回復にも良いですが、トレーニング後のアルコールは筋肉を分解してしまうので控えましょう。

食物繊維が豊富
ビールには、食物繊維も多く含まれており、整腸作用があります。
便秘に悩む方には、嬉しい効果ですね。
アンチエイジング効果ワインでおなじみのポリフェノールが含まれており抗酸化作用が期待できます。
シミ、シワなど、女性のお悩み改善に役立ちそうです‼︎

意外や、意外。ビールには、悪いことばかりじゃないんですね〜。
体を整える作用もたくさんありました‼︎

ビール以外にも食事にも気を使うべし

当たり前ですが、ダイエットは多少の我慢はつきものです。

ビールもがぶがぶ飲んで、飯もたらふく食って〜
でも痩せたい‼︎

なんてことは通じません。

ビールをどうしても我慢できないなら、一緒に食生活の見直しをしてください。

ここでは、おすすめのビールのお供をご紹介します‼︎

えだまめ
低カロリーでビールにも合う健康的なおかずです。
塩は控えめにしましょう。

豆腐
低カロリーで栄養価も高いお豆腐。

野菜スティック
いろいろな野菜をスティック状にして食べると、
咀嚼回数も増えるので満腹中枢が刺激されます。

キムチ
善玉菌が腸内環境を整えてくれ、便秘改善になります。

するめ
よく噛むので満腹中枢を刺激しますし、噛めば噛むほどビールによく合います。

焼き魚
高たんぱくで低カロリーの焼き魚は、飲酒に関係なくとも取り入れたいおかずです。

キノコのソテー
いろいろな種類があるので、飽きが来ない低カロリー食です。
食物繊維が豊富な上、免疫力を上げる効果もあります。

ローストビーフ
赤身のローストビーフは、高たんぱく低カロリーな上に、鉄分も含まれています。ドレッシングはあっさりしたものを選びましょう。

温野菜
レンジでチンしするだけで簡単に作ることができます。
ブロッコリーなどがおすすめで、体を温める作用もあります。

意外と、定番おつまみから、お肉などのごちそうまで‼︎
色々なものが食べられるなら、
好きなビールと一緒に、ダイエットも頑張れそうじゃないですか⁈

【まとめ】ダイエット中のビールとの向き合い方

今回は、ダイエット中のみんな大好きビールとの付き合い方を考えました。

好きなものをやめるのは、それなりのストレスがかかりますから、少しずつ抑えて上手にダイエットを進めていきましょう。

ビールとの向き合い方① 飲む量を決める
→飲みすぎると、カロリーオーバー&食欲旺盛に

ビールとの向き合い方②おつまみを選ぶ
→脂っぽいものと一緒に食べない

ビールとの向き合い方③食事や運動も見直す
→ビールダイエットと並行して、生活を見直しましょう。

ビールは美味しい飲み物ですが、飲みすぎるとやはり体に良くありません。

上手く付き合いながら、ストレスフリーにダイエットも成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です