エドはるみは現在リバウンドして太った?ライザップで失敗した芸能人が多数!

肩甲骨はがしストレッチのやり方や効果!肩こり改善や睡眠や作業の質が向上!

肩こりに悩んでいる人なら、一度は聞いたことのある「肩甲骨はがし」

実際、やり方やどんな効果があるのか曖昧な人のために今回は丁寧に紹介していきます!

PCワークの多い方は特に必見です!

肩甲骨はがしストレッチが話題に!

テレビでも取り上げられるほど、肩こりは日本の国民病ですね。

毎回新しい改善法が編み出され、話題になりますがココ最近で話題になったのは「肩甲骨はがしストレッチ」です!

私を含め現代人は、普段からスマホを使い姿勢が悪くなりがちです。

しかも、スマホを使うと時間が経つのはあっという間ですから、長時間猫背でキープしていることになります。

そうすると、肩甲骨が左右に開いた状態で凝り固まり動かなくなってしまうのです。

そこで、肩甲骨の可動域を広げよう!とするのが「肩甲骨ストレッチ」です。

元は整体で行う方法ですので、効果は非常にありますよ!

肩甲骨ってそもそもなんのためにあるの?

そもそも肩甲骨とはどこについていて、なんの意味があるのでしょう?

肩甲骨は胸の後ろの背中側の、対になっている出っ張っている骨のことです。

腕を引き寄せると肩甲骨同士も寄せ合い、腕を遠くに伸ばすと肩甲骨は左右に開きます。

そのため、比較的可動域が広い骨と言えます。

実は肩甲骨は、鎖骨と端で繋がっており、それを通して体幹と繋がっています。

つまり、肩甲骨は腕と体を繋げるために存在するのです!

では、なぜ肩甲骨が肩こりと結びつくのでしょうか?

それは、肩甲骨の周りの筋肉に原因があります!

先程お伝えしたように、肩甲骨は鎖骨を介して体幹と繋がっています。

そのため、肩甲骨の周りの筋肉を普段から使わないと、体幹もうまく使えず肩こりになってしまうのです。

実際に、肩甲骨の位置を動かしてみてください。

肩甲骨を少し寄せ、胸を少し貼った正しいポジションに対し、肩甲骨の出っ張りを見えないように隠してみてください。

本来のあるべき位置ではなく、猫背だと、こんなにも肩甲骨の位置が違うのです!

普段からパソコンやスマホを使う現代人は、当然猫背になり、肩甲骨の動きが悪くなり、肩こりになるということが分かりますね。

とはいえ、筆者もそのうちのひとりですので改善しなければなぁと思います…(笑)

肩甲骨はがしストレッチのやり方は?

初めに、肩甲骨はがしと言えども、実際に完全にはがれる訳ではありません。

そんなことは人体の構成上ありえないので安心してください。(笑)

肩甲骨はがしストレッチは、肩甲骨自体ではなく周りに癒着した筋肉を解すストレッチです。

癒着、つまりくっついているものをほぐすため、「はがす」という単語が使われています。

それでは、肩甲骨はがしストレッチのやり方をご紹介します。

まずは肩甲骨の状態をチェック!

[youtuve]

[/youtube]

まず、肩甲骨はがしストレッチを行う前に、ご自身の肩甲骨の周りの筋肉の状態を確認していただきたいです。

  1. 片足はあぐら、もう一方の足はあぐらの足をまたいで三角座りにします。(膝を立てているほうの足のつま先が遠くにある形です)
  2. 膝を立てているほうの足裏を、その足とは反対の手でつかみます。
  3. そのまま足を水平に伸ばしていきます。(ここで上のほうにあげると効果が薄れてしまいます)
  4. これで、どこまで伸ばすことができるかチェックします。

動画の中では3:00から説明しています。

自分の体の状態を知っておくことは非常に大事ですので、是非行ってください。

猫背を改善する肩甲骨ストレッチ

先ほどのストレッチで、ひざをよく伸ばすことができたら、次は肩甲骨の間の筋肉を鍛えることをオススメします。

肩甲骨が横に流れてしまうと、猫背に必然的になってしまいます。

そこで、肩甲骨の間を引き寄せる方法をご説明します。

  1. 両手を万歳にします
  2. 両手を同じタイミングで肘から体より後ろ目に曲げます。
  3. また万歳に戻します。
  4. これを10回ほど繰り返します。

動画では5:00から説明しています。

結構簡単ですね!

ですが、実は馬鹿にできない効果があるので試してみてください。

後ろで合掌するだけでストレッチになる!?

