エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

コーラ500mlに含まれる砂糖の量がめっちゃ凄い!角砂糖何個分!?

「500mlのコーラに入っている砂糖の量」を知っていますか?

知っていて飲んでいる人はまだいいのですが知らないで飲んでいる人は自分の体のためにも知っておいた方がいいです!

私ももちろん知らなかったので、コーラに含まれている砂糖の量を調べたことがあるのですが、あまりの衝撃にそれ以来はコーラを控えるようになりました。(ご褒美としてたまに飲んでいますが)

 

コーラは飲んではダメなわけではありませんが「控えた方がいい」と言えます。

 

と、言われてもコーラが好きな人や日常的に飲んでいる人は納得がいかないと思いますし、実際に使われている砂糖の量がどのくらいなのか気になる方も思うので「なぜ控えた方がいいのか」をまとめてみました。

コーラ500mlに含まれる砂糖の量はどのくらい?

コーラと同じ量の砂糖が入った水は「甘すぎて飲めないほど甘い」そうです。

なんでも香料とかいろんなもので調整しているコーラだからこそ、それだけの砂糖が入っていても美味しく感じるのだとか。

 

では一体、コーラには角砂糖何個分の砂糖が入っているのでしょうか?

コーラ500mlの砂糖の量は角砂糖何個分?

コーラには角砂糖15個分の砂糖が使われています。

角砂糖一個あたりの砂糖の量は約4gなのですが、WHO(世界保険機構)では、1日の摂取量の目安を25gとしています。

コーラ1本飲むだけで軽くオーバーしてしまいますね笑

砂糖を摂取することのデメリット

「砂糖は摂りすぎると太る」とか「体に良くない」とか聞きますが、実際のところ体にはどのような悪影響があるのでしょうか?

砂糖を摂取することのデメリット①糖は内臓脂肪になる

糖の中の果糖というものを取りすぎると内臓脂肪がつきやすくなります。

また、糖(ショ糖)の取りすぎはメタボの入り口とも言われます。その理由としては、

砂糖を摂りすぎると肝臓の脂質代謝のリズムが乱れて中性脂肪を蓄積しやすくなるとの研究結果が出ているからです。

砂糖を摂取することのデメリット②糖尿病になるリスクが上がる

糖尿病の中の2型糖尿病の患者の死因の第1位は心臓病や脳卒中で、死因の65%を占めるのです。 

推奨摂取量を超えないように心がけましょう。

2型糖尿病

2型糖尿病は血液中のブドウ糖(血糖)が正常より多くなる病気です。初期の頃は自覚症状がほとんどありませんが、血糖値を高いまま放置すると、徐々に全身の血管や神経が障害され、いろいろな合併症を引き起こします。

2型糖尿病は体質(遺伝)や高カロリー食、高脂肪食、運動不足などが原因と考えられ、その結果、インスリン分泌の量やインスリンの効き具合が低下し、インスリンの作用不足が起こります。

出典:知りたい!糖尿病

砂糖を摂取することのデメリット③糖が高血圧の引き金になる!?

糖を取りすぎるとインスリンの分泌が過剰になってしまうのですが、インスリンの値が高いままになると高血圧になりやすく、脳卒中や心臓発作のリスクが出てきます。

砂糖を摂取することのデメリット④砂糖は依存性がある

砂糖を摂りすぎた生活を続けていると糖に耐性がついてきて、ちょうどよい甘さを感じるためにより多くの糖が必要になります。

結果知らず知らずのうちに砂糖の摂取量が増えてしまいます。

砂糖を摂取することのデメリット⑤糖はお肌の敵

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、血糖はたんぱく質とくっついて「AGE」という有害な新しい分子になります。

このAGEは、コラーゲンなどのたんぱく質を攻撃してしまうので肌のハリや弾力が低下してしまいます。さらに、糖が多すぎると乾きやすくなり肌にシワやたるみができてしまいますし、肌の老化が進んでしまいます。

コーラを飲むことのデメリット

コーラを飲むことのデメリットと言えそうな事は2つあります。

「コーラで歯が溶ける」「ガンになる」の真偽について調べてみました。

コーラを飲むことのデメリット①コーラで歯が溶ける!?

これに関しては、コーラに限らず資料飲料水と呼ばれるものに入っている酸味料が問題になることがあるという事が分かりました。

 

歯や骨の成分であるカルシウムやマグネシウムは酸に溶ける性質を持っているので、

(酸味料が)歯に付着したままになると、、、骨が溶けてしまう。ということなのです。「コーラを飲むと骨が溶ける」と言われますよね。

ですが実際は、コーラを飲んだとしても歯に付着したままの状態にはほぼほぼならないので気にするほどではないと、コカコーラ社が回答しています。

コカ・コーラに限らず一般的に清涼飲料には酸味料が含まれています。そして、歯や骨の成分であるカルシウムやマグネシウムは、酸に溶ける性質を持っています。よって、清涼飲料、果汁などの酸を含む液体に、抜けた歯や魚の骨を長い間つけておくと、含まれるカルシウムやマグネシウムが溶けます。しかし、飲みものですので人間の骨に直接ふれたり、歯に長い間くっついていることはありません。安心してお飲みください。

出典:よくあるご質問|コカ・コーラサイト

コーラを飲むことのデメリット②コーラでガンになる!?

コーラに使われているカラメル色素4—メチルイミダゾールというものが発がん性物質だと言われています。

ただこれは、みんながよく口にする醤油などの食品にも含まれているものなので気にする必要はないとの意見もあります。

私も調べてみましたが、どうやら神経質になる必要はなさそうでした。

4-メチルイミダゾールの安全性について

米国国家毒性プログラム(NTP)は、ラットに2年間4-MIを170 mg/kg b.w.投与した実験で、ほとんどの個体に癌の発生がみられたことから、2007年に発癌性物質に指定した。これを受け、カリフォルニア州は2011年に一日の摂取許容量を16μgに設定した。大手コーヒー産業は、この基準は根拠を欠くとして、州を提訴している。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

【まとめ】コーラは基本的に飲まないほうが良い。

昔から言われている「コーラは体に悪い」は間違いではないけどそういう訳でもなさそうということが分かったと思います。(歯切れの悪い結論ですいません)

確かにコーラには沢山の砂糖が使われているので飲む頻度と量には注意が必要ですが、コーラではなく、砂糖の量に意識を向ける必要があります。

 

健康的な生活と体づくりをするために砂糖の量に気をつけて生活しましょう。

コーラが好きな人は「ご褒美制度」を設けてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です