先ほどのチェックで、あまり足を延ばすことができなかった人は、

ストレッチとしての効果もありますので、是非チェックの方法も続けてみてください。

それに加えて、次にご紹介する方法もおすすめです。

  1. まっすぐ立ちます。
  2. 背中側で手のひら同士を合わせて合掌します。

たったのこれだけです!

ですが、結構きついのではないでしょうか…?

実際筆者も行いましたが、手のひら同士が合わさるときは胸も少し開き、猫背による牧方が修正されていました!

続ければ効果がある!と感じたので続けてみようと思います。

肩甲骨はがしストレッチの効果とは?

冒頭でもお伝えしたように、「肩甲骨はがし」は普段からパソコンを使ってお仕事をしている人には最適のストレッチです!

肩甲骨はがしをすることによって得られる効果は主に3つあります。

それは、主に、肩こりの改善・睡眠の質が向上・作業の質や効率アップの3つです!順におって説明していきます。

肩甲骨はがしストレッチで肩こりを改善!

今まで、少しずつ分けて肩甲骨と肩こりの関係性を説明してきました。

復習をしながらご説明しますと、肩甲骨の周りの筋肉が猫背の状態で凝り固まると肩こりが起きてしまいます。

現代人の生活上、どうしても猫背の状態が続いてしまいますから、肩こりになりやすいですね。

そこで、肩甲骨はがしストレッチによって肩甲骨の可動域を広げ姿勢を元に戻すと共に肩こりを改善しよう!

ということなのです。

つまり、肩甲骨はがしストレッチは間違った位置で凝り固まった筋肉を解す効果があります!

肩をいくら揉んでも根本的に治らないのは、肩甲骨の位置が悪いからだったんです。

肩甲骨はがしストレッチは睡眠の質の向上の効果も!

肩甲骨と肩こりの関係性はおさえたところで、肩甲骨と睡眠はどのような関係があるのでしょうか?

実は、これも肩甲骨周りの筋肉が関係しているのです!

睡眠の質が高い時は深い呼吸が出来ているときですよね。

深い呼吸をするためには、横隔膜を上手く使わないといけません。

ですが、先程からお伝えしているように肩甲骨は鎖骨を介して体、つまりは横隔膜にも影響を与えています。

肩甲骨周りの筋肉を上手に動かせないと、横隔膜もうまく動かせないのです。

つまり、肩甲骨はがしで肩甲骨周りの筋肉をほぐすと、横隔膜が上手く働き深い呼吸が出来るようになる!ということですね。

その結果、睡眠の質が上がるという効果も期待されます!

肩甲骨周りの筋肉が固まることによって、様々なところに悪影響が及ぼされるのですね…。

逆に言えば、肩甲骨はがしストレッチで筋肉を解すと良い効果が沢山あるということですね!

作業の質アップの効果も肩甲骨はがしにはある?!

睡眠の質に続き、作業の質や効率もどのように肩甲骨と関係があるのか分かりづらいですね。

そもそも作業効率は、どうしたらアップするのでしょうか?

集中力が上がると、必然的に作業の質もアップするのはお分かりいただけますよね。

実は、集中力をあげることには姿勢が関係しているのです。

正しい姿勢を保つと、集中力が下がりにくいと言われていますが、今までお伝えしたように現代人は肩甲骨が流れ、猫背でいることが多いですよね。

つまり、肩甲骨はがしストレッチで姿勢を良くし、集中力を下がりにくくすることにより、作業の質をアップさせることが出来るのです!

正しい位置に肩甲骨を持っていくことにより姿勢を改善することができますね。

重複してお伝えしていますが、それほど肩甲骨は大きな影響力を持っています。

ですが、全然知られていないですよね。

【まとめ】肩甲骨はがしストレッチで生活の質を上げよう!

今まで、肩甲骨の周りの筋肉は様々なことに繋がっていること、そして柔らかくする重要性をお伝えしました。

簡単にまとめると、

  • 猫背になりがちな現代人にとって、肩甲骨はがしストレッチは非常に効果的と話題になった
  • 肩甲骨は腕と体を繋げるためのもの
  • 肩甲骨はがしストレッチの前に、まず自分の体をチェック
  • 肩甲骨の間の筋肉を引き寄せることによって、猫背を改善
  • 背中で合唱するだけでも、立派な肩甲骨はがしストレッチの一つ
  • 肩甲骨周りの筋肉を正しい位置にもどして肩こり解除・睡眠改善・作業の質アップ

ということですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